FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
5周年記念 ネパールスタディーツアー 第一回お話会
  ご近所の出店やさんと、「来年もまた宜しく」のあいさつを交わし、3日間の戎さんが終わる。商店街や出店やさんのお話を聞くと、今年は人でも少なくなり、懐も冷えている感じがしたなぁー」と。わたしもそんな感じを受けるが、3日間の堀川戎さんのおかげで、フェアトレードの広がりをいただいているので、次の定休日は「お礼参りにいかなくちゃ」。

    「毎年、何か買ってるのよ」、「こんなお店があったんですね」、「以前から気にしてたんです」、「場所がわからず、戎さんで通ったら此処にお店があって・・・、よかったわ。戎さんの引き合わせね」、「良いことじゃない!」、「いやぁー、今日は夜もしてるのぉ!」・・・・・と、多くのお客様から嬉しい声をかけていただく。ありがとうございます。
            『来年もまたお会いしましょう。お顔を見せて下さいね』

  アチャの昨日はさらに欲張り、お店の前では「ねん土の手浴」体験の実施、そして店内では、「Accha 5周年記念企画ネパールスタディーツアー」の第一回のお話会を開く。お話会は、ツアー参加予定者の方をはじめ、迷い中の方、ネパリ・バザーロから見えられる、高橋百合香さんのお話を聞きに来られた方など、狭い店内に8名のみなさんが集う。

 高橋さんは
 「代表の土屋春代さんから、『ネパールは大変なところ!』」と、驚かせて来るようにと切り出され、治安の悪さに合わせてストライキも多く、その時は人が走るリキシャしか動かないので飛行機などの時間変更もあり。かつ、停電、水不足が日常で、宿泊のホテルではなんとか普通のくらしができると。
 そんな中で、生産者のみなさんのがんばりや苦労など、パソコンの写真を見ながら現地の状況を知る。
 停電で足踏みミシンが使えず、糸のぬい目や汚れに対する不安、昼夜関係なく、仕事は電気がきたときにしか出来ない異常な暮らし、また、飲む水も足りない中で、水をたっぷり必要とする草木染めへの矛盾や悩み、しかし、日本の市場に求められる商品の品質には、一寸の手抜きも許されない・・・・・、などなど、生産者に寄り添いながら、商品の完成に責任を持つネパリ・バザーロのみなさんの苦労が胸にしみる。そして、改めて商品が完成するまでの物語に胸を熱くする。
 
              2010_0111ネパリ お話かい0003

 わたしはお客様の接客もあり、聞き逃したお話も多々ですが、みなさん首を振ってうなづきながら、質問や疑問を出し合って交流を深める。
 「仕事が休めるかな?」、「費用が足りるかな?(23万円前後でしょうか)」、「やっぱり休みだね」・・・・など言いながら、高橋さんからの忠告である、「ネパールの実情や生産者団体など、すべて収録されているカタログ」の読み返しをお互いに確認する。
 
 4月の10日(土曜日)から約一週間の予定ですが、サポーターのみなさんと早急に詳細を決めるように致します。ツアー参加ご希望の方はアチャまでご連絡ください。ネパールの気候は、現在はとても寒く2月中旬から暑くなり、訪問する4月上旬は日本の夏位。5、6月はむしむし暑く、7、8月が雨季に入るとのことです。
 
 


スポンサーサイト



お知らせ | 14:14:03 | Trackback(0) | Comments(0)