FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
子どもと貧困・・・・、立ち上がる子どもたち
         迎える3月、4月は、進学・卒業・入学・進級・・・と、子どもをはじめ、親にとっても喜びではあるが、同時に出費が多いので悩む月でもある。    
 先週末、「子どもと貧困 高学費 『 ぼくに今できること 』 」の記事を読み(しんぶん赤旗)、胸がきゅーんとなる。 

       ( ○○君は、私立高校に通う2年生で生徒会の役員をしている)
 うちは母子家庭で、本当は私学に来ちゃいけなかった。父は阪神大震災で泣くなったと聞いている。顔も名前も覚えていない。母は看護師だったので、職には困らなかったが大変だったと思う。僕は体が弱くて小学校三年生ぐらいまで、あちこち転々としていたらしい。高校はできれば公立に行きたいと思ったが成績が足りなかった。学歴社会だから、中卒と言うわけにはいかず、母は「大丈夫だよ。好きなところにいきなさい」言ってくれた。
 * 頭が悪いからと
 中学のときの成績は1か2、体調が悪くて入院したので、中一の一学期、学校に出られなくて。授業のスピードに追いつけなく、やる気もでなくなって。自分のクラスに行き場がない。
 勉強でついていけなくなると、まわりにいろいろいわれるし。クラスの人間関係も悪くて、廊下で一人の男子を泣かせたりとかしていた。いじめがいつ自分の身にふりかかるかわからない。
 基礎ができていないから応用なんてできっこない。数学なんかどうしても頭に入ってこなくて、テストは十点とか。何回やってもできず、自分の頭が悪いからだと思っていた。
 でも、中学三年のとき、いい先生にめぐりあえて、丁寧に補習をしてくれ、親身蜷なってくれて。その先生のおかげもあって、この高校にきて、初めて数学のテストで百点をとったん。うれしかった。自分もできるんだって。個人のできじゃなくて、教えあえばわかることなんだって。、今の高校にきて学ぶ。
 自分に自信ががもてるようになったし、コミニュケーションもとれるようになって、学校が楽しくなる。

 * 私立だと7倍に
 一年生のとき、先輩に話しを聞いて、公立高校と私立との学費の差を知ってびっくりする。七倍ですよ。それまで親の負担という認識はなかったけど、この金額にショックを受ける。なにかできることをしなくてはと。街頭署名とか、やろうと思えばできる。すこしづつ。
 生徒会のみんなで、学費の問題をどうアピールしたらいいか考えて、百円のハンバーガーが公立なら百円で買えるけれど、私立だと七百円かかるという説明をしている。
 出身中学に署名をお願いにいったら、先生が「がんばれよ」って。校長先生にも説明する。超緊張したけど、笑ってOKしてくれた。「学校に行けなくなる友だちをつくらない」ためがんばりたい。

          
 阪神大震災のショックから立ち上がり、母子でがんばってきたこと。 見える部分の成績1か2の評価から道を少し外す。でも母の愛と、いい先生との巡り会いから、本当の勉強のおもしろさを知る。そして、公立、私立の学費の格差を知り、母の苦労を知り、学費が払えず退学する友をつくらないと、「公私格差縮めよ」の行動に立ち上がる・・・・・・。すばらしい彼の成長に胸がきゅーんと。
  同じハンバーガーがどうして、百円と七百円なのか・・・・・。若者のアピール発想はすごい!。
 
 今の日本では、高卒という資格は、義務教育的なものではないだろうか。「勉強をしないから悪い」、「公立にいかないから悪い」・・・・・と、子どもの責任して、私学の補助金を削減し、今日の教育のあり方や、暮らしの大変さなどを理解しようとせず、ばっさり切り捨てる行政に腹がたつ。

  若ものたちの行動に心から拍手を。そして、理不尽を許さない元気な優しい心に、わたしもがんばろうと元気をもらう。

 

スポンサーサイト



日記 | 18:02:11 | Trackback(0) | Comments(2)