FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
バレンタインはフェアトレードのチョコレートを
  新年の華やかな「福袋」商戦が終わり、セール販売も通常かしつつある中で、街はいよいよ「バレンタイン」商戦にさしかかる。これは負けられない!!。一度食べると忘れられないフェアトレードのチョコレート、人に環境にやさしいフェアトレードチョコレートの出番。
 わたしがフェアトレードに出会ったのもチョコレート。「チョコレートを食べたこともない西アフリカの子どもたちが、低賃金でカカオ豆農場で働いている。学校にもいけない。子どもは低賃金のため、人身売買も横行・・・・」。甘くておいしいチョコレートの背景を知り、カルチャーショックを受ける。

 今日は第3世界ショップ(珈琲豆チョコやクランベリーチョコ、ウインターチョコ、ココナッツチョコなど)のカードメモのご紹介です。
   作り手の情熱と笑顔がつまった 第3世界ショップのチョコレート
 「 豊かなカカオの風味が自慢の第3世界ショップのチョコレート。主にドミニカ共和国で有機栽培されたカカオ豆を使っています。以前は、カカオ農家はカカオを粗放栽培しており、仲買人のトラックが通るとその場でカカオを売って現金を得ていました。それでは、カカオの品質も収入も安定しません。そこで、スイスのチョコレート生産者は、カカオ農家と協働プロジェクトを始め、有機栽培の指導や加工施設の建設など、高品質のカカオ作りに取り組みました。
 その結果、品質の高いカカオを安定して栽培できるようになりました。それに伴って、カカオ農家の収入も安定し、学校を作るなどコミュニティ全体の利益にも貢献しています。
 カカオ農家の人々の中に、「自分たちのことは、自分でできるんだ」という誇りもまれています。
 作り手の情熱と、笑顔がたっぷりつまったチョコレート。じっくり味わってみてください 」

  この時期の「愛」は、恋人だけでなく、お友達や家族、お世話になっている人へのプレゼント、またこの時期だから自分もたっぷり「おいしいチョコを」・・・などですよね。
 フェアトレードのチョコはおいしいので、「ついつい人にあげたくなる」、「喜んでもらいたくなる」、「知ってほしい」、「広げたい」と、熱い想いを抱かれて来店して下さるお客様たちに感謝申し上げます。

 ***** バレンタインのこの時期、チョコレートに小物をプラスして、喜びを膨らませるプレゼント品に組み合わせしてみました。フェアトレードチョコレートの特徴を記したアチャのミニカードも準備しています。

      2010_0122バレンタインチョコ0002  2010_0122バレンタインチョコ0003
      2010_0122バレンタインチョコ0004  2010_0122バレンタインチョコ0007
      2010_0122バレンタインチョコ0008  2010_0122バレンタインチョコ0010

  シンプルな麻ひもリボンにアチャのバレンタインカードでラッピング。「
  「食べる人においしさを、作る人にやさしさを」  今年もフェアトレードのチョコレートを宜しくお願いいたします。

 

スポンサーサイト



商品のご紹介 | 13:39:28 | Trackback(0) | Comments(4)