■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大自然のピュアなめぐみ メープルシロップ
   昨日は、東京で開催される、第三世界ショップの展示会に出席するため、臨時休業する。大阪は、また雪・・・の天気予報を聞き、「ひょっとして駅まで歩きかなぁ」と、夜中外を眺めたり、朝も早く起きる。雪もなく、無事に展示会会場にたどり着く。
     午前の早い時間だったので、千葉、静岡、東京と、比較的近隣の店主さんが、真剣に・・・と言うより、必死に展示会の会場でのみ優先される商品を選択されている。その勢いに、わたしも負けじと、選び、探し、カゴにいれる。そして、静岡の彼女と、「みなさんの勢いについつい呑まれて、入れちゃいますよねぇー。でも、あとで請求がきてびっくり!、こんなに注文したかしら・・・なんて」と、話す。「展示会でもらってくるからね」と、約束したお客様の顔が浮かび、考えつつも、やはりカゴに入れる。
 
                  080228 メープル・シロップ 001

  午後は、「大自然のピュアなめぐみ メープルシロップ」の学習・試食のワークショップに参加する。
 【自然からの贈り物】
  メープルシロップは、カエデ科の落葉広葉樹である(樹齢40年以上)サトウカエデ(メープル)の樹皮を煮詰めたもの。着色料や添加物を含まない、種々のビタミンやミネラルが豊富な、栄養価の高い優れた自然食品。今から500年前ほど前に、北アメリカの先住民が発見し、ヨーロッパからの入植者が彼らから作り方を教わり、徐々に広まってきた。
 【1本の樹から、わずか・・・】
  採取したばかりの樹液は、甘みがほとんどない透明液。着色料や添加物を加えず、昼夜詰めることで、甘みや風味が凝縮された琥珀色のメープルシロップになる。収穫は、2月下旬から4月上旬。1本の楓から1シーズンに取れるメープルシロップはわずか3~4リットル!、250mlの瓶15本分(えっ!と驚きの声)
 【透明度が高いほど。希少価値有り】
  メープルシロップは、透明度で分類され、色が淡いほど高級(濃淡4種類をスプーンでなめまして・・・、違います!ちがいます!、まろやかでした!)。
 【栄養価は抜群】
  蜂蜜と比べると、カルシウムが40倍、カリウムが約20倍あり、カロリーは蜂蜜・砂糖より低い健康的な甘味料。その他、リン、マンガン、鉄分など、ミネラルが豊富。
  (カリウムは、体の余計な塩分を流す役割と)

  メープルシロップは、「ホットケーキかパンにぬる」の利用方法が多いようですが、いろんなお料理に使って、ピュアなお料理に変身!を学び、試食もする。
  
  一番簡単で美味しかった、【混ぜるだけの簡単デザート・豆腐花 メープル味】
  *材料 寄せ豆腐、ドライフルーツナッツミックス、メープルシロップ すべて適宜
   ① 寄せ豆腐とドライフルーツナッツミックスを、スプーンでざっくり混ぜ合わせる
   ② メープルシロップをかける

  わたしも、すぐにやってみまーす。ドライフルーツナッツミックスは仕入れますね。おいしいレシピーも準備いたします。どのお料理もとても美味しそう。お砂糖より高めですが、栄養価抜群!で、大自然のピュアな恵み!、春のお料理に一品増やしてください。

スポンサーサイト
日記 | 12:55:20 | Trackback(0) | Comments(0)
ほっこりする、バングラディシュの陶器
  「はまる天神橋商店街」ですが、とうとう「住まい」もはまるようになりました 。 店から歩いて6分位の同心町のマンションへ、3月20過ぎに引っ越しです。40年近く住んでいた茨木市・・・未練もありますが、店・食・高齢・・・などを考えると、相方の同意も得て、歩いての生活エリアの選択です。
 昨日の休日は、ご近所の方を中心に、引っ越しの報告・ご挨拶回りと、引っ越し準備をする。
                                                     
 今日は、眺めているだけで楽しくなる陶器のご紹介です。

  080226 PT 001080226 PT 010080226 PT 007
 
  バングラディシュより、はるばる運ばれてきた陶器の商品たち!、たった4個ですが、「割れないように・・・」と、紙くずにぎっしり包まれ、大事に大事に届けられたことを、是非お知らせしたく、最初はゴミの写真です。 

   『レリーフ・フラワーポット』
 なんともとぼけた顔に、大きな耳!?、不思議な魅力いっぱいの素焼きの植木鉢。グリーンを入れて窓辺に飾るだけで、雰囲気のあるコーナーが・・・。(底に穴あり)

   『バングラアート・プランターカバー』
 素朴で力強い手描き模様にインパクトあり!、鮮やかな色づかいや大胆な筆づかいを楽しんで。植木鉢を入れずに、そのままインテリアのアクセントとして飾っても素敵な陶器。
(ピープルツリーカタログより)
 ピープル・ツリーの春物商品の一部が入荷しました(追々入荷します)。 

   手作りアクセサリー G・houseさんの展示会・作品展のご紹介です。
       * 2月27日(水)→3月3日(月)
       * 大丸百貨店 梅田店13階催事(午前10時~午後8時、最終日は午後6時)

       * 2月28日(木)→3月5日(水)
       * 近鉄百貨店 上本町店9階催事(午前10時~午後8時、最終日は午後5時)
 
   お知らせ 明日27日(水)は、第三世界ショップの展示会に出席するため(東京)、臨時定休とさせていただきます。
  
  

日記 | 14:56:24 | Trackback(0) | Comments(2)
ネパールカレーの試食会
     今日は、狭いアチャの店内でネパール・カレーの試食会を開く。豊中と池田市から、電気釜を背負い、野菜などの買い出しものを提げた、ゆかちゃんとはるかさんが、「アチャさぁーん!」と、朝から元気な声で入って来られ、すぐカレー作り。店内は、スパイスのほのかな香りが漂い、ちょっと味見をするだけで、インド・ネパールのお料理に浸る。そこへ、すでに出来上がったマサラティーアイスクリームを抱えた節子さんの登場。
 ターメリックをいれたご飯が炊きあがり、ベジタブルカレーもできた1時頃、立食もありの試食会でーす。「おいしい!」、「うんーほんとう!」、「すごい!」、「野菜とスパイスだけで、書いてあるとうりにすればいいの」、「体に良い物ばかりね」・・・・・と、カレーの美味しさに感嘆する。また、食後のデザート「マサラティーアイスクリーム」も、超々人気!。「チャレンジしたい!」とマサラティーのお買い上げや、「お友達にもレシピーを」と持参される。
 080223 ネパールカレー試食会 005080223 ネパールカレー試食会 007080223 ネパールカレー試食会 002

 お買い物に来られたお客様にも試食を促し、ネパール・カレーを買っていただく。
 「売り込み」が、決して目的ではありません・・・が、「純粋なネパール・カレーの美味しさを一人でも多くの人に知ってもらいたい!」の、ゆかちゃんやはるかさん、節子さんたち(わたしも)の熱い思い・・・が、今回の試食会で・・・・。
    「いつの日か、ひろーい会場で、わいわいがやがや、ネパール・カレーとマサラティーアイスクリームの試食会が出来たらいいなぁー、やりたいなぁー」と、夢を抱く。熱い思いのボランティア・サポーターのみなさん、今日はありがとうございました。

 
 
 

日記 | 18:04:21 | Trackback(0) | Comments(2)
美味しい「マスコバ糖かりんとう」
    先日、「マスコバ糖かりんとう 販売休止(3月末納品分」のお知らせが届く(ATJ・オルター・トレード・ジャパン)。お客様に人気ある「かりんとう」なので、その内容をご紹介します。

    【マスコバ糖かりんとう】
  『国産小麦と天然酵母を、昔ながらの樽に寝かせてじっくり発酵。その生地を揚げて、フィリピン・ネグロス島のマスコバ糖をからめたかりんとう』 (マスコバ糖は、砂糖をキビ(有機栽培)をまるごと搾り、時間をかけてゆっくり煮詰め、自然乾燥させた粉末状の黒砂糖・含密糖。本来砂糖キビが持っているカルシュムなどのミネラル分がそのまま含めれている)

   販売休止の背景として
  『現在、非遺伝子組み換えの主要生産地となっているオーストラリアで、大規模な旱魃による収穫の大幅な減少が起こったこと。また、最近のバイオエタノール燃料需要の高まりによって、菜種からとうもろこしへの生産を切り替える農家が出てきていることなどがある。
 代替の油の仕様を検討し、新たに提案させていただく予定ですが、時期は未定です』と。

   「食の安全」が、今大きな問題・話題になっている。私たちの胃袋は、海外におんぶに抱っこで満たされ、食糧自給率は39%と言うひどさ!。地球温暖化がますます進む中で、天災・人災で、今後の食べ物に不安を感じる。
 一方、日本の農家の家族労働報酬は、1時間あたり256円と聞く。「えっ!時給256円!!」、だれもが驚く状況。これでは、後継者なんてできるはずがない!・・・と怒る。そして、自国の小さな農家を大切にしない先進国は、他国の小さな農家をも大切にしない・・・と確信する。

 非効率でも、安心して食べれる有機栽培の米、小麦、野菜・・・・・・をと、心から願う。
 そして、バイオエタノール燃料による、多くの犠牲?・・・にも疑問を感じる。

  それで・・・美味しい「かりんとう」は入荷しました。
  そして・・・すみません。ピープル・ツリーの春物入荷が遅れています。追って日程をご連絡いたします。
 

 

日記 | 19:24:40 | Trackback(0) | Comments(0)
作り手のぬくもりが伝わる
   ここ数日、わたしは電車内でも店でも、新しい春物カタログに夢中。個人的に楽しみながら、「はっ!」と店主に引き戻る。新しい商品の発注に悩みながらも、この商品が到着するまでのドラマを、お客様にお伝えたいしたいと。でも、読んだその時は覚えているが、すぐ忘れてしまうレベルで・・・・悲しい。
 わたしは、自分が他の店で買い物をする時、店主・従業員さんが自信をもって、お客を納得させる、詳しい商品説明をされる姿に接し、いつも自分の店主としての未熟さに反省する。ぼうっーとしている時、極力カタログを勉強しようと言い聞かせる。
  
   今日は、店内を少し春の装いに・・・・ネパリさんのお洋服を並べて見ました。そして引っ越しの時期にさしかかるので、整理整頓用入り口はジュート商品です。

  080219 ネパリ・春洋服 002080219 ネパリ・春洋服 004080219 ネパリ・春洋服 006

  080219 ネパリ・春洋服 014080219 ネパリ・春洋服 009080219 ネパリ・春洋服 007

   綾織りをはじめ、手織り、手染め、手縫いのこだわり!、ネパールの服作りの生産者パートナー『マヌシ・manushi』のご紹介です。
  【マヌシは1991年に設立されたNGOで、主に絞り染めの製品を生産・販売している。代表のパドマサナ・サキャさんは、女性問題を調査するNGOの役員を務めた経験から、あらゆる問題の背景に貧困が大きく影響していることを実感し、女性たちの仕事創りのためにマヌシの発足を思い立つ。発足後にまず、両親の収入がなく、学校を続けられない少女たち15人を集めてトレーニングをはじめる。自立して仕事ができるように、手工芸の技術だけでなく、経営やマネージメント、マーケティングも教え、中にはお店をもつ女性もでる。その後、別の地域の15人の少女たちにも服の裁断、縫製指導をはじめ、今は様々な地域でそうしたプロジェクトを行っている】

   商品は一つひとつ手で丹念に作られております。
                色、柄、表情にそれぞれ違いがあります。
        それが、手作りのよさ・・・・・ぬくもりが伝わり、服から受けるオーラーではないでしょうか
      

日記 | 15:39:58 | Trackback(0) | Comments(0)
ピープル・ツリーの春夏号です
   雪がちらつく寒い土曜日。今日はピープルツリーの春夏号のご紹介です。特集は「フェアトレードで温暖化を止めよう!」。今年の「世界フェアトレード・デー」のテーマーは、「フェアトレード+エコロジー」。企業が温暖化防止に取り組むことはもちろんですが(最優先ですね)、「私たちも消費者としての取り組みを・・・・」と、温暖化防止に貢献する、『エコロジー配慮型商品』のお奨めです。
  
   オーガニックコットン=オーガニック農法は、石油原料を使用する通常の農法に比べてCO2排出量が、48~66%も少なくてすむ。
   手織り&草木染め=機械を使わず人の手だけで布を織っているから、電力不要。電力をつくることで排出されるCO2を減らす。また草木染めは、石油からつくられる化学染料の代わりに植物や鉱物なので、石油製品の加工ではいしゅつされるCO2を減らせる。
   自然食品=「バイオダイナミック(ダージリンティー)」農法は、農薬や化学肥料を使わないだけでなく、生態系との調和を最大限に活かす究極のオーガニック農法。また、ドライフルーツの原料は、農薬や化学肥料を使わず育てた果物のみ。天日で乾かすだけなので電力も使わない。
   自然素材&手作り=ジュートは光合成が旺盛で、CO2の吸収力が普通の木に比べて5-6倍も!。燃やしても有毒なガスを出さないから、廃棄後も無害。地元で豊富に採れる自然素材を使っているから、原料輸送のエネルギーが最小限。生産はすべて、電気を使わない手作業。

  080216 ピープルツリーカタログ 001080216 ピープルツリーカタログ 019080216 ピープルツリーカタログ 008

  080216 ピープルツリーカタログ 010080216 ピープルツリーカタログ 011080216 ピープルツリーカタログ 012

        080216 ピープルツリーカタログ 014080216 ピープルツリーカタログ 021

 
  生産者パートナーでは、3年前にわたしもスタディーツアーで訪問した、インド南部マデュライにあるNGOの「RTU」。 マデュライの農村部は干ばつが多く、住民の多くが最下層のカーストに属する労働者で、自分の土地を持たず、日雇い農作業の不安定な暮らし。こうした状況を改善するため、1978年にカトリック教神父のブラザー・ジェームス・キンプトンが、カルパッテイ村で地域発展のため立ち上げたプロジェクトが「RTU」のはじまり。
 診療所からスタートし、現在では学校運営、フェアトレード部門、低コストの住宅供給、孤児院を預かる里親ホームなど多岐にわたっている。

 わたしは、この里親制度のすばらしさに熱い思いを抱く。 
 【現在4つの「子ども村」に99世帯があり、、約1100人以上の子どもたちが暮らしている。ひとつの家には7~8人の子どもたちがくらし、夫をなくした女性などが母親がわりになって面倒をみている。子どもたちは、13歳まで家族として生活をした後、男女に分かれて寮に住み勉強を続けることができる。その後仕事を見つけたり、結婚するまではRTUが面倒を見続ける。
 近年、HIV感染した親の子どもが預けられるケースが増えて深刻な問題となる。RTUで暮らす子ども自身も約90人が母親から感染しており、定期的に検診や治療を受けている】

   わたしたちが訪問したとき、ジェームズ・キンプトン氏は、集団で学校へ通う子どもたちの説明。「あの子たちの多くは、HIVに感染している。此処へくるまで、母親が買春で家族の生活を支えていることが原因だ」と、悲しい顔つきを。
 そして、「子ども村」の家に招かれ、お母さん子どもたちと一緒に食事をしたり、お土産の折り紙で折り鶴を教えてあげたこと、バスで別れを惜しんだことが鮮明に浮かぶ。
 「出来れば、もう一度行きたいなぁー」の、今のわたし思い!!。

   RTUの説明に力が入りました。最後のページに『やわらかベビーミトンで洗顔』も紹介されています。
 一昨日のブログ紹介から、「あのミトンを」と、昨日、今日で4人の方が来店され、在庫がなくなり申し訳ありません。かつ申し訳ないのは、新しいカタログで、お値段が100円アップの600円で・・・、済みません。

  ネパリ・バザーロの春物は既に入荷、ピープル・ツリーは来週の週末入荷予定です。3月初旬には他のNGO団体の春物も入荷します。是非、眺めて、着て、考えて、楽しんで、春の息吹を謳歌下さい。 
 

日記 | 17:39:55 | Trackback(0) | Comments(1)
ベビーミトンでお肌がきれいに!
    この1~2週間、アチャで盛り上がっている商品、オーガニックコットンの『ベビーミトン=洗顔ミトン』のご紹介です(以前にもご紹介しましたが)。
                    080214   ミトン 002

 「角質も落としてくれ、お肌がすべすべ気分に・・・」の、POPを読まれたお客様が試され、「すごい!!、そのとおり!」と、お友達用に買いに来られる。その時来店していたお客様が、「本当ですか!」と買って試される。その後やはり「すごい!」の声。その時、その声を聞かれたお客様がまた買われる・・・と言う形なのです。昨日は、「今からお友達に会うので、3点セットにしてあげるの」と、粘土クリーム、オイル、ミトンを買われる。バレンタインチョコを買いに来られた2人のお客様(初めて出会われる)が、「一つづつ分けませんか」と、2つセットのミトンを1個づつ引き取られる。(お値段は二つセットで500円)

   「なぜ早く教えてくれなかったのよぉー」と、いつも来店される、若いあいちゃんもそのお一人。そして、その思いをメモにして持参される。
 「『私も、最初は本当にこのミトンで、お肌がツルツルになるんやろか・・・』と思いました。何はともあれ購入した晩、早速使ってみました。洗顔フォームを泡たてて顔につけ、ミトンを装着した手でクルクルと洗っていきました。・・・・・・泡を洗い流した後のお肌を触ってみると・・・・・思わず「うぉー!」と、一人で叫んでしまいました。お肌がツルツル!!。洗顔後こんな感触になったのは初めてでした。その後、洗顔が楽しくなって毎日使用しています』

   高齢ですが、わたしも使用しているので実感です。でも、「店主が進めるとお客様も断りづらいかな・・・・」と、あまり積極的に宣伝していなかったのですが、「良いものは教えてよ!」と、ミトンを買われたお客様の声に押され、かつ、お値段も手頃なので、最近は、「お客様に喜んでいただこう」と、トーンをあげての説明です。
  一度お試し下さい。  
  

日記 | 17:28:20 | Trackback(0) | Comments(3)
企業栄えて、民滅ぶ・・・・では、いけない!
    アチャに来店されるお客様は、「天神橋商店街は元気ですね」と言われる。それでも、不況の嵐は厳しく、「閉店につき50%~70%OFF]や、店の取り壊しを見るにつけ胸が痛む。商店街の役員さんの奮闘、小売・サービス業各店主のみなさんの努力は並大抵ではない。そして「繁昌亭」ができ、人並みが増えているとなれば、閉店した跡地に、大手資本は遠慮無く進出してくる。
                                             
  今朝の日経MJで、「マクドナルド今期」として、『マクドナルドの2007年12月期の連結決算は、経常利益が前の期の2.7倍の156億円となった。新商品の投入や24時間営業の店舗拡大といった施策が奏功する。今期は、戦略分野であるコーヒーの強化などをテコに、増収増益を見込み、チェーン店売上高は、外食産業で初めて5千億円の大台に乗せることを目指す』を目にする。
 
  確か最近マスコミで、『マクドナルド店長は管理職に当たらず』が、話題になっていたことを思い出す。それは「権限のない店長を管理職扱いし、残業代を支払わないのを不当」として、2年分の残業代や慰謝料などを支払うよう、東京地裁から命じられたのだ!

  さらに、2人の子どもをもつ、女性店長が過労死とも・・・・・。タイムカードに定時退社を記録させ、その後遅くまでの残業。アルバイトも人手が足りないと、熱を出ても休めず・・・・・・。

  「働く人を、人間らしい扱いもせず、企業が最高の利益を得る」・・・、何か・・・おかしい・・・のではないでしょうか。100円のコーヒー、それを作る人、運ぶ人、売る人の賃金はどうなのでしょう。そしてその味は・・・・。
 なぜ、なぜ、どうして・・・、それで良いのかなぁー・・・と思う内容でした。




     

日記 | 19:27:04 | Trackback(0) | Comments(2)
フェアトレードのものを全国に
   この冬はじめて、雪が降り続ける大阪・天神橋。見る見るうちに歩道や、郵便配達のお兄さんのカッパが白くなる。「どれだけ積もってるかな」と、店の前に何度も立って眺める。この雪で被害を受けている方もあるのに、こんな喜楽ではいけないと思いつつ、空から雪が舞い落ちる景色を眺め、子どもの頃の金沢を思い出す。
 現実に戻れば・・・・大変だ!。人の出も悪くなり、そして、夜、帰れるかなぁーとそちらも心配!。まぁーなんとかなるか・・・・と。
                                           
   先週から、バレンタイン用のチョコが動き出す。、「わたしのご褒美」、「上司」、「お友達・彼」、「父」、「甥」・・・・と、指を出して、何人、何個と数えながら選ばれるチョコ。「『わたしが、何故このチョコを選ぶのか』を、知って欲しい」の、思いがお客様たちのお顔に溢れている。その思いが通じることにも自信をもたれている。それは、何よりも「美味しい!」が一番、そして地球に優しいチョコだから。こうして、チョコを通してフェアトレードは広がる。

    「フェアトレードが広がる!」の、昨日の嬉しい出会いを・・・
 約一週間前の来店より、2回目のお客様Oさん。はじめての時はそれほどお話しできなかったのですが、最近自分ができるエコ生活をはじめられ、フェアトレードにもたどり着いたと。「そのお気持ちを、是非メモしていただけませんか。アチャ通信に紹介したいのですが・・・」と、またまたあつかましくお願いする。
 「すごーい!!」、昨日、「適当に直してね」と、原稿を持参されたのです。 
 詳しくはアチャ通信にご紹介しますが、とってもうれしかったので、その一部を・・・・

  【わたしは、地球の環境問題を知っていたはずなのに、遠くの問題として何もしていませんでした。
 しかし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 エコのHPを見ていると、私の次は有機野菜にいきました。・・・・・そして、フェアトレードにも行き当たりました。すべて完璧にすることはできませんが、今まで買った物は上手く利用し、これから買う物は、その働きに応じた価格の物を買いたいなぁと思っています。
 フェアトレードは少し高いかもしれません。でも、安くて有害な物も多くある中で、安心して、口に出来るもの、長く使えるもの、そして、地球にやさしく!、友達の誕生日プレゼントは、心を込めていいものを贈りたいです。なので、これからはフェアトレードのものを全国に贈り続けたいと思っています。】  
                                             
  Oさんは、お友達の誕生日プレゼントや、コーヒー・紅茶などを買いそろえられる。
  ありがとうございます。


          

日記 | 17:59:29 | Trackback(0) | Comments(0)
「Verda」 Vo1.22 春号です
   立春とは言え、まだまだ寒く、春の訪れが待ち遠しい。
 今日は、一足早い春!Vo1.22「ベルダ」の春号のご紹介です。コットンのニットやプリント柄、シルバー・ビーズのネックレス、アイピローのラビット君など、やさしい、可愛い新製品の登場で、春の先取りをお楽しみできます。  
  080207 ベルダ 春号 008080207 ベルダ 春号 010080207 ベルダ 春号 012

  080207 ベルダ 春号 013080207 ベルダ 春号 016080207 ベルダ 春号 017
      
           080207 ベルダ 春号 001080207 ベルダ 春号 004

  プリントの布は、この号で特集している『マハグティ(マーケティングのNGO団体)』からで、アシュアラムの小さな工房で2人の女性のプリント作品。
 「アシュラム」とは、行き場のない女性、生きる術のない女性たちに、2年間の住まいと、技術指導を無料で与え、『生きる力をつけよ』と、トゥルシ・メハール氏が開設したもので、ジャナカプールとこのカトマンズの2ヶ所にある。開設から、今日の軌道にのるまでの苦労、継続、発展の歴史を、代表者の土屋春代さんが、熱い思いで紹介されている。
 また、女性たちの暮らしでは、
    「私たちの部屋」として
  {ベットと出窓の一つづつが一人分のスペース。大勢でも、ほとんど私物がないので、お部屋がいつも広々すっきりしている。女性たちは、地域、民族、カーストがかたよらないように、28の群(地域)、様々なカースト。状況の中から、より困難な人々が集められる。}

    「私たちが大切にしていること」と称して、ネパリ・バザーロのスタッフ座談会 (写真入り)
  *生産者とお客様の橋渡し役としてのこだわり
  *商品を大切にすることは、作っている人を思うこと
  *ネパリで仕事をして変わったこと、見えてきたこと、今後の豊富
   など、生産者とネパリスタッフの熱い思いが伝わる。 

    「ネパールのこぼれ話」「お料理」など、今号もほっこり、そして元気勇気がでるカタログ「ベルダ」。もちろんお洋服もさわやかな春!、入荷しています。アクセサリーとラビット君の展示のみで、出番を待っているお洋服たちです。展示を急ぎますねぇ。
      


    

日記 | 16:16:31 | Trackback(0) | Comments(2)
日曜日、営業開始!・・・・
  2月から、日曜の定休日を月曜に振り替え、一昨日節分の3日は営業する。初っぱなの日曜日だから、ゆっくり1人で・・・、なんて思ってた所・・・・
                                            
  *朝から小雨降る中、「天満宮」の節分行事の帰りの人
  *お母さんとフェアトレードのチョコレートを求めて、中学生のお嬢さん
  *彼と結婚式の引き出物選びに来ていただいたKさん
  *八尾市からSさん
  *「今日は営業してるよねぇー」と、Sちゃん
  *「ワンワールドの帰りです」とSさん
  *「日曜日行きますねぇー」と、事前の電話。買い物とお手伝いしてくれたAちゃん
  *事前に、たくさんのカード入りラブチョコのご注文をいただき、彼と取りに見えられたOさん
 (当日聞くことが出来ず、今日お電話でチョコの配り先をOさんに聞く。Oさんは、途上国支援・国際協力に関心があり、多くの人にも知ってもらおうと、3月の結婚式に、贈り物の中に入れられると。うれしい・・・
  *「日曜日開けてるのぉ!」と、ご近所の方が
  ・・・・・・・・・・・・ みなさんの応援に感謝感謝!

   そして今日は休み明けの火曜日、曜日や時間の感覚、そしてブログの更新など・・・、少し少しとまどう。
 でも、今日もうれしい出会い・・・
  *店の近くの鍼灸学校の生徒さん(男性)が、「健康マニアの先生から、フェアトレードの事を聞いた」と、チョコなどを。生徒さん自身も自然素材を大切にされている。
  *茨木市から、高校の先生が「フェアトレードのことを生徒に教えたい、少しチョコも食べさせて・・・」と、チョコと説明書を持参される。
  *お客様のHさんが、ご両親を連れられての来店

    こうして、多くの皆様から、「フェアトレードを広げる!」の、元気をいただく。ほんまにありがとう。
 


日記 | 18:57:50 | Trackback(0) | Comments(0)
漫画キャラのトイレットペーパー
  今日から2月、昨日と変わらぬ寒さだが、「なんとなく春!」の思い・・・で、マネキンを白のセーターとピンクのマフラに着せ替える。
                     080201 白のセーター 001

   話題にすることでもないが・・・、先月25日の朝、『漫画キャラ巻き込む・トイレットぺーパー』の日経MJの記事を見て、「えっえっ!、なによぉー!、これぇー!」と、思わず3年前に行った、南インドのトイレも、トイレットペーパーも充分でない事を思い出し、すっきりしない。バタバタ1日が終わり、切り抜いておいた紙面を、今日読めば・・・、「人気漫画キャラクターのセリフや雑学などが、トイレットペーパーに印刷」され、1ロール200円~250円で、東京・秋葉原やお台場などの観光名所でお土産として売れていると。ブラック・ジャックのトイレットペーパーは、品切れするほどの売れ行きとか・・・。
 それでも、「なぜトイレットペーパーにそこまで・・・・」の思いが走る。しかし、実際の用途は、大抵、車や部屋に置いてティッシュ代わりにしているようで、「家族やお友達同士のコミニュケーションの道具に・・・」と。やっとうなづく・・・・も、「使ってしまえば、面白いセリフ印刷も、あっという間に消えるし、ずっと大事にもっているものでもないし・・・、儲かれば、なんでも有り・・・」の思いもぬぐえない。
 こうなると、「うるさいおばん!」で、「若い人からいやがられるんだろうなぁー」とも。うなづくが・・・・わたしにはすっきりしない・・・それが先進国の快適、贅沢なんだろうか。

     でもでも、『可愛い!』を欲する人は、とりわけ女性に多い。先日、オーガニックコットンのショーツ(ピープルツリー)を買われた女性が、「女の子用ショーツのような、クマちゃんのプリントをつけてほしいなぁー」の声に、おばんのわたしも「そうねぇー」とうなづく。やはり、どこかで、にっこりを求めて・・・の贅沢でしょうか。
        
           080201 白のセーター 005080201 白のセーター 010


     2月から日曜日を営業いたします(定休日は月曜日)。みなさまのお越しをお待ちしています。       

日記 | 16:43:02 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。