FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
天三の商店街
  活気ある商店街は、そこで働く人も、お客さんも楽しく、元気がでる。近くの天神橋商店街はその通り。でも、ながーい商店街なので、商店街としてお客を呼ぶ努力をしながら、お互いの競争も激しい。
 一昨日、天神橋3丁目中ほどの、細い道を挟んだ四つ角に、おはぎの丹波屋がオープンした。すぐ隣の角は、なんと創業376年(レシートは、寛永7年創業になっているが、調べないとわからない)の歴史を誇る老舗、「菓匠千鳥屋」。丹波屋は、1パック買うと1パックおまけで、毎日列を作っているとのこと。
 私は昨日の朝、千鳥屋で桜餅と草餅を買う。「今日、買ってくださるお客様は、ほんものの味がわかる人だ」と喜ばれた。老舗の味に自信と誇りをもち、元気に働いているように見えた。 
                私なら、「落ち込むだろうなー」と思う。が、よく考えると、「どちらの店も美味しそう」と、和菓子の購買力を高め、洋菓子グループとの競争になるんかなーとも思う。
 フェアトレードは、競争・・・と言う商売ではないが、アピールして継続させる事が求められる。5月は、世界フェアトレード月間、焦らず、急いで考えよう。
 
 商店街には、「1度食べて見たいなー」と、常々眺める素敵なショートケーキが、有名店の外に展示されている。
 何時かその機会を待とう。    

 

 

スポンサーサイト



日記 | 16:06:11 | Trackback(0) | Comments(0)