FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
かわいい「アペロカード」
    一昨日の箕面市のTさんの来店をいただく。甥っ子さんをはじめ、クリスマスのプレゼントを6人分決められる。「前日からカタログをみて、楽しみながらほぼ品を決めてるんだけど、お店に来てまた探す楽しみ、まるで宝物を探すようで楽しい!、今年は甥っ子が結婚するのでその彼女にもあげようかな。みんなが集まる時、プレゼントのない人がいると寂しいでしょ。家族が増えるっていいよね。」と。 

 「○○ちゃんにはこれ、○○ちゃんにはこれ・・・・」と、その人を思いながら、フェアトレード商品からプレゼントを決められる。とても楽しそうに探される。ラッピングした商品をまた楽しそうに、愛しくみてくださる。
 
  こうして、いつもわたしは楽しみや幸せをわけていただく店主冥利につきる。 
  「ここへ来て、この商店街を楽しむことも覚えました。古本屋さんもあるしね・・・・」とTさん。
  商店街からお客様をいただくだけでなく、「フェアトレード店もこの商店街に必要なお店!」。 

    今日は、「アぺロカード」のご紹介です。クリスマスカードやお誕生日カードの他にも使えます。とっても可愛いので、手に取れば、「あの人に、この方に・・・・・、ほっこりしてもらおうかな」と心誘われます。

       
  ~アペロカードとは~
フィリピンの首都マニラにあるパサイ市のアペロクルスという都市貧困地区。
住民の多くは、地方の貧しい農村や漁村からやって来た人々。
そこでは、畳3枚に10人程の人が暮らす家族がたくさんいます。
安定した仕事に就けず、人々の収入は低く、多くの子供達が教育を受けたくても受けられない状況です。
多くの人が、悪臭にまみれながら、スカベンジャー(ごみ拾いで生計を立てる人)として暮らしています。
そんなスラムに芽生えた一筋の希望。
前向きに生きようとするお母さん達と日本のNPOによって作り上げてきたのが
生産者団体「MASIKAP」のグリーティングカードづくりの生計援助プログラムです。
生産者はカードを1枚生産することにより、お米1㎏を買える対価を受け取ることができます。
当プログラムが始まった当初は日本サイドからデザインしたものを作るのがやっとだったお母さん達も
今では自分達自らデザインや材料選びまでできるまでに成長されたそうです。(シサム工房)

    2009_1124クリスマスカード・シ0003  2009_1124クリスマスカード・シ0005
    2009_1124クリスマスカード・シ0007  2009_1124クリスマスカード・シ0009
    2009_1124クリスマスカード・シ0011  2009_1124クリスマスカード・シ0013
                    2009_1124クリスマスカード・シ0014

  先日、摂津市からいつも来ていただくFさんが、カードに一目ぼれされて購入され、後日メールが届く。

       今日買ったクリスマスカードの裏にシールが貼ってあるのですが、
      作った人の直筆サインが書かれているのを知っていました?
      カードがさらに愛おしくなりました(*^_^*)  

  カードを見るだけでも顔がほころびます。一度ご覧下さい。 
  こんな可愛いカードが、世界中の子どもたちに届いたらどんなに素敵でしょう・・・・・・・。                





スポンサーサイト



商品のご紹介 | 13:05:17 | Trackback(0) | Comments(0)