FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
大切な保育所・・・・、守ろう
   3日の祭日、保母さんをされてるYさんがお子さんとパパと来店される。お買い物を済まされてから、「あのー、子どもたちを守る保育所の署名お願いできますか」と、国会請願の署名用紙を出される。わたしも若かりし頃、2人の子どもを保育所でお世話になったので、大好きで大事な保育所が軽い・悪い方向に変わることは許しがたいの思い。
     
 詳しいことはわからないが、現在の国の最低基準(諸外国と比べても低い基準)を後退させるとか。まずは、保育所面積基準の後退(部屋が狭くなる)、さらには年齢別の職員配置の後退・・・・・、こうすれば待機児問題の解消に、しいては安上がりの保育所がつくれるので、企業の参入を広げて保育をビジネスチャンスにしたいと。
 これは、前政権のたちの悪い「置き土産」とも言われている内容なので、新しい政権のもとで再度考え直してほしいとの声を結集されてる。
 
 未来を担う子どもたちの大切な保育所、かつ働く女性が(女性の持つ能力を開花させる)安心して預けられる保育所を、ビジネスチャンスに考えるなんて許せないなぁー!。
 介護保険をビジネスチャンスにしてきた現状の問題点が、まったく参考にされてないように思う。
 日本保育学会(保育にかかわる日本最大の学術研究団体)も、「国の保育責任を放棄」<異議あり>と警告している。
 わたしも、サポーターのEちゃんも快く署名する。
 Yさんは、「今日は署名でがんばってる」と話される。声をあげれない子どもたちに代わって、大人が声をあげよう。

   お向かいのマンションのT君はゼロ歳(8ケ月)、若いママも「子どもを保育所に入れて働きたい」と、いつも話される。と言うのもパパは、朝6時に出勤、帰りは早くて夜の10時、それから夜の食事。営業、しかも歩合制なのでそれだけ働かないとやっていかれないと。「いつもわたしらほったらかされで・・・・・・・、たった1日の日曜日は疲れてるし、パパの大変さはわかっているんだけど、毎日一人で子育ても大変。わたしも働かないと・・・・・」と悩みが。ウィークデーは、パパは子どの寝顔しか見れてない。

 *******
 ママの気持ちも、パパの気持ちもわかりすぎるほどわかる・・・・・・。胸が痛む。
 みんながんばってる・・・・・、安心して子どもを産み、育てる環境づくりは、子ども手当と合わせて急がれる。これ以上子育て環境の改悪をしないでほしい!!。

スポンサーサイト



アチャのお客様 | 16:31:46 | Trackback(0) | Comments(0)