FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
喜び、幸せのお裾分け
  雨上がりのさわやかな土曜日を迎える。アチャもさわやかな出会いをいただく。

  昨日一番、「昨日のオーガニックコットンのシャツと、ねんどの入浴剤、とても良かったのでまた買いにきたの」と、ご近所にお住まいのママさん。子どもができないので、あきらめていたところ10数年ぶりに女の子を授かり、いま3歳になられる。が、アトピーで夜中などかゆがり、着るモノや食べ物に注意をされている。一昨日の帰り際、「粘土で、アトピー肌がきれいになる」のパンフとねんどの入浴剤のサンプルを差し上げる。そして、入浴剤を溶かしたおふろに入ることや、「あがってからも体にすり込んでね」と説明する。
 昨日の「良かった」とは、「いつものお薬よりかゆみが弱く、効いたよう。効くような気がする」と、笑顔で話される。「お母さんの効くような気がする・・・・、のその思いが子どもさんに必ず伝わりますよ!」と、わたしもなんだかうれしく、効くような気がしてくる。お父さんもいろいろお薬を探してこられると。
  「ご両親に、こんなに愛されてる子どもさん!」、ご家族の暖かさが伝わる。

  お向かいのビル内の会社で働く若いお兄さんが来店される。「以前、刺繍をした象を妹にプレゼントしてとても喜んでた。妹も手仕事をしてるのでしっかりした刺繍に驚いてた」と。そして、「結婚して名古屋にいるので、明日行くから何かお土産を」と、探される。
 ご一緒に考えながら、お気に入りの刺繍モノと山羊革モノを決められる。「素晴らしい商品に楽しめるので、ここはなんぼでも時間が入りますね」と。
 フェアトレードの商品に、妹さんに、優しいすてきなお兄さん!

           

  パレスチナのガザ地区支援に熱い思いを抱くYさん、母の日のプレゼント探しに見えられる。「主人の母は、食べ物にこだわり通販などで買ってるの。このこだわりをフェアトレードに変えるきっかけにしてみよう」と、パレスチナオリーブオイルをはじめ、マスコバ糖、ネパールカレーなどなどを揃えられる。「フェアトレードのある暮らし」のパンフも入れて下さると。
 そして、「5/17 世界フェアトレド・デーin accha」の協力券を4枚も買われ、わたしの方がびっくりする。「お友達を誘ってくる」と、うれしい声をいただく。

  「おばちゃん、来たよ!」と、3歳と5歳のSさんのお嬢さんたち。他の方と話していたので、その声が耳に入らず、お母さんが教えて下さる。「ごめんごめん、良く来てくれたねぇー」と、黒飴でごまかし誤る。やはり、母の日のプレゼント探しと。素敵なスカーフに、「わたしからぁーと、付けてぇ!」と、おねえちゃんが小さな可愛いストラップをお母さんにねだられる。

  「間に合って良かった!」と、少し離れてるOAPビルのOLさんが来て下さる。

 ***** フェアトレードに出会おう、フェアトレードを広げよう・・・・の、みなさんの暖かさが胸に染みる。

     そして今朝、いつも2人づれで来て下さるお客様がお1人で来店される。前から決められてたかのように、島模様の布バックをはずしてレジに持参される。「Hさん、このかばん欲しがってたよう。もうすぐ誕生日なのであげようかなぁ-」と。職場でのおつき合いが7年の中と。よくごいっしょに見えられるが、べたっとせず、かつ言いたいことを話せる良い感じのお友達。
 日頃の何気ない声を逃さず、びっくり喜ばせようとする技がいいですね。

    「おばあちゃん、近頃いつも同じ服を着てるから・・・・・」と、おしゃれなお洋服をプレゼントに選ばれるEちゃん。
      
  ***** お友達の、妹の、お母さんの、おばあちゃんの・・・・・・と、プレゼント品を選ばれるみなさんから、人を思いやる暖かい気持ちをいただく。わたしは、プレゼントをもらう人の喜びのお裾分けをもらっているんだろうか。
 

スポンサーサイト



アチャのお客様 | 15:34:11 | Trackback(0) | Comments(2)