FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
人間らしい暮らしを
  日本の三大祭りの一つと言われる「天神祭」は、昨日のギャル御輿からスタートです。ギャルとは若い女の子を言うようですが、200キロの御輿を4時間練り歩くため、今年から体力が重視、最高は39歳の女性と。すごいですねー。
  
  今日、明日は、子どもたちのおみこしや獅子舞に続き、御羽車、御鳳輦(ごほうれん)、鳳御輿、玉御輿など、平安装束の担ぎ手の人たちが厳かに練り歩くという。
 アチャは、商店街通りから少し離れているが、「わっしょい、わっしょい」の掛け声、太鼓の音が聞こえて心地よい。

                              
 さて、浮きだつ祭りとは対照的になるが、昨番夕飯時に見たテレビ、NHKスペシャルを少し紹介したい。
 それは・・・「働いても働いても豊かになれない→ワーキングプア」の放映です。
 今、日本では、「ワーキングプア」と呼ばれる”働く貧困層”が急速に増えている。ワーキングプアとは、働いているのに生活保護以下の暮らししかできない人たちのこと。生活保護水準以下で暮らす家庭は、日本の全体の10分の1、400万世帯とも、それ以上とも言う(すごーい数  )。3人に1人は非正規雇用。アルバイトを3つしても年収200万の50代、月10万の30代など、最悪の状況。併せて、業者(仕立屋さんの例)や農家でも、同じ暮らしである状況が紹介されている。

 経済評論家の内橋克人さんは、「政府、企業が責任を果たしていない。国際競争力ある働く貧困層を生む。若者は先が見えず、優れた労働力が生かされない。人間は荒廃していく。ワーキングプアが次の世代の子どもに引き継ぐのではないか」と。
 そして、取材したアナウンサーの「努力しない、意欲のない人は1人もいなかった」の言葉が胸にしみる。

 ビールのほろ酔いも吹き飛び、真剣にかつ怒りをもって見た。併せて、「これって発展途上国?」との想いを抱いた。
 アチャに来る若いお客様で、「俺らも途上国と同じ・・・助けて欲しいなー」の言葉が思い出される。

 憲法25条の「人間らしく生きる最低限の権利」を、世界中で広めよう!
 

スポンサーサイト



日記 | 13:17:58 | Trackback(0) | Comments(1)