FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
第三金曜日のお客様
   梅雨入り宣言を聞くも雨は少ない。生活・営業には良いが、「プール閉鎖」も聞かれるほどの水不足など、異常気象に不安が募る。アーケードのある天神橋商店街は、梅雨時の通り道として、また天神祭準備の雰囲気も漂い、なんとなく賑わう。
 また、夏物セールも人を呼ぶ。「30%OFF]「50%OFF」、「100円・500円の服」・・・と、信じられない値段が目に入る。「生産者は、なんぼもらうのだろう」、「小売店が、かぶっているんだろうか」、など空しくなる。しかし、「3人に1人が年収200万円以下しか所得がない(総務省2006年調査)」と、言われる今日、「安いモノしか買われない」の現実もある。「何かが狂っている!」と叫びたい気持ちになる。
                                                           
   毎月第三金曜日、扇町の漢方院の帰りに来店してくださるお客様が今朝も来店。彼女は、いまマスコミを賑わしている「コムスン」の介護ヘルパーのお仕事をされている。「仕事は、重労働だが、介護を受けておられる方から、喜ばれ、慕われることがやりがいだ」と、いつもニコニコ話される。
 今日は少し違う角度から・・・、「みなさんが心配されるんですが、私たちは何も変わらないの。ただ、他の大手に譲渡されても良くなることは何もなく、かえって良いとこどりされると思う。重度者の受け入れはなくなり、24時間介護も切られるのではないかな。つっつけば、どこも問題がでるところばかりで、国民が怒っている年金問題から、目を少しでもそらすために、この問題を政治的に扱うとも聞いているの。よは、介護者がどれだけ大事にされるか、そのための政治や企業のやり方が必要ね。この仕事は、重労働のわりに収入が低い。また、ヘルパー自身が腰を痛め、5年位で辞めるので、ヘルパーがなかなか育たないなど、問題はいろいろ。でも、みんなわたしらの訪問を待ってくれてるの。そして今の動きを心配して聞かれるの・・・。」と、話される。 
  「弱い立場の人が大切にされる社会になって欲しいですよね」と、話し合う。

   お客様との会話で、いろんな出来事を学ぶ。そしていっしょに怒ったり、笑ったり、泣いたり、うなづいたり・・・、まるで以前からの知り合いかの如く、親しくさせていただく。小売店、いやフェアトレード店の楽しさかな。
 
 

スポンサーサイト



日記 | 18:16:07 | Trackback(0) | Comments(0)