FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
5年目へ・・・ミニ・リニュアル
   4年前の12月2日、明日がアチャの開店日になる。4年前の今日は、「オープンできるうやろか」と、ごった返しをしていたことが懐かしく思い出される。あれから4年!、「多くの方に本当に助けていただき、ここまでこれたんだなぁー」と、つくづく「出会い」、「助け合う」フェアトレードの素晴らしさをかみしめる。と同時に身が引き締まる。「みなさま、大変大変お世話になりました。これからもお世話になりますが宜しくお願いいたします」。

    一昨日の日曜日、えみちゃんに1日店長をお願いして、わたしはキャンバスプラザ京都で開催された、「フェアトレードの現在:日本・世界の最新事情」の公開講演会に参加する。関西で、「フェアトレード研究者の有名な先生のお話しを聞ける!」と、わたしには嬉しい機会。学生気分で久しぶりに3時間、フェアトレードの突っ込んだお話、質疑
を聞き新たな知識を得る。「お客様に質問されても、少し応えられるかな」とありがたい。

 「日本におけるフェアトレードの普及」の最後の「消費者の問題」で、先生が指摘された「ソーシル消費・公共性への理解の問題」では、少し残念と言うかびっくり。
 
  「『日常の中で社会的なこと、例えばフェアトレードとか子どもの権利のことなどを話題にしている』、とのデーターによると、欧米では7~8割、日本は中国より低く7%だと。これは日本の教育の責任が大きい。社会性のある消費者になりうるのか疑問が・・・」と。でも、先生は「女性が変えていく大きな力を持つ」と・・・・。

 「世界フェアトレード機構(WFTO)の新認証システム」を中心に、世界・アジア・日本の現状や課題など、脳の容量を超える学びでしたが、これまでの浅い知識が整理されるようで充実する。
 
                                                    
 昨日の定休日は休まず、5年目に向かってのミニ・リニュアルをする。朝から規美子さん、久子さん、そして新しくMさんの応援、午後はゆみちゃんも応援など、ひとえに応援団の奮闘につきる。Mさんは、以前ブログでご紹介したオーダー家具の職場で働く職人さん、けれど昨秋より暇で親会社も含めて受注がなく、この11月でやむなく退職される。そのMさんのお友達Sさん(お2人とも女性)は、家具作りのオーナーさん。それでも木工のアルバイトをされながら営業されてる。今回のミニ・リニュアルの棚や椅子は、Sさんを中心にMさんもお手伝いされて出来上がったもの。

 Sさんは、見積もりの段階から「買われる方が安いですよ」と念を押されてる。フェアトレードのわたしが「安けりゃ良い」ではいけません。狭い場所にピッタリ、かつ手作り溢れ、心溢れる棚や椅子たちに、わたしたちは大満足!!。早速小物の商品を中心に並び替え、「良くなった!、良くなった!」と、身内で喜びあう。

  2009_1201リニュアル 店内0003 2009_1201リニュアル 店内0007
   2009_1201リニュアル 店内0004 2009_1201リニュアル 店内0006


 夜、店に忘れ物をしたので取りにくる。またリニュアルした部分を愛しくながめる。
 
 Fさんから頂いた1日店長さんへの嬉しいメールも、えみちゃんに転送しながら・・・・・・・

     今日は、年賀状用に手漉きのはがきを・・・とアチャさんへ
    店内にあじちさんの姿はなく、かわりにレジ前には今日の1日店長さん
    かざらず、つくろわず、ありのままのなんて気持ちのいいひと
    最近購入した小さなパソコンを入れるためのすてきな手さげかばんにもめぐりあう
    一緒に行った相方は「ここで買い物すると、自分の払ったお金がちゃんと誰かのところへ
届くことが実感できてうれしい」・・・だって
    帰宅して、買ってきたチョコを食べて・・・今日はアチャに行ってほんまによかったわ~
    明日からまたがんばろう

   みなさま、ありがとうございます。                

 






 
 

スポンサーサイト



日記 | 16:47:49 | Trackback(0) | Comments(4)