FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
入荷しました!!、パレスチナオリーブオイル
   今日は朝からうれしいことが・・・・・・・・。 先日、わたしがゲストとしてよばれていた、東大阪市立男女共同参画課の「女たちの<今>と向き合う」一歩セミナー、そこに出席されていた4人の女性のみなさんが東大阪市から来て下さる。彼女たちは毎月企画される様々なセミナーに出席され、視野を広げ、ステキな出会いを広げる仲間だと。
 その時、個別にあまりお話ができなかったので、今日は子育てや、女性が働き続ける障害、そしてフェアトレードのことを話し合う。
 そして、「うん、お店・・・落ち着くわ」、「あの時のお話良かったよ。だからこうして来れたのよ」、「すてきな商品がいっぱいね」、「チョコレートの入荷はいつ頃」「あの時のノクシカタの箸ケースは」と、ネパールやバングラディシュの商品たちを引き取って下さる。
 「また来るわよ」と、うれしいお声をいただき、4人のみなさんは商店街に。
 
 4人のみなさんのお顔は懐かしく、わざわざ足を運んで来ていただいたことに胸が熱くなる。ありがとうございます。

    多くのパレスチナオリーブファンのみなさんにお待ちをいただいてる、『パレスチナ・オリーブオイル』 が昨日入荷致しました。

                090618 オリーブオイル入荷 004

 <パレスチナ・オリーブは、主にパレスチナ北部のガリラヤ地方(1948年からイスラエル領)のパレスチナ生産者団体「ガリラヤのシンディアナ」から輸入している。
 このオリーブオイルは、同じ畑で育てられ、一粒一粒手摘みされたオリーブを、低温圧搾して作られる。栽培・製造の過程で、一切の化学薬品を使わず加熱処理・ろ過処理もしていないため、味や香りはもちろん、さまざまな栄養分が損なわれずに残っている。
 イスラエル内のパレスチナ人は、二級市民(ユダヤ人の一番下)として扱われ、政治経済、教育などすべての面で様々な困難を抱えている。農業においても、助成金や水の配分の不公平、農産物市場のイスラエル企業による独占などの結果、パレスチナ人農民の収益は低い状態に置かれている。
 
 この地域で何千年も前から育てられ、人々の生活を支えてきた農産物がオリーブ。オリーブ栽培を強化し、自分たちで市場を開拓していくことによって困難な状態を変えていこう、と「ガリラヤのシンディアナ」を設立し、農業活動・教育・文化活動を行っている。
 パレスチナ人が自立し、力をつけ、すべての人々が対等に共存できる社会を作ることによって、パレスチナ問題(イスラエルによる差別と軍事占領)を解決しようとしている >    

***** ガザ支援クッキーでもお世話に生りありがとうございました。今度は、オリーブオイルやオリーブ石けんを広げたいと思います。 わたしも、オリーブオイルが品切れのため、比較的良いオリーブオイルを買いましたが、やっぱりこのパレスチナオリーブオイルが最高!!!。値段も香りも質も最高です。ちょっとの値上がりですが、小=250ccで1228円、大=500ccで1950円、どこを探してもこの値段と質は最高です!!。

***  昨夕、パレスチナ支援に熱い想いを抱かれてるYさんが来店され、「えっ!、今日入荷したってご存知だったんですか!!」と驚く。彼女も「ひょっとして・・・・・・」と。でも、びっくりされる。
 また、この間パレスチナ・ガザ攻撃が強まるのと相まって、オリーブオイルやオリーブ石けんを買って下さる(支援して下さる)方が増えていくように感じる。
 もちろん商品の魅力が一番ではあるが、わたしはお客様のパレスチナ支援の暖かさを率直に感じる。本当にありがとうございます。 

              

スポンサーサイト



商品のご紹介 | 15:24:28 | Trackback(0) | Comments(0)