FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
チョコレート・・・・
   2月も中旬にさしかかり、肌寒い冬日とは言えお日様の輝きに春を感じる。
 一昨日の夜のNHKテレビニュースで、短時間だったがフェアトレードのチョコレートも含めながら、バレンタインのチョコレートのことが紹介されている。

<カカオ生産者>
 コートジボワールでは、年間120万トン国民の35%がカカオで生計をたてている。南部の○○○地域では、2へクタールを14歳の子どもたちに支えられている。2003年、欧米のメディアで児童労働の問題が取り上げられ(90年代から既に指摘されているが)、カカオ輸入ストップの事態に発展する。それでも、今日半数の子どもたちが学校に通えずカカオの生産に携わっている。政府は児童労働の監視強化に乗り出す。・・・・・・・・・・・・・のような報道だったと思う。

 カカオ豆の価格が先進国の穀物商社に握られていることが、児童労働につながっているのでは?・・・・・と。
おいしいチョコレートが、愛を持ってさしあげるチョコレートが、誰かの犠牲の上に成り立つとしたら悲しい。マスメディアで、もっともっと取り上げてほしいもの。たまたま観たテレビニュースに、ニッコリする。

  さて、バレンタイン商戦も終わりを迎える。ここ1~2日・・・・・・
* 「職場で分けてもらったチョコレートを食べたら、とてもおいしかったので」と、彼にあげるチョコレート買いのご来店を。
* 「月曜日お休みだったのね。チョコレートはフェアトレードね」と、松原市から、東淀川区からのご来店。
* 「足りなかったので・・・・」と、数人の方が追加のためのご来店。
* 「うちの職場は女性が多いので、男性はチョコレートをたくさんもらうから、わたしは違うものを・・・・」と、コーヒーを一袋づつと、フェアトレードのメッセージを入れられる。
* 「この際、女性のお友達にもあげるの」と。
* 「わたしもしっかり食べよう」と。
*  チョコレートの前で、指で数えながら、数セットのセットを。
* 「家でやりますから、袋とメッセージカードいただけますか」と15枚のチョコ。

***** ありがとうございます。フェアトレードチョコが、プレゼントが、ここ数日全国に羽ばたいています。
『 児童労働はダメ!!』、『 儲けに儲け、ではなく、儲けを少し緩めて、子どもの権利を守ろう!! 』と、声をあげよう。
 

スポンサーサイト



アチャのお客様 | 12:43:53 | Trackback(0) | Comments(0)