■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ビッグイシューのフェアトレード特集(04年版)
梅雨の晴れ間、昨日に引き続き朝から夏の日差しが指し込む。晴れの日はお掃除にも力が入り、床の拭き掃除で店を磨く。
 心も磨きが必要かなと、一昨日、お客様・サポーターのKさんから、いただいた2004年・5/6の「BIG ISSUE」フェアトレード特集を読む。
            
             20060629112311.jpg

                              20060629112540.jpg

  BBC放送ニュースキャスター/ジョージ・アラジアさんの「今どき、フェアトレード商品を買わないなんて、イケてない」が心にしみる。
 「海外の悲惨な事件の報道がテレビで注目を集め、その犠牲者に義援金を募る呼びかけで、英国の人々はいつも寛大で義援金を惜しまなかった。その結果多くの命が助かっているが、それは富める者と貧しい者という決定的に不平等な関係でしかない。金の入った募金箱を手に持つのは私たちで、彼らは物乞いの空き缶を持つ人々。
 反対にフェアトレードは、『私たち』と『彼ら』の双方にとって、既存のシステムに変わる革新的な取り組みである。フェアーな価格が継続的に保証されることで・・・・・。重要なのは、施す側ではなく、彼ら自身の意志で決定できる点である。
 ・・・・政治家が仕組みを変えてくれるまで待つのではなく、政治家が何をすべきか訴え続けること。そしていまやフェアトレードの動きは急速に広がり、もはや教会のチャリティや援助資金の段階を越え、全く新しい生き方を提唱している。
 ・・・・クーカフェ協同組合のマネージャーは、『私たちの商品は単なるブランドではない。それをつくる人そのものなのです』と。」

 イギリスのフェアトレード商品の売上高は、この2年間で倍増しているという(2003~4年なので、現在はもっと進んでいると思う)。
 「私たち日本も、一歩でも近づきたい」と、フェアトレードを広げる大切さを改めて心する。



スポンサーサイト
日記 | 12:06:41 | Trackback(0) | Comments(0)
ネットOK! ブログ再開
「やったー、やっとネットが・・・」、先週の22日から、光プレミアム変更の手続きミスでネットが使えず、ご心配ご迷惑をおかけしました。併せて、この1週間マンション建設による、水道、ガス工事で店の前の道が遮断されたり、お客さまへの対応不十分でお客様を怒らせたり・・・など、いろいろありまして、少々落ち込んでいました。
 多くのボランティアさんの励ましと元気を、先輩お友達の助言をいただき、ネットの開通と同時に、店主も元気を取り戻しました。
 そして今日は、朝から男性のお客様、「妻がこれが大好きで・・・、仕事で近くまで来たので」と、以前にも買っていただいたネパールカレーを4箱、また「安心して使えるので」と女性がヘナを2箱、「ヤギ革の財布の使い心地が良いので、今度はバックを」と若い女性、「フリルがついたお帽子可愛いかったので、兵庫県の女の子(19歳)に送って」とご近所のお姉さん、「フェアトレードのお店が有ったんですね」・・・など、フェアトレード専門店ならではのお買い求めと交で、お客様からたくさんの元気をいただきました。ありがとうございます。
 
               VFSH0066.jpg


  メグちゃんが、可憐な「あじさいの花」写真を、メールで送ってきてくれました。しかもブログですぐ紹介出来るサイズに・・・
 多くの方からいただくご厚意、ご期待に応えるようがんばろう。


日記 | 19:13:50 | Trackback(0) | Comments(2)
100万人のキャンドルナイト
  今日は1年で最も日が長いという夏至の日、「電気を消してスローな夜を」、「20時から22時までキャンドルを灯そう」、「100万人のキャンドルナイト」と、世界各地でさまざまなイベントが繰り広げられている。日本ではこの取り組みが、2003年の6月23日から始まる。発端は、2001年5月、景気を良くする為、どんどん原子力発電所をつくって、どんどん電気を供給しようというブッシュのエネルギー政策に反対して、カナダで起こった「自主停電運動」がきっかけ。その後環境を守る運動として発展する。                             
  最近は、「ろうそくを灯してゆったりお風呂にはいる」の声もお客様から聞く。良い匂い、素敵なデザイン、神秘的な炎など、停電用だけでなく、ろうそくは人気を呼んでいる。ろうそくの手作りも流行している(アチャのワークショップでも取り組む予定)。
 いまの社会は本当に忙しく、子どもも大人も老いも若きも、みんな疲れているようだ。家族で、お友達と、彼氏と・・・など、ろうそくを灯して、ワインなど呑んで、ゆったり会話するのも良いですね。 
 原子力発電を率先している、大企業や政府までもが、このイベントだけにちゃっかり参加しているのはちょっと不満だけど、  深刻なエネルギー問題!、みんなで関心の目、批判の目を光らせていこう! そんな夏至の日です。
            
              20060621125202.jpg



日記 | 13:00:06 | Trackback(0) | Comments(1)
ボランティア・サポーター交流会
  17日土曜日の夜、アチャの狭い店内で、ボランティア・サポーターの交流会を開く。雨にもかかわらず、奈良や堺市の遠方から、ご近所の方まで8名のご参加を頂き、ただただ感謝につきる。
                    
 私は、各みなさんと親しく・・・というより、ご援助をいただいているが、多くの方ははじめての顔合わせになる。それがなんとなんと、自己紹介の前から話が弾み、居住地、仕事、フェアトレード・アチャの出会い、年齢?・・・などと盛り上がる。
 「オープンの前日に、FT店と知った」、「堀川戎でたまたま端から歩いてみたら、大好きなFT店に出会った」、「広告で知った」、「店主をほっとけなくて」(ご心配をおかけしてます)・・・と。そして「運命の出会い」だと。
 また、各自が仕事や日常生活から、「働き過ぎで、自分のやりたいことが出来ない」、「現在のスピード社会にNO!を示している人が多い」、「FTのことが徐々に理解される」と共通する。
 アチャのお客様との対話からもその通りだと感じる。
 アチャ一周年のキャンペーンや、行事など、みんなでワイワイ話し合い、メーリングリストの作成も確認する(店主に任せられないので、エミちゃんが担う)。
             
              20060619130802.jpg

 今朝、早速メールがはいる。
 参加されなかった方も含め、みなみなさんの温かいご支援に、お礼を! 多くのみなさんに甘えながら、店主としても頑張るぞー!・・・改めて心する。


日記 | 13:28:42 | Trackback(0) | Comments(3)
アフリカから届いた「ボゴランコインケース」
昨晩は、雨カッパを着てもずぶ濡れ、「スピードを落とす!」と自分に言い聞かせながら、バイクで茨木駅から自宅に無事たどり着く。
 今朝は日傘をさす好天気! 雨と太陽の恵みあっての自然界だが、昨今の以上気象は、野菜の値上りを始め、崖崩れなど、衣食住への悪影響が不安になる。

 さて、今日はシサム工房から今朝入荷した「ボゴランコインケース」をご紹介。
             
             20060616124425.jpg

  ボゴランベルトの布を使って作られた財布、背面はヤギ革を使用。名刺やカード、カギ入れとしても重宝です。
 ボゴランベルトとは、アフリカの泥染の帯(原産国・マリ)で、腰や頭、首に巻いたり、カバンやインテリアとして壁に貼るなど、多方面に利用されている。
 全て手作りのおしゃれな色の生地! アフリカの哀愁が漂う布、風合いのあるしっかりした布です。
 彼女や彼に、父の日のプレゼントに、きっと喜ばれます。
   お値段は1575円
 


日記 | 13:15:45 | Trackback(0) | Comments(1)
ネパリの食品3つ集めてプレゼントを!
 連日サッカーW杯が熱く戦われている。煽るマスコミ報道で、私も12日の日本・豪州戦と、昨日の韓国・トーゴ戦を息を呑んで鑑賞。日本の逆転負けは残念だったが、次に望みをかける。それにしても、どこの国の選手も、私には人間と思えないすばらしいプレーに、胸が熱くなる。
 
  店では、「今晩の応援体制は万全!(12日)、試合が終わると寝る時間なので、負けると主人機嫌悪いだろうなー」、「サッカーを見るため早く帰るので、お客が来ない(飲食店)」など、お客様のいろんな声を聞く。

  京都新聞の調査によると、12日の日本・豪州戦のハーフタイムに、お風呂やトイレが集中、京都市の浄水場排水量が試合中に比べ最大1.7倍と。(私もトイレに行ったなー  )

  ブラジルでは、国の機能が事実上ストップで、W杯期間中は犯罪も極端に減るとか

 いやあーすごいですねーこの熱中! チケット、グッズ、施設、賞金、そして環境問題など、いろいろ、いろいろあるが、でも熱中する気持ちはわかるなー。

 さて、今日はネパリ・バザーロの「食品を3つ集めてプレゼントをもらおう!」のキャンペーンをご紹介します。
 ①スパイス(ネパールカレー、ブラックペッパー)の中から1つ、②ドリンク(コーヒー、マサラティー)の中から1つ、③残りの1つは対象商品の中からどれでも1つで3つの食品です。
 商品パッケージの切り取りを、応募用紙に貼ってご持参いただければ、豪華プレゼントがOKです!
               20060614134839.jpg

  写真一覧の全商品4点がプレゼント、すごいでーす!
 ・カレーのシーフードマサラ1箱、・「おいしいフェアトレード」レシピ集(全36品目)(これだけで1冊1050円のお得レシピ集だぞー  )、・ドリップパッグ1ヶ、・ティーパッグ2ヶ

  ネパールの大自然のめぐみを、たっぷり受けて育った美味しい食品
  味わう人にも、作る人にもうれしい
  心もカラダもよろこぶ気持ちのいい暮らし
        あなたの夏のくらしに取り入れてください


日記 | 14:15:49 | Trackback(0) | Comments(0)
ボリビアでがんばる菜ちゃん
  先日、箕面から若い女性とそのお母さんがご一緒に来店、「少し話を聞いて欲しい」と。
 N・Kさんは現在、南米のボリビアに在住で(3年)、雑貨店の営業をしている。青年海外協力隊でいろんな国を回り、最終ボリビアで、先住民と自然素材を生かした雑貨などを作って、その販売に力を入れている。住民の暮らしは大変で、その仕事をして収入を得ることで、子ども達が学校に通えると。日本では南米のことがまだまだ知られてないので、市場を探しながら活動している。それで、アチャにも雑貨を入れて欲しいとのこと。
 お母さんがフェアトレードのファンで、ブログを見ての来店と言うこと。ココナッツの実で作られた可愛いピアスをはじめ、見本として可愛い雑貨を持参される。わずかの販売になるかもしれないが、彼女の熱意に応える。
                           
  「ボリビア」と言えば、昨年12月の大統領選挙で、先住民を中心とした「水を取り戻せ」の住民パワーで、左翼政権が誕生している。    
 石油、天然ガスなど豊かな資源が、ブラジル、スペイン、イギリスなどの多国籍企業ににぎられ、今度は水までが民営化ということで(コーヒーで有名なコチャパンバ地方は、上下水道が民営化されている)、各地で住民が立ち上がっての勝利と聞く。

 水は空気と同様、人が生きるためになくてはならない。そして家庭における水の管理は、女性の苦労が大きい。「パンをよこせ」と立ち上がったのも、アメリカの女性。そして日本でも富山の米騒動は、母ちゃん達が立ち上がった歴史がある。
 「水を取り戻せ」の先頭にも、きっと多くの女性パワーがあったのでは・・・。

 飛行機を乗り継いで2日という距離のボリビア。「突然にもかかわらず、お話を聞いてもらってありがとう。日本版のカタログが出来たら送ります。情報交換が出来て良かった・・・」と、すぐに爽やかなメールが届く。
 先住民と白人系住民の対立で、多くの子どもや女性が犠牲になっている。「貧困削減、社会的不平等、汚職などの撲滅」を掲げた、新しい左翼政権に大きな希望・期待を寄せつつ、私も天満のこの地で応援しよう
 




 


日記 | 13:01:57 | Trackback(0) | Comments(0)
世界の飢餓情報
  世界の飢餓の情報をちょっとお耳に・・・。
 とても悲しいことですが、この5年間、開発途上国の飢餓人口は減るどころか、1年に400万人のペースで増えている。                
 飢えを原因として毎日、5歳未満の子ども1万8000人を含む、2万5千人が命を落としている。「5秒に1人の子ども」が犠牲に。

 国連世界食糧計画・WFP(飢餓と貧困をなくすための国連の機関で1961年設立)は、地球には有り余るほどの食糧があるが、慢性的な貧困、紛争などの人為的災害に、地震や津波、洪水、干ばつなどの自然災害(人為的部分もあるのでは?  )、ジェンダーの格差、そしてこれらが複合したものが原因と分析。

 一方、飢餓の人口が増えているのもかかわらず、世界の援助食糧は全体で、1999年の1500万トンから、2004年には750万トンに半減。これでは飢餓人口は益々増えていく。しかも世界の飢餓人口の70%が女性と子どもという悲劇。
 弱肉強食社会の犠牲は、いつの世も女性と子どもたち・・・と胸が痛む。
   先月5月21日、世界117カ国の416カ所で、「飢餓をなくそう」と訴える世界行進が取り組まれている。
 
 人為的災害への批判の声をあげつつ、いま開発途上国の自立支援の「フェアトレード」の活動が益々重要になる。「お買い物で開発途上国支援を」の声を広げよう。 

日記 | 12:34:19 | Trackback(0) | Comments(0)
人と環境にやさしい「ki.na.ri」

今日は、人と環境に優しい無漂白、無染色、減農薬コットンで作られているお洋服、「ki.na.ri]についてご紹介します。

   無漂白コットンが良いのは
 無漂白コットンは、塩素で漂白されていない。塩素漂白をすると、その過程で、大量の「ダイオキシン」が発生する。ダイオキシンは、非常に毒性が強く、強烈な日光にさらされるなどの特別な条件下においてしか破壊できない。塩素漂白をしないことで、ダイオキシンの発生を防ぐ

   無染色コットンが良いのは
 科学汚染による水質汚染は深刻。また、その染色工程では大量の水と電気を使うことになる。染色工程を省くことは、とても大切なこと

   強撚糸のぼこぼこは、アイロンいらず
 糸を強く撚ることで、ぼこぼことした風合いが生まれる。アイロンをかけなくていいことは、電力を節約し、手間いらずのうれしい効果あり

             20060607145648.jpg

                             20060607145736.jpg

   無漂白、無染色はホルムアルデヒト知らず
 ホルムアルデヒト樹脂は、生地のしわ防止加工に使われる。ノーアイロン生地やポリエステル混紡素材、パーマネントプレス生地などは、たいていホルムアルデヒト樹脂加工がされている。「ki.na.ri」は、こうした薬剤を使わないことで、製品を作る人々の健康を守ると共に、水と空気の汚染を軽減し、水と電力を大幅に節約している

   肌触りにも差がでる
 太古から私たちの身近にあったコットンは、自然素材ならではの良さがたくさんある。じめじめして暑い季節には涼しく快適に、寒い時には温かく保ってくれる。「ki.na.ri」は、製造工程でのダメージを受けていないので、「健全」な状態を保つ  (シサム工房資料から)

 作る人、使う人、そして環境にやさしい「ki.na.ri」のお洋服、じめじめした梅雨から、真夏にピッタリです。
 自然素材・自然の色が、あなたの容姿をやさしく包み込むでしょう。
 


日記 | 15:24:54 | Trackback(0) | Comments(0)
フイッシャーマンパンツでゆったり気分に
  土曜日、さっちゃんが夏バージョンのポスターを作って持参。    感謝、感謝です。
       
             20060605122342.jpg

 「カゴに入ったコーヒー豆を、農園のおじさんが両手で差し出している」絵の上に、『心がかようお買い物 フェアトレード』、『笑顔でつながる フェアトレード』と、手書き文字で書かれ、爽やかで暖かいポスターです。早速、ドアと店内に張り出す。

 そして、今日は今朝入荷したばかりの「フイッシャーマンパンツ」(通称タイパンツとも)をご紹介します。(シサム工房)

            20060605123611.jpg
 
                              20060605123652.jpg

  元々は、タイの漁師さんが使用していたパンツで、紐で留めて穿きます。男女を問わず、着る人の体型を選ばず、人それぞれに着こなしが創造できる奥深、楽しいパンツ。
 アチャでも、男性から妊婦さん、そして若い女性から年配の女性までの人気で(17人のお客様が愛用)、2度目の入荷。私の様なチビでも穿ける! 黒と、濃茶の2本を楽しんでいます。
 動きやすく、ゆったりした気分、リラックスな気分に・・・
 夏の夜のお出かけに、旅行に、是非1枚おすすめします。きっと南の島の気分になるでしょう。


日記 | 13:08:16 | Trackback(0) | Comments(0)
「菊花せんこう」の入荷
6月から夏!、でもその前に小売・サービス業には辛い梅雨の季節に入る。でも「梅雨は日本の農業に欠かせないぞ!」と、梅雨を迎える心構えをする。
 
 そして6月!、「アチャ」オープンから無事に半年を迎える。お買い物で、ボランティア・サポーターで、助言で・・・など、多くのみなさんの支えが有っての今日と心から感謝する。
 6月の17日(土)夜7時から、「アチャ」でボランティア・サポーターの顔合わせ・交流会を計画している。みなさんのご参加をお待ちしてます(事前にご連絡を)。

 さて、そろそろ「蚊」の出現に悩まされてないですか。私は、蚊に好かれる体質なので、これから葛藤の季節です。今日は、日本産ですが、防腐剤、合成着色料、染色剤など使用していない「菊花せんこう」をご紹介します。
                20060602125502.jpg

 「菊花せんこう」は、蚊取り線香と呼ばないことに、この菊花せんこうへの想いがあると。蚊を殺すのではなく、人体へも影響のある合成殺虫剤を大量に使用し続ける必要があるのかという想いで作られた。主原料の防虫草は、中国原産で、昔から蚊遣りとして使われている。忌避効果とともに、芳香性に優れた植物。(第3世界ショップ資料から)
 10巻、3包で893円です。バングラデシュで作られた、ピープルツリーの素敵な線香入れの器で、蚊の季節、夏の夜を穏やかに味わって下さい。

日記 | 13:19:12 | Trackback(0) | Comments(6)

FC2Ad