FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ほんわか買い物,ほんわかスリッパ

 天神橋商店街、そしてこの界隈は本当に良いところだとつくづく思う。あらゆる業種の商店や病院が有り、ギャラリーやミニ音楽祭、新たに落語まで下駄履きで、文化を楽しめる。その上何処へ出かけるにも交通の便が良い。夫も最近、「アチャの近くに引っ越そうか」とも言う。
                            昨日の帰りも、豆腐屋、魚屋、八百屋、果物屋さんと、3丁目だけで4軒寄り道をし、新鮮なものばかりを両手に持つ。時間がおそいので、店はどこも男性が対応、みな誠実な人ばかり、しかも商品に限りない愛情を抱いている様子が伝わり、ほのぼのする。「○○のお店の商品は、少し高いが新しくて美味しい」と、街の声になっているので、店主は切磋琢磨のがんばりで頭が下がる。わたしには、買い物をしながら、商売人としての勉強にもなる。
       
  
     いま読んでいる、「脱ファスト風土宣言・商店街を救え!」に、子育ての立場からも、街・商店街の大切さを謳っているのを思い出す。
 『街での生活を通じて、健全な子育てを進めようという思想<街育>が、今必要である。その街とは決してバーもキャバレーもパチンコ屋もない清潔な街と言う意味でない。「悪所」も内包した本来の街。悪所もまた社会の一部だから。こうした本当の街の中で育つことで、子どもは、人間と人間が、仕事や生活を通じて関わり合うことで、社会が成り立っていること、いや、むしろ、そうした関わり合いこそが社会であると言うことを自然に学ぶはずである。また、その社会の中に人間の喜怒哀楽があり、助け合いも、だまし合いもあることを学ぶはず。それは、振興郊外住宅地のような清潔で均質な空間では学ぶことができない人間社会の本質である。・・・・・・・』 
   昨日の商店街は、茨木市の中学2年生が「商人体験」学習として、各店に売り子としてがんばっていた。

  さてさて、帰宅後、新鮮で美味しいものを食べる幸せと、毎日もう一つほんわかする幸せがある。それは、心も身体もぽかぽかする「モコモコフェルトスリッパ!」だ。
              
              20061103124524.jpg

  我が家は、床がフローリングなので、スリッパがいる。ふた冬履いたスリッパが駄目になり、ネパールの生産者が作った「手刺繍フェルトスリッパ」がデビューする(ネパリ・バザーロ)。
 素足を入れると、「暖かーい!、気持ちいいー!」と、ほんわかする
のにびっくり!、なぜ今まで知らなかったのかーとも後悔する。決して売るための誇大宣伝ではありません。わたしは暑がりなのですが、足だけ冷たい体質で、足が温かければ、冬は強い(雪国の金沢生まれですもん)。値段は2625円で、スリッパにしては高めと思われるかもしれませんが、裏はスエードの水牛革で、これまた軽く、階段の上り下りも素早く、パタパタ音がしないので、マンションなどお奨めですね。
 とにかく、お風呂から出て、フェルトスリッパを履き、ほんわかと温もりの幸せを感じながら、食事を楽しむ今日この頃です。


スポンサーサイト



日記 | 13:14:52 | Trackback(0) | Comments(0)