FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「カルロスさん」のコーヒー
 「アチャ」オープンから4ヶ月、あっという間に過ぎた4ヶ月だが、とても濃い4ヶ月で、2~3年にも感じられる。お客様との新たな出会い、素敵なボランティア・スタッフ、サポーターなど、多くの多くの人達に支えられての今日で、感謝感謝につきる    。 何よりもフェアトレードの広がりが嬉しい。そして「可愛い!」、「素敵!」、「美味しかった!」、のお客様の生の声を生産者のみなさんに届けたい。

 さて、先週の土曜日に、「『カルロスさんのコーヒー』が面白い、気に入った」と、若い男性のお客様が、コーヒーを購入された。
              20060403130006.jpg

  「農薬なしにコーヒーができるはずがない」と、言われていたブラジルで、「自然と人を大切にしたい」の想いを抱き、1980年から幾多の困難を乗り越えて、無農薬栽培を実現させた「カルロス」さんの名称コーヒー(2003年没)。
 コーヒーは、世界の赤道周辺でで60カ国以上で栽培されているが、第3世界では毎年、数百万人が農薬中毒にかかり死者は数十万人。また、慢性毒性や環境ホルモンの影響は計り知れないと言う。
 一般に流通しているコーヒーの販売価格には、仲買人などの中間マージンが含まれ、実際に生産者の手元に入るのは、売価の2%とも言われている。このコーヒーは、フェアトレードのコーヒー、紅茶を独自の自社工場で焙煎している、福岡県のウインドファームの商品で、ブラジルのジャカランダ農場と共に活動をしている。(ウインドファーム資料)
 
 お客様には、コーヒーをいろいろ飲み比べて、「カルロスさん」のコーヒーが1番と言われる方も。
      お値段は、200g 840円


スポンサーサイト



日記 | 13:08:55 | Trackback(0) | Comments(1)