FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
3月の出発
    「今日から3月!もうすぐ春!・・・、わたしは、この3月、がんばらなければならないんだ!」と、改めて心する。力をいれて気負うこともないんですが、春を迎える新しいカタログの新商品の紹介・販売はもちろん、はじめて体験する、結婚式の引き出物の段取り・ラッピング、そして5月の世界フェアトレード・デーの内容を決める、今晩のボランティア・サポーターのミーティングなど、店主としての踏ん張りが求められる。更に引っ越しの踏ん張りも・・・・、でもお店が近くなることはラッキー。
 「気負わず、いつもの如く、ボランティア・サポーターのみなさんをはじめ、お客様に頼って、前に進もう!」 宜しくお願いしまーす。      

   朝、JR天満駅で3月1日発売のビックイシュウ90号を買う。「ご苦労様、ここは売れてますか」の声に、「わたしは、この1月から立っているので、日によってバラバラで、まだ安定してないのです。行ってらっしゃい」と。この寒い冬、毎日頑張っておられる姿に、逆に励まされる。

   パラパラとめくると、東京都の派遣事務、43歳の方も「すがすがしかったビックイシュウー初購入」と題して、「『ありがとうございます』と、頭を下げている販売者さんを見て、心から頑張ってほしいと思いました。いろいろな悩みを抱えて、落ち込んでいたはずなのに、 すがすがしい気持ちになれました。こちらこそ『ありがとうございました』と、言わせていただきます」と。

   ビックイシュウを購入するときだけの、短時間の話し合いが、とてもすがすがしく感じられるのは、どうも全国の購入者の共通感になっている。彼らの今日までの苦労は、わたしたちに考えられないものだと思う。「いつ、ホームレスになってもおかしくない」と、今の厳しい格差社会では、誰もが感じる。そこからはい上がっての今日の彼らの姿に、すがすがしさを与えるオーラーがでているのでは・・・・と。

   3月の出発日、本日土曜日も、暖かいお客様にも恵まれ、「よし!、がんばるぞ!」と、元気をいただく日となる。
 
 
  

スポンサーサイト



未分類 | 17:16:51 | Trackback(0) | Comments(2)