FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
食品添加物の多用に警鐘を
 
 フェアトレードの目的の一つに「環境を害さない持続可能な材料と生産方法を用い、人工的な素材を使った商品開発を、可能な限り避ける(ピープルツリー)」と、謳っている。
 
 先日の、無着色、無香料、無添加で作られている、「スワジランドの手作りジャム」ブログに、元職場の同僚からコメントをもらう。     
「『食品の裏側』の本(安部司)を読んでぞっとした」と。一部紹介を読んで、私もぞっとする。 
             
 3月上旬の朝日新聞に、「食品添加物の多用に警鐘をならす」として彼の著書が昨年11月の出版以来、20万部を超えたと紹介されている

 『大学で化学を専攻し、食品添加物商社に入社。添加物開発で特許もとる有能な営業マン。ただ同然の牛の端肉に、20種類以上の添加物を加えて開発、ヒットのミートボール。我が子の誕生日に、兄弟が奪い合いして食べている姿に・・・。「日本の食卓と味覚を壊しきた」と一晩悩み、翌日辞表を出した』と。(勇気に拍手!!!          )
 退職後は、輸入食品の衛生管理指導などで食いつなぎ、現在は水産会社で自然海塩製造の研究部長。
 
   曰く『できあいの総菜やインスタント食品を良く食べる人は、1日に50種類ものお添加物を食べている。個々の毒性はわかっても複合摂取の影響はよくわかっていない。今、人体実験しているようなものだ』とも。

 「わかっちゃいるけど、やめられない現実がある」の声もきっとあるぞー。   そして、それを売らざるを得ない国内の小さな生産者の苦悩もあるぞー。   

 とても難しい問題!、人の健康より、貿易や経済性を重視している大きな生産者、そしてその大きな生産者を応援する国の体質が許せないぞー。
 環境を害さない持続可能な材料と生産方法・・・と、ひかり輝くフェアトレードの目的です。
  
 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト



日記 | 13:29:58 | Trackback(0) | Comments(0)