FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
お客様とワインでミニ宴
    一昨日の4年目初日、年に1~2度お顔をみせて下さる、わたしより少々年上の男性が来店される。お仕事で大阪に出てこられるので、いつも2~3つの荷物をお持ちで、入り口で「おー、やっとるか-」と、声をかけて下さる。「ハーイ、今日から4年目に入りますぅー」と、飛んで入り口へ。「そうかー、ようつぶれんと持ってたなぁー」の笑顔に、わたしも「おかげさまで、持って居ました」と笑う。彼は、昨年の冬、アルパカのネックウオーマを買われ、春に「この帽子で冬を越したでぇー」と、やはり入り口で話されてた。  
 
    おしゃれな彼は、今回も女性用の渋いピンク色の手編み帽子を買われる。そして、いつも耳の痛いことを言われる。それは、「大阪はかなわんでぇー、荷物を下においてちょっと離れると、『荷物が落ちてた』言うて持って行かれる。ぶっそうなとこやで、ほんまに・・・・、仕事できんようになるがなぁ」と。
 「きっと痛い目にあわれたのだなぁー」と察しながらも、こんなことが大阪の印象にされるって、ほんまに悲しく耳が痛い!!。「またなぁー」と、彼は元気に帰られる。
                                           
 
    昨晩、店を閉めてから、狭い店内の奧のテーブルで、3人のお客様とワインを飲みながら語り合う。この出会いは、夏の天神祭りの夜、卵エビせんべいなどをあてに、ビール一杯を飲んでおしゃべりした人たちで、ご近所のS子ちゃんとご近所で働く、YさんとUさんのOLさん。ワイン倶楽部・ワイン通のS子ちゃんが、ヌーボ解禁前、「彼女らワイン飲まないかしら、今年の美味しいワインみんなで開けないー」の、呼びかけで決まる。

 適度の冷やしたワインを持参するS子ちゃん、ワインに合うお菓子やパンを持参するYさんUさん、わたしは、おいしいチーズと、みなが持ち寄る。S子ちゃんとYさんは既にメル友で、3人ともフェアトレード大好きのお客様。S子ちゃんはご主人が単身赴任で、その間にフランス語やドイツ語を学ぶ勉強バリバリの女性。
 S子ちゃんは、「男女平等、憲法9条大事、今の政治・経済許せない!で、ママと意気投合したの」と、わたしとの出会いを説明する。そして歳が少し離れている夫は、「ウチに入ると明治憲法になるの」と。若いYさんUさんは「明治憲法?」と、疑問を投げかけながら爆笑する。

 女性、男性の自立、人間としての自立など、生き方や考え方を交流し、フェアトレードの発展などを話し合う。そして「生産者団体に行きたいねぇー」が話題になる。

  Yさんは大東市へ、Uさんは吹田市へ。そしてS子ちゃんとわたしは同じ方向に歩く。「今日はとっても楽しかった!!」のS子ちゃんの声に、「喜んでもらえて良かった」と安堵する。

 「そうだ!、4年目はお客様同士の素敵な出会いの場を提供出来ないかぁー」と・・・・・。
 既に、お店ではじめて出会った人同士が、アドレスを交換して、お食事を共にしていることも聞くし、名刺交換もされている。また、それぞれのお客様がすばらしい特技もお持ちだし・・・・・、「お互いの良いところを学び合ったり、DVD鑑賞など、本音で語る交流ができれば、素敵な出会いが広がる!!」と、昨晩のミニ宴から教えられる。
  念のため・・・・、飲むつどいばかりではありませーん・・・・・。  

スポンサーサイト



アチャのお客様 | 16:28:05 | Trackback(0) | Comments(0)