■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
サイクロン被災者の救援活動
     今日は11月の最終日、天神橋商店街4丁目は、揃いのクリスマスオーナメント、3丁目は揃いの天満繁昌亭のぼりがひらめき、行き交う人々を迎える。明日から12月!、そして3年目!と思うと、商売人の端くれではあるが、「しっかりせな・・・」と、なんとなく身が引き締まる。
                                          
  11月、みなさまにお願いしてました「ビルマ難民孤児を助ける為の300バーツ(1000円)キャンペーン」、終わりと言うことではないのですが、1500バーツを贈らせていただき、今日から、「サイクロン被災者の救援活動」(バングラディシュ)の募金箱になりました。ご協力ありがとうございます。今後とも宜しくお願いいたします。
  現在、各NGO団体では、現地生産者パートナーの被害状況を調べているとのことです。
 国際協力NGOの藤岡駐在員(シャプラニール)のブログでは、
 『サイクロンから10日過ぎて(11/26)、被災した人たちの生活が平常に戻ることはほど遠く、これから冬に向けて小さな子どもや、お年寄りに厳しい季節。家族を失った人たちも悲しむ余裕さえない。昨日の政府のレポートによると、被災者数は680万人に達している。バングラディシュの人口はだいたい1億4千万人ですから、ほぼ20人に1人が被災したことになる。首都ダッカが被害を免れ、被災した南西地域は、それほど人口密度が高い地域ではなかったにもかかわらず、です』と。

  バングラディシュは、日本の北海道の2倍ほどの面積に、日本より多い人口なので、人口密度の高さ、かつ大変さが伺える。
 サイクロンは、インド洋方面に発生する強い熱帯低気圧で、バングラディシュでは、1985年、1991年と2回、大規模な災禍に見舞われている。現地の貧困は改善するどころか、一層貧困化が進んでいると。
 最近、世界各地で起きている暴風雨や干ばつ、地震、雪解けによる洪水は、地球温暖化の影響と言う。そして・・・・、貧しい国にこうした被害がなぜ集中するのだろうか・・・・と、関係者はなげく。
 『熱帯低気圧の巨大化に力を与えたのは、そうした国ではないはずなのに・・・・』と。

  本当にそうですね。「自然との共生でがんばっている国々・人々が犠牲になっているぅー」と、私も思う。世界中の自然やエネルギーを、利権や私欲を太らすため、欲しいがまま得ようとする先進国が、考えねばならないところに来ているのではないでしょうか。

 

スポンサーサイト
日記 | 15:00:36 | Trackback(0) | Comments(2)
「ウォーリードール」で心配事が消える??
   今日は、タイから届けられた可愛いお人形・「ウォリードール」のご紹介です。

     20071128125936.jpg20071128125954.jpg

 ウォーリードールのデザインモチーフは、タイの少数民族(山岳民族)で、それぞれが誇りと伝統を持った民族衣装を身につけている。しかも、帽子、顔、お洋服とそれぞれがみな違うデザインで、手作りの暖かみとやさしさがにじみ出ている。
 タイの伝説によると、心配事を人形に話して、枕の下に入れると、朝には心配事が消えていると・・・。
 人形の背中には、ピンがついているので、ブローチにもなる。
 
 遠く離れたタイの山奥から、不思議な言い伝えを、プレゼントしてみませんか。ちょっとしたプレゼントにピッタリのお値段、504円!です。

日記 | 16:44:55 | Trackback(0) | Comments(0)
愛情たっぷりのお漬け物
    11月も最後の週を迎える。23日からスタートした、accha2周年の感謝くじ引きも、1等、2等、3等が数本、4等の残念賞も含め、お客様に喜んでいただき嬉しい。「イベントの協力券はどうぉ?」と、サポーターさんからのチェック!、「まぁまー・・・」と、サポーターさんの積極性に冷や汗をかく。
                                                  
   フェアトレード支持者の天満橋のKさんは、週2日、福祉施設のお手伝いをしながら、お仕事をされている。Kさんは、週1回必ずお店にお顔を見せて下さる。なんと、お漬け物を運んで下さるのだ!。Kさんは、お母さんの教えを受け、旬の野菜を中心に、夏も冬もかかさず、ぬか漬けをされている(偉いなぁー)。「いろんな種類を漬けるので量が多くなるの。もらってもらえるぅー」と、小さなタッパーに入れ、職場とわたしにいつも持参されるというわけ。
 はじめは、「申し訳ない・・・」と、緊張をしながらいただき、「何かわたしもお返しを・・・」と焦ったものだが、この頃は「ありがとう」と、待っているかの如くで、昼のお弁当の野菜一品として輝いている。今は、カブラ、大根がとても美味しい!。職場の若い女性も、「わたしの野菜補給がきた!」と、Kさんに感謝されると。
 ご近所と言えばご近所だが、自転車でわざわざ持参されるKさん(もちろんフェアトレードのお買い物も)に、わたしも頭が下がる。ありがとうございます。
 
 こうして、お客さまから、知人、お友達・・・となり、フェアトレード店ならではのつながりで、元気をいただく毎日です。

ネパリ・バザーロの「コーヒーケーキ」「オレンジケーキ」が入荷しました。



未分類 | 14:31:39 | Trackback(0) | Comments(2)
命がけで作り、届けられる「ザータル」など
   今日は勤労感謝の日で祭日、車の流れも穏やかで、秋が深まる爽やかな風を切り、バイクはのびのび走れる。「あぁー、元気でフェアトレード店へ行かれる・・・感謝の日だなぁー」と、勤労できることに感謝する。
                                                       
 昨日、仙台のパレスチナ・オリーブに発注した、「『ザータル』(ハーブを乾燥させてすりつぶしたものに、酸味のあるシューマック、胡麻、塩を混ぜ合わせたもの)は、大人気で在庫が6個しかない」と、代表者の皆川さんからメールをいただく。次の入荷は2008年4月と。アチャの在庫2個と合わせ、8個で4月までのりきることに。わたしもオリーブオイルと合わせて、パンやサラダ、野菜炒め、パスターなど、ほぼ毎日お世話になっている。今日から少しづつ、大切に使おう。
 そのメールに、イスラエルが、パレスチナに建設している隔離壁に、反対の活動をしている、地元NGOの「フェトヒ・クディラートさん」の、全国ツアー・大阪集会のお知らせが書かれているので、急な日程ですがご案内します。
   * 11月25日(日)午後1時~4時45分
   * 大阪市立浪速人権文化センター(JR環状線「芦原橋駅」)
   * 1000円
   * 講演とフェトヒさんと天木直人さんの対談
 
  「パレスチナでは、3世代の難民がこの隔離壁によって、生活が破壊されている。しかし、イスラエルの『アパルトヘイト』政策(イスラエルのパレスチナ人は、二級市民でユダヤ人の一番下と扱われている  )に、反対する草の根の動きが世界中でとりくまれている」と。  
 
  美味しい「オリーブ・オイル」も、「ザータル」も、大小さまざまな検問所を通過する。許可証があって、検問所が開いていても、何時間も待たされ、通れないこともある。説明もなく、数週間、数ヶ月、通過のタイミングを見計らって・・・・と。
 パレスチナ北部のガリラヤ地方(イスラエル領)で、命がけで作り、届けられる商品たち、商品に携わる人たちに、改めてへの熱いエールを送りたい。

日記 | 14:28:44 | Trackback(0) | Comments(0)
いよいよ2周年でーす
     2年前の今頃・・・・、12月2日のアチャ・オープンに向け、内装はまだ仕上がらず、狭い店は段ボール箱の商品で埋まる。その狭間で値札付けをしながら、「オープンできるやろか」の思いで、商品整理をしていたことがまぶたに浮かぶ。「61歳ではじめたんやて・・・」と、回りには驚かれ(自分でも驚き)、そして多くのみなさまに支えていただく。素敵なお客様、素敵なボランティア・サポーターのみなさんとの出会い、各NGO団体や海を隔てた現地生産者のみなさんとの連帯・・・、この2年間、店主としてまだまだ未熟だらけですが、わたしの人生には、計り知れない財産を貯金することができた。
 多くの多くのみなさまに、心から感謝申し上げます。ありがとうございます。 
  
                                      
    
     いよいよ明後日、23日から12月8日まで、15日間、オープン感謝のくじ引きがはじまる。そして12月8日(土)2周年記念イベントの協力券(500円・チャイなどの飲み物とクッキー付き)を、「済みません・・・」と恐縮しながらお願いにはいる。
 くじ引きは葉子さん、協力券は太郎さんの手づくり。

      20071121132132.jpg20071121132154.jpg

     「この地で、フェアトレードを根付かせ、発展させてほしい!」と、願ってくださる多くのお客様や、サポーターのみなさん方の思いをしっかり胸に刻み、2周年通過、3年目に向かって歩もう!と、改めて心する。


日記 | 13:36:54 | Trackback(0) | Comments(0)
快い疲れの感謝の一日
     昨日から少し寒くなり、冬の訪れを感じる。家の前の桜の葉も、毎朝掃除するわたしの苦労に構わず、パラパラパラパラ散ってくる。「今日の落ち葉の量はどれくらいかな」と、朝、外を眺める日々。今朝は、溝の落ち葉も救いだし、ゴミ袋満タン!。掃除が要らなくなると、本格的な冬!、やっぱり今が良いかな・・・。
                                                  
    今日は、規美子さんに店をお任せし、ピープル・ツリーの展示会(来秋冬もの)で神戸に行く。若い女性のファッション感覚をお借りするため、ゆかちゃんにご一緒していただく。お借りするのは感覚だけでなく、記録も含めての援助をいただくので、本当に助かる。新しいファッションのお洋服、アクセサリー、雑貨ものなど、「早くお客さまに見ていただきたい!」と、着たり脱いだりしながら、真剣に予約の品定めをする。
 展示会・予約会は、時間と体力の勝負で、歳を感じる。いやいや「歳を忘れてがんばろう・・・」と、三宮から大阪・天神橋に戻る。

   店の留守をお願いし、展示会はご一緒してくださる・・・、そんな素晴らしいボランティア・サポーターさんに恵まれ、快い疲れで感謝の一日が終わる。ありがとうございます。

日記 | 18:07:07 | Trackback(0) | Comments(0)
みんなの幸せを願うクリスマスに
    都島区からきていただいた今朝一番のお客様、クリスマスオーナメントのお買い上げと、やっぱり・・・チョコレート!。
 わたし感覚では、まだまだ先のクリスマスですが、店では、数日前から久子さん、葉子さん、圭子さんの応援をいただき、「あっ!、クリスマス!」の店頭になる。

 20071116130341.jpg20071116130402.jpg20071116130422.jpg

 20071116130444.jpg20071116130504.jpg20071116130524.jpg

 ロクタの手漉き紙、ジュートの手編み、ザリ刺繍(インド王侯貴族の衣装などに使われていた)、素焼きのビーズ、フェルト、トウモロコシの皮、カピス貝、ヤシの葉、ケヤの葉、バームの葉・・・など、フィリピン、バングラディシュ、ネパール、インドの国々の女性たちが、自然素材と伝統技術をもっての、手作りオーナメント。
 手作りのぬくもりがいっぱいの、「フェアトレード・みんなの幸せを願うクリスマス」商品!
 
   こんな素敵な飾り、わたしも「息子たちが小さいとき知っていたらなぁー、誰がどのように作ったかを聞かせたかったなぁー」と。まだ、日本にフェアトレードが、まだこのような商品が作られていなかった時代かな・・・。

     世界中の子どもたちが、お腹いっぱいご飯を、お菓子を食べられる・・・そんなクリスマスであって欲しいと願う。

日記 | 13:35:17 | Trackback(0) | Comments(2)
大人気のフェアトレードチョコレート
    「おいしいフェアトレードのチョコレート」が大人気!!!。いろんな種類のチョコを10枚、15枚と買って下さる方にお聞きすると、職場で、「フェアトレードのチョコを買いに行くぅー」と、声をあげて注文を募っておられると(ありがとうございます)。夜から夜中のお仕事の方は、「お腹一杯では身体に悪いので、一切れ二切れを食べてお仕事をされると(ご苦労様です)。
 お客様の共通の悩みは、『美味しいので食べ過ぎる』で、「開けると二~三切れではがまん出来ず、みな食べるので、お友達やお客様が見えられるときにしか食べない!」と、意志の強い方も。
 「カカオ分量85%の、オーガニック・スーパービターを一切れ食べると、チョコを食べた!!、と満足しますよ」と、毎日食べるわたしの悩み解消方を紹介しながらも、「乳化剤も使わず、糖分もサトウキビをまるごとしぼった、マスコバド黒糖なので、ミネラルやカルシュムも豊富だし、体に悪くないですよ」と、付け加える。
                                                
  ボリビアやドミニカ共和国の有機カカオと、フィリピンで有機栽培されたマスコバド黒糖をつかった、おいしくてやさしいチョコレート。
 公正な賃金と手段で栽培したフェアトレードのチョコレートは、フェアトレード入門の一番の近道、この機会にお友達や子どもたちへのプレゼントにいかがですか(チョコレートの外装の裏に、おいしいチョコレートの由来が書かれている)。

  * 国立民族博物館 開館30周年記念のイベント
  11月30日(金)午後6時~9時 IMPホール
  ・講演 「世界の国際開発協力の潮流と日本の貢献」
   「フェアトレード・チョコレートを食べてともだちを増やそう」
  ・総合討論 
   「国際開発協力のあり方とフェアトレード」

  *シャプラニールのフェアトレード・フェアー
    「南アジアの織りと刺しゅう」
  12月1日、2日(土、日) 11時~16時
      マイカル茨木1階ジョイプラザー
  ・南アジアの織物・刺繍の展示/販売 ・フェアトレードミニ講演    ・フェアトレードワークショップ ・ノクシカタ体験
  

日記 | 17:37:48 | Trackback(0) | Comments(0)
「ご一緒しませんかぁー」の爽やかな声
     最近、通勤時のJR事故が多く、少々の遅れはやむを得ないとしても、「運休・ストップ!」に悩まされる。
 先週末、帰り大阪駅で午後8時半頃、摂津・富田間での人身事故で、JR京都線がストップで代替え輸送に。遠回りをするなら、しばらく待ってみようと。そのうち「吹田駅(大阪・新大阪・東淀川・吹田・岸辺・千里丘・茨木)まで走る」の報告に、「もしやその後も走るかも・・・」の気持ちで、待ち人群は乗る。

  「吹田駅」でやはり下ろされる。次はタクシー乗り場の長蛇の列に並ぶ。吹田市内の輸送ではないので、タクシーの回りが遅く、かつ、一人乗客なので列はゆっくりしか進まない。わたしは、わたしの前の女性が「千里丘」まで行かれることを確認し、千里丘までご一緒して料金の折半を約束する。 
  ところが、列が半分位まで進んだ頃、一人の男性がさ大きくさわやかな声で、「千里丘までいきまーす。ご一緒しませんか」と。「わたしも、わたしも・・・」と、3人が募り、タクシーは4人乗せて走る。次の女性は「高槻までー」と。わたしは、自分の順番が来ないのに「JR茨木ですー」と手を挙げる。わたしの2人前の男性が、「僕、茨木です」と、言われ、後ろから一人の女性も加わり、ご一緒させていただく。料金は一人1000円でラッキー!!。   

  いつもより遅く家に着いたが、「遅れてしんどい」より、穏やかな気分になる。勇気ある男性の声で、多くの人が少しでも早く、かつ、安い料金で帰宅できたこと・・・その状況が忘れられない。
 わたしも次は、そのように出来るかなぁー、そうやりたいなぁーと・・・。 
 
 

日記 | 18:04:08 | Trackback(0) | Comments(3)
心に染みる秋の出会い
     お客様との出会いが、心に染みる秋の数日です。
                                                    
  今朝一番に、「親父とても喜んでいた!、肌身離さず愛用してるよ!。素材がとても良いね。ありがとう」の来店者。先日、「親父の入院見舞い」にと、アルパカ・ロングショールを買われた男性。「果物などが多いので、おしゃれな親父(70代)に会う変わったモノを」と言われ、肩掛けと膝掛けを兼ねる高級なアルパカショールを一緒に探す。お聞きすると癌の告知を受け、あと半年だが、3~4年に言ってあると。今朝、「半年と医者が告知した。半年と聞いてから、替えって元気になってがんばってる。もう退院させようと思って・・・」、「おとうさん凄いですねぇー。わたし、そんな生き方できるかなぁー」と。実家が天神橋界隈なので、時々寄って下さる素敵な男性のお客様。   
 
  昨朝、神戸のMさんから、アチャ通信と2周年案内を郵送したお返事が届く。「なかなか大阪まで出かけられないのですが、イベントがあると決心がつきやすいです。12月8日にお会いできますことを楽しみにいたしております」と。 
 フェアトレードの紅茶を入れている様子や、Mさんの大好きなキリンの可愛い写真が添えられ、わたしも穏やかな気持ちをいただく。

  昨昼、「ここに書いてあるネパールカレーって、どれですか」と、アチャ通信を手に若い女性のお客様が来店。
 ネパールカレーに熱い思いのゆかちゃんが、作り方と併せて、「日本の市販のカレーは、動物性油脂や添加物の塊のようで、胃にもたれますが、このネパールカレーは自然の恵みそのもので、正に薬膳のようでヘルシーです。・・・・・」と紹介。「一度作ってみますね」と、彼女はチキンマサラのネパールカレーを購入される。   「ネパール・カレーが広がりますように」と願う、ゆかちゃんの思いが届く。
 
   昨夕、ご近所のMUさんが「お友達を連れてきたわよ」と、仕事の帰りに来店される。MUさんは、雑誌「天満スイッチ」のウロウロ日記を見てのお客様で、以降親しくさせていただく。先に来店された、ご近所のカラーセラピストのMOさんや、吹田市のKさんたちとみんなでお茶をしながら、「カラー」についてのお話を聞く。「人には、『この色が似合わない』色素なんてないの。濃度の違いで、みんな似合うのよ」の助言に、MUさんはオレンジ色のスカーフにチャレンジされる。
 MOさんは、「2周年イベントお友達と来るわね」と帰られる。
 
  こうして、日々お客様から元気をいただき、支えていただく。このような出会いの輪を広げ、生産者のみなさんに応えよう。

   チョコレート情報!!、入荷・入荷
  *「ウインターチョコレート」(シナモンとコリアンダーがかもしだす深い味わい)
  *「クランベリーチョコレート」 *珈琲豆チョコレート
   

未分類 | 15:26:55 | Trackback(0) | Comments(3)
雪の結晶雑貨で冬の準備を
   今朝一番、ほっこりするお客様・・・・  「おいしいチョコレート入荷となっているが、どんなチョコレートかね」と、白髪のさわやかな叔父さまが(いやお爺さまかな)、にこやかに来店される。試食をおすすめするが、説明だけで良いと。ラムチョコとカカオ分量85%入りのオーガニックスーパービターを買われる。「チョコが好きで、ウイスキーもロックで飲むので、これなら充てに良い」と、大事そうにぽっけっとに直される。チョコを包む包装紙裏の説明も読んでもらうことをお願いする。「美味しかった!」と、次に来店されることを祈る・・・。
                                               
 11月に入っても、日中は暖かく、冬の訪れが感じられない。しかし百貨店では、クリスマスケーキやおせち料理の注文が始まっている。こうして「消費購買意欲を高めるのだなぁー」と、わたしはのんびり店主。でも、アチャ店内でも雪の結晶雑貨が話題になってまーす。
 
 20071107130950.jpg20071107131016.jpg20071107131038.jpg

  「ふわふわイエティ」(ネパール・1600円)、ヒマラヤ山脈に住むと言われている伝説の雪男「イエティ」を、モチーフにしたマスコット。雪をかぶったような、真っ白でふわふわのイエティは、とぼけた表情も愛らしい。お部屋やバックなどに飾って楽しむ。
 「可愛い!!!」と、お客様の絶賛の声!!。本当です。
 
  「スノーオーナメント」(インド・600円)、手編みのレースで作られた、小さな雪の結晶。北海道で大学生活をエンジョイしたえみちゃんは、北海道を思い出して部屋に飾りたいと早々3つを。
 雪を懐かしむお客様や、ネックレスに利用されるお客様など、大人気の商品で、ディスプレーに考えていたわたしは、お客様から教えていただく。
 
  「ペーパースノーオーナメント」(バングラディシュ・800円)手漉き紙でできたオーナメントは、開くと立体的になりインパクト大。クリスマスシーズンのホームデコレーションとして、リビングや子ども部屋、窓辺に飾る。折りたためるのでシーズンオフの片付けも簡単。その通りで、狭いアチャの店内を彩る。
 (ピープル・ツリーカタログより紹介)

日記 | 13:35:47 | Trackback(0) | Comments(0)
学生さんからのインタビュー
   今日は、午前11時ごろから30~40分、関西学院大学の学生さん(5人)の「インタビュー」ってものに応える。彼ら、彼女らは、学内で国際交流・国際協力団体をつくり活動をされている。海外で促、活動をするのではなく、国内で難民問題や途上国問題などを研究しながら、イベントやカンパ活度を精力的に行っていると。
 12月9日のイベントで、フェアトレードのことを紹介するためのインタビューで、質問されたことにお応えする。
  ビデオが向けられ、*フェアトレードってなんですか *なぜ店をされたのですか *広がってますか *イベント参加者に伝えたいことは・・・・・・・・・と、いろいろ・・・・・、少し、いやぁー、たくさん緊張しましたが、「女は度胸!」と、日頃のおしゃべりモードでいく。
                                          
  インタビューが終わり、お茶をしながら雑談をする。1回生、2回生の若くて新鮮な若もののみなさんから、私も元気をいただく。可愛いフェアトレードの商品にも、目を細められる。

 先日も、T大学4回生の学生さんから、卒論用のインタビューと言われお応えする。途上国問題・貧困問題など、若いみなさんのフェアトレードへの熱い思い、拡がりを実感する。併せてさわやかな出会いが心に残る。

  夕方、「今日は振り替え休日なので・・・、何かすることあるぅー」と、えみちゃんが顔みせとお手伝いに。みんなの熱い思いに支えられ、今日も1日が終わる。

  ありがとうございます。

日記 | 19:26:32 | Trackback(0) | Comments(0)
輪が広がる・・・ボランティア・サポーター
  「アチャ通信・第5号」と「2周年イベントのチラシ」が完成する。アチャ通信の書き手は、めぐちゃん(東京で活躍)から圭子さんに、記事はサポーターとお客様、チラシはさっちゃん。みなさんのフェアトレードへの熱い思い、ご支援、本当にありがとうございます!   

 20071102164656.jpg20071102164721.jpg20071102170236.jpg

 
   新しいボランティア・サポーターさんもアチャの輪に加わりました。アチャの前の新しいマンションにお住まいのMさん、西天満でスタジオなど、ミュージック関連のお仕事をされているEさん、「何かフェアトレードのお手伝いを・・・」と。心強い限りで、ありがとうございます。

  そして今日は、「知り合いから教えてもらったの」と、京都左京区からMさんが来店され、ネパールや南インドなどの商品を買って下さる。Mさんは、「チベット、ネパールに1ヶ月訪問して考え方が変わった!、着る者も徐々に変えていく」と話される。貧困問題だ!。「まだ日程がはっきりしないが、12月のイベントには、お手伝いも含めて参加したい!」と、うれしい声を聞かせていただく。

   自分たちの暮らしが大変だからこそ、もっと大変な人たちのことを思いやる・・・。そんな思いがフェアトレード・アチャに寄せられる今日この頃、アチャ通信とイベントチラシ、そして人から人への拡がりに感謝しつつ、2周年のイベント成功に向けてがんばろうと心する。

 
 
 
 
 


日記 | 18:47:53 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。