FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
自然素材が大好きなママたち
   久しぶりによく降る雨の大阪、お店屋さんには苦い雨・・・、も自然界には恵みの雨だ!。雨の中、朝からカタログを求めて来店される男性のお客様、フェアトレドへの暖かさを感じる。
                                               
      先日、育休中の赤ちゃんを抱っこされ、玉造にお住まいのYさんが、「お友達みんな連れて来たんだけど・・・いい?」と、いつものやさしい笑顔でレジまで一直線。入り口を見ると、バギーで寝ている赤ちゃん、ママに抱っこされている赤ちゃんなど、若いママさんが狭い店の前に4~5人おしゃべりをされている。「わたしが見ているから、先に中へ入ってみたら・・・」など。
 お話を伺うと、自然食材を使ったランチの会に参加しての帰りで、遠くは神戸から、その他高槻、大阪市内から、しかも今日はじめて出会った仲間だと聞いてびっくりする。みなさん、ニコニコ明るい笑顔(満腹もあるかな)、求められるのも、布ナプキンやカフェインレスのコーヒー、国産小麦のクッキー、木のアップル皿など、食、材にこだわりのママさんたち。育児を中心に、元気で爽やかな会話が店内に飛び交う。
 赤ちゃんの笑顔、寝顔、いきいきしたママさんのお顔など、ほんわかな余韻を残して、赤ちゃんづれの一行さんは商店街へ。

   本日、第三世界ショップ(プレス・オールターナティブ)のチョコレート入荷  
(今年はこのサイズのみ)             
            20071019132640.jpg

  このチョコのカカオはドミニカ共和国
 <カカオ品質向上プロジェクト> (リーフより抜粋)
  以前、ドミニカ共和国のカカオ生産者たちは、カカオを粗放栽培していて、仲買人のトラックが通ると、その場でカカオを売って現金を得ていた。これではカカオの品質が向上しないし、生活も安定しない。そこで、スイスのチョコレート生産者団体は、1999年、カカオ農家との協働プロジェクトを開始。カカオの買い取りシステムや、加工施設を建設し、品質アップとなる。更なる品質向上と、農家の自立のためにも、「生産したカカオを安定的に購入する」、「カカオの有機栽培のワークショップや指導を行う」、「有機カカオには高い値段を付ける」、「プロジェクト参加の農家には、カカオの苗を原価で提供する」、「子どもの強制労働はさせない」と、いった約束をしている。現在このプロジェクトに参加、加盟農家は、年々少しづつ増えている。カカオ生産者たちは、余剰資金で学校を作ったり、コミュニティ全体の利益にも貢献出来るようになり、「自分たちのことは自分でできるんだ」という誇りとモチベーションが農家に広がっている。  

  New! カカオチップチョコレート
  バターオイルを加えたクリーミーなビターチョコに、カカオチップが加わる。滑らかなチョコとカリカリしたカカオチップの食感の違い・・・幸せな一時をお楽しみ下さい。

    ピープル・ツリーのチョコ入荷が、少し早くなり、25日着の予定

スポンサーサイト



日記 | 14:08:45 | Trackback(0) | Comments(0)