FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
展示会で全国の仲間と交流
   昨日は、臨時休業させていただき、横浜のネパリ・バザーロの「07秋冬新作展示会」へ足を運ぶ。所用で上京されている、ボランティアのめぐちゃんも合流。
 この秋から、ネパリ・バザーロの服が「セージ」と「レモングラス」の2つのブランドに分かれる。「『セージ』は、これまでと同じく感性豊かに、服をゆったりとたのしみたいあなたへ。『レモングラス』は、細身のシルエットをシンプルに着こなしたいあなたへ」と紹介されている。今回から登場する「レモングラス」は、オフィスにも着用でき、かつ自然素材でつくられた上品さが滲み出ている。
 スタッフのみなさんが、服を交代で着ながら、パターン、生産者、着る人と、各立場からの詳しい説明を受ける。
 「早くお客様にお見せしたいなー」と、「予約しすぎて支払い大丈夫かなー」の思いが交差する。

  20070614151005.jpg20070614151028.jpg20070614151055.jpg

 
   「いま、フェアトレードは追い風ですよ(へぇーの声)。マスコミをはじめ、大手企業も無視できないところにきています。しかもアジアのフェアトレードです。利益がでるように(そうだよねぇーの声)がんばりましょう」と、代表者の土屋春代さんから情勢や、繊研新聞で取り上げられている、『おしゃれになるフェアトレード衣』などの説明を聞く。*衣料品開発に力を注ぐのは、「多くの仕事が創出できる」。まして日本ほど品質の厳しい市場はなく、消費者のニーズに耐えられる商品の開発で、技術向上につなげてきた。*デザイナーのフェアトレードに対する関心が高まり、協力体制もできてきた。*フェアトレードの活動に共感する顧客が増えている。・・・・など、市場拡大で、フェアトレドの取り組みが広がっていると。
 そして、春代さんは、自然素材、かつ工場の流れ作業でなく、一人の人が心を込めて一着づつ仕上げる、このフェアトレードの服は、大手には真似ができない。着心地よさがわかり、作られる背景が分かれば、必ず広がる」と、力をこめながら、生産者の生活や、技術、苦労話の報告を。
                                               
    4時から全国のお店の仲間、スタッフのみなさんとの交流。美味しいカレー味などの夕食をいただき、ちょっとビールも・・・。
 この3月オープンの方から、15年の大先輩のみなさん、スタッフのみなさんから、苦労やフェアトレードへの熱い思いを聞かせていただく。
「この思いを胸に秘め、フェアトレード活動に力を入れよう!」と、改めて心に言い聞かせる。
  19時10分の新幹線に乗って大阪に戻る。
 
 

スポンサーサイト



日記 | 18:37:44 | Trackback(0) | Comments(0)