FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
みんなフェアトレードが好き!
   天神橋界隈は、商店、飲食店の多い街であるが、お寺、各種専門学校・教室、スタジオ、大手・中小の企業も多い街。それ故、お昼休みは、食堂へ、お弁当を買いに、ショッピングにと、人がいっせいに動き出す。そのついでに、「ちょっと休憩」と、アチャにものぞいて下さる。
    昨日は、貿易実務の勉強をされている女性が、昼休みを利用して来店される。
 彼女は、関西空港に就職し、カウンターや空港内の案内係としてがんばっていたが、7ヶ月で退職。現在、語学を活かせる仕事に就きたいと、貿易実務の勉強をされている。「ええぇっー!、どうしてー!、他から見れば良いところに就職したのに、もったいないーって言われるでしょう」と、わたしは一般論を。
 24時間を3交代の勤務。朝4時の出勤、夜中3時に帰るなどで食事も不規則になり、体調を崩しての退職と。「スカーフをして素敵な制服を着て・・・と、人から見れば華やかな仕事に見られるが、『華やかな仕事ほど、実は大変なのよ』、客室乗務員も大変よ」と、深刻に話される。そして、「体調を崩せば人に優しく応対できず、その自分がまたいやになり、いつも葛藤していた」と。
「あわてず、今の勉強を活かせる次の仕事を探せばいいじゃん!。いつも良い子、笑顔、がんばるなんて無理よ。・・・・・・・。」と、何か参考になる話、元気を出してもらう話を探すわたし。
                                                               
 とても素直で素敵な彼女、フェアトレードは以前から知っていたと話され、1時近くになり、「次は買い物に来ますね」と、戻られる。

     コーヒーの自家焙煎・販売をしているお店で働いている若い彼が、休日を利用して松原市から来て下さる。「フェアトレードのコーヒー販売店をネットで探して」と。「コーヒーが大好き、人も大好きで、将来コーヒーショップ、出来ればフェアトレードのコーヒー店を」と、笑顔で夢を語る。コーヒーが出来るまでのパンフを差し上げ、生産者の顔が見える、有機栽培のフェアトレード・コーヒーの説明をする。真剣な眼差しがまぶしい。コーヒー豆を買い、傘をさし商店街に入る彼を見送る。

 お店は暇かな、でも、明日を目指す真剣な若者たちに、爽やかな元気をもらう。「みんなフェアトレードが好きなのだ!」と。

   ピープルツリーの活動がテレビ番組で放映
  6月23日(土)夜10:10~11:00
『草の根貿易で大地を守る~バングラディシュ発・先端ファッション』  

スポンサーサイト



日記 | 18:39:22 | Trackback(0) | Comments(0)