FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
Vo1、18「ベルダ」が届く
  最高気温が12~3度と過ごしやすい日が続く。百貨店のマネキンさんはもう春の装い。アチャの店内も少しづつ春の装いに・・・。
 そこで今日は、先日届いた「春を感じる天然素材の服」と称した「ベルダ」Vo1、18号のご紹介を少し。今回の特集は、「『地域開発』 人が人らしく生きるために」で、大変読み応えがある。
  
    「世界第3位の高峰、カンチャンジャンガを望む東ネパールのパンチタール地域。生活の厳しさから、今日まで、政府、マオイスト(反政府勢力)が向き合う地域でもある。2006年11月21日、約10年にも及んだ対立から、和解への調印に至る。この調印は、多くの人々の犠牲の上に成り立つ。罪なき人々が殺され、傷つけられ、多くの血が流された。極度の貧困、政治の腐敗、都市部の人々の遠隔地や、貧困への無関心が生んだ内戦の終結に向けた宣言である。
 まだまだ不安定要因はあるものの、確かに言えること、それは、厳しい生活を余儀なくされている人々の、収入向上への地道な取り組みこそが、より重要といえる。一部の人の懐を肥やす援助を止め、必要とする人々に手が届くか開発できるか否かが問われている。・・・・・・・・として、昨年11月にネパリ・バザーロのスタッフが、カンチャンジャンガ、ゴベタール地域へ訪問した内容が、詳しく紹介されている(「ベルダ」カタログより) 
 20070129142758.jpg20070129142822.jpg20070129142844.jpg

 20070129142907.jpg20070129142934.jpg20070129142959.jpg

    また、北米・環太平洋地域会議の「IFAT(国際フェアトレード連盟)の地域会議とフェアトレードの行方」では、自由主義経済の流れにのって売上げを伸ばすか、生産者に目を向けてフェアトレードの原点に立ち返り続けるかの分岐点問題など・・・、ハラハラどきどき読む。そして、「紙布」のオリジナル商品の開発を報告した、唯一の団体であるネパリ・バザーロの発言・報告が、大きな役割を果たしていることに感動する。
                                          
  お洋服では、人気のあるピンタックのブラウス・カーディガン・ノースリーブラウス、手紡ぎの七分袖ブラウス、草木染めで綾織り、保多織り、レース織りのカーディガンやブラウスなど、どれも安らぎと豊かさを感じるものばかりです。(お洋服は一部を除いて入荷)
 コーヒーのケーキに続いて、ネパールのオレンジで作られた新作「オレンジのケーキ」も美味しそう。(すぐ注文しますね)

  寒い日もまだあるでしょうが、ネパリ・バザーロの春の息吹を、一足早くアチャでご覧下さい。
 
 


スポンサーサイト



日記 | 15:11:18 | Trackback(0) | Comments(4)