■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
4・25 アースデイ・はまでら公園へ
  3月もあと一日、いよいよ4月!、春本番がやってくる。日々の取り組みや月々の計画を追いかけ、バタバタしているうちに日は過ぎ、やり残したことを悔いる。「まっ、良いか・・・・、歳だし、やれる範囲で・・・・」と、すぐ自己に甘くなるも、忙しく楽しい日々であることに感謝感謝。

 一昨日の日曜日、4月25日(日)堺市・はまでら公園で開催計画されている「2010アースディ」の出店説明会に出向く。
■「アースディ@はまでらこうえん」実行委員会の呼びかけでは
 <アースディ(地球の日)は、1970年4月22日にアメリカで始まった環境ムーブメント。当時、ウイスコンシン州選出の上院議員だったG・ネルソン氏は、環境に関して多くの人に関心を持ってもらうため、全米学生自治会長のデニス・ヘイズ氏に考えを伝え、全米にアースディを呼びかける。今では、全世界で4月22日を中心にアースデイが開催されている。2001年から開催の東京アースディ@代々木公園は、既に毎年恒例となっており、ゴミゼロイベントとして有名。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2回目となった昨年度は風雨の中にもかかわらず、多くの来場者で会場はおおいに盛り上がり、西日本最大のアースディであることを実証し、地球環境に関心を持つ方々の熱い想いを再確認した日になる。この繋がりを継続していくことで、大人も子どもも地球環境を意識し、環境に優しい暮らしを選択するようになることを切に願う。>

 ライブ、ワークショップ、ママの広場(布おむつ+おむつなしの育児座談会)、子どもの広場(紙芝居、人形劇、みんなでチンドン屋、はだしで遊ぼう、などいっぱいよ!)、グル、ナチュラルアースマーケットがなんと100店舗以上(アチャも出店でーす!)。
 そして「フェアトレードのTALA LIVE」は、ピープル・ツリー広報マネージャーの小野倫子さん、フェアトレード・サマサマ事務局長の小吹岳志さん、Accha店長のわたしでーす。


 実行委員会からお誘いを受けた当初は、「小さい規模の当店などでは無理だなぁ」とお断りをしていたのですが、「サポーターの力を借りれる今日、がんばり時だよ」のご意見や、「やるでぇー!」のサポーターのみなさんに背中を押していただきの決断。そして説明会の参加と言うことに。

 子どもさんからお年寄りのみなさんが集い、資源、エネルギー、環境、そして地球の在り方などを、聞く、見る、遊ぶ、食べる、学ぶ、楽しむが合体されたイベントかな。
 みなさーん是非お越しくださーい!!!

■そして日曜日、午後3:30からネパールスタディーツアーの打ち合わせをもつ。ネパリ・バザーロさんからいただいたツアーメニューを前に、「このお洋服はどこの生産者さん?」、「うれしぃ!、サヌ・バイさんも行けるの。ブローチ、ブローチ」、「ネパールの新年ってどんなだろう(14日がネパールの新年と)」・・・・・・・と、話に花を咲かせながら、「報告会までがんばろう」と腹を固め合う。

■そして昨日の定休日、月末の雑用をすませ、お客様からいただいたチケットを手に、大阪歴史博物館で開催の「チベット」展に行く。11世紀頃からのネパールにもまたがる偉大な仏像(チベット医学、装飾品、楽器)などの美術・文化の名品に感動する。忙しい日々の中で心が休まり落ち着く。それにしてもすごい名品!!!。それにしても・・・・、その時代、その時、庶民はどんな暮らしをしていたんだろうと、ふと考える。

スポンサーサイト
お知らせ | 15:32:12 | Trackback(0) | Comments(2)
幸せな商品たち
  朝からお日様が顔をだす。寺町通りの桜も咲きだし、他所のお庭の植木・花、道の隅っこに咲いている野の草・小花など、春の輝きを見せてくれる。まだ少し肌寒いが、この界隈も土・日はお花見で賑わうのかな。

  先日、「『女性のひろば』で知ったわ」と、お電話をいただいてた0さんが豊中市から来て下さる。電話のとき「小物がたくさんいるの。あるかしら」とお聞きしていたので、「お気に入りの商品が
そろうかな」と少し不安だったが・・・・・バッチシ!。
 
 0さんは1年前に娘さんを亡くされ、この4月に一周忌の法事をされる。娘さん亡き後、体調を崩され1年間すっきりしない日々を過ごされ、やっと元気になられたと。その間、娘さんや0さんのお友達から、命日などにお花やお供えをたくさんいただき、「調度1年、お世話になった方々にお礼をしたい」と、考えられていた矢先のフェアトレードアチャとの出会い。

 「ポチとタマ」のアイピローや、ノクシカタのタペストリー、ミラー刺繍のメガネケースなどなど揃えて下さる。0さんご自身も布が大好きで手作りをされるようで、温もりあふれる手作りの商品たちに、「凄い!」と、愛しく迎えて下さる。
 どの商品・作品たちも、0さんが心を込めてのお返し品となる。そして、その0さんを励まされた優しい人たちに引き取られ、さらに幸せな商品・作品になるでしょう。

 プレゼントや記念品は、作る人、売る人、買う人、もらう人・・・・と、いろんな出会いの中で物語を作る。
 ドラマある商品・作品を扱えることに感謝する。

 
 

アチャのお客様 | 14:42:00 | Trackback(0) | Comments(0)
臨時休業のお知らせ(4/8~4/16)
   
    4月8日(木)~4月16日(金)までの9日間、お店を臨時休業とさせていただきます。
  
   アチャ誕生5周年行事の一つと致しまして、ネパールスタディーツアーにまいります。ボランティア・サポーターさん2名、常連のお客様1名、店主のわたしと4名の参加です。ネパール・カトマンズで、ネパリ・バザーロさんのみなさまと合流して、生産者団体を数日かけて訪問をさせていただきます。
 
 少し長期の休業となりますが、どうぞご勝手をお許しください。
 コーヒー、紅茶、チョコレートなどの食品や、石けん、ねんど化粧品など、日常品は4月初め、または16日以降にお買い求めいただきますようお願い申し上げます。

 尚、報告会と致しまして 「世界フェアトレード・デー in accha」 を
      5月22日(土)PM1:30より イシカワビル地下会議室 で開催いたします。
      当日はミニライブも予定してます。
      是非のお越しをお待ちしてます。

お知らせ | 17:19:09 | Trackback(0) | Comments(0)
街のお店屋さんを大切に
  梅雨の如く、夜中もお昼も雨がしとしと降る。雪の地域もあるようだが、大阪もまた冬に戻ったかのよう肌寒く暖房と縁が切れない。雨は大切!・・・・でも、商店街でも人通りが少なくなるので「暇だね」とお店屋さんとつぶやき合う。

 昨日読んだ、「スクール・ニューディル構想の趣旨生かし 『地域電器店の仕事確保』」を思い出す(全国商工新聞)。「安売り」が当たり前となっている家電業界のことなんですが、地上デジタルテレビを学校に導入する地テレビの落札が、大手家電量販店や事務機器卸の商社がほとんどだと。

東京都電機商業組合の関山理事長さんは、「大きな生産者への怒りと、政治の責任」などを語っておられる。
 ***** スクール・ニューディール構想は、『中小企業の受注機会の増大に努め・・・、地域の活性化に資する』ということで取り組まれているもの。各地の入札結果を聞くと、この精神とかけ離れてる。それでも地域の電器店や組合が頑張って落札しているところもある。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。地域の店に仕事が回れば、地域経済も活性化する。何よりもアフターサービスやアフターケアーが量販店とは違う。「売る」だけではない「人と人のつながり」が地域の店にはある。が、いま地域の電器店は疲弊している。後継者難もあるが、最大の問題は、大手量販店と地域電器店に対する仕入額の差別です。大量に家電を仕入れる大手量販店の安売りはとどまることはないが、、地域の電器店は100万円以上の仕入れをしなければ、メーカーのセールスマンもカタログも来ない。弱者が切り捨てられている。実は組合員の7割がそういう人たち。
 今や、家電製品の市場流通価格を決定しているのはメーカーではなく大手量販店。量販店と契約している家電の設置業者の工事金額も低く抑えられていると。この点では政治の責任が大きい。組合では何度も公正取引委員会(公取委)に訴えるが、「調査したが該当しない」の一言だけであきれ果てる。
 
 業界のあり方も問われる。「壊れているが直せない」や「新製品を買った方が安い」(デジタル化しているから修理の方が高くつく)でなく、ものによって部品があれば簡単に直す技術の磨きなど、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。地域に根づいた電器店をどう作り上げるか、その一つが高齢化社会の中における地域電器店の役割があると考える。
 例えば、NHKの受信料免除の申し込み件数は都内で5万6000件。このう地デジ移行の工事が終わったのは549件に過ぎず、弱者のところに光が当たっていない。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 わたしも共感する・・・・、わたしは地上デジタル化そのものが弱者を泣かせ、メーカーや量販店の儲けのため・・・・としか思えないレベル。町の電器屋さんに仕事がまわり、かつ、地デジ移行がどの家庭にもいきわたることを願う。

 ご近所の電器店さんで買った店で使っている掃除機が壊れた。と言っても掃除機は使えるんだが、「切」が作動しないだけ。その電器店さんは数ヶ月前に店を閉められたので、修理に持っていくところがない。さりとて掃除機は動く、「もったいない」ので根元の電源で調節している。が、やはり面倒。聞く話に寄れば、もう一軒ある電器店も近々閉められると。「工事がめっきり減った」と聞く。
 「掃除機をどうしよう・・・」と、ためらいながらも壊れた掃除機を使っている。電器店の大変な現状に胸が痛む。

 また、先日ご近所の化粧品店さんからも「えっ!」と驚く話を聞く。「この4月から、資生堂化粧品がリベートを大幅にダウンするの通知。いやなら商品を仕入れてもらわなくてもいいと。小さい店とは取り引きしないと言うことよ。うちは家賃がないからやっていけるけど、家賃なんか払ってたらとっくにつぶれてるわ」と。今でも20~30%OFで売られてるのに・・・・・・。

 家族ぐるみで一生懸命がんばる、小さなお店がつぶれていく社会でいいんでしょうか。元気な商店街と言われている天神橋商店街でもみな大変!。お客さまも賃金ダウン、時給ダウンで苦しまれてる。みんなで声をあげる時期です!!
 
 

日記 | 12:20:09 | Trackback(0) | Comments(0)
プレゼントへの熱い想い・・・・・
   例年より1週間ばかり早めと、桜の開花宣言が各地で発表される。この界隈にも桜が咲き始め、白い花のこぶしは、「その前にわたしたち・・・」と満開をみせくれてる。見る人を癒してくれる春の花や草、でも植物たちも例年通りの気候がいいだろうなぁーと。

  3月の年度末に向って退職や職場内の移動もちらほらで、お世話になった方へのプレゼントを求めてお客様が来店して下さる。
 先日、シンポジウムでコーディネーターをされた宝塚市のMさん。先日の出店で買われた「ポチとタマ」のアイピローを求めて来て下さる。「目に良し、飾って良し、フェアトレード貢献で良しと3拍子揃うよ」お褒めをいただく。退職時に手渡すプレゼントを、ポチとタマ16匹(少し足りずにすみません)と、アチャの宣伝チラシを入れて完成。アチャの人気・ラップパンツも一目ぼれで連れて下さる。

 同じく、シンポジウムで司会をされたFさん。部署移動でお別れの彼女へのプレゼント。自らが手作りをされる方なので、手作りポーチなどで喜んでいただこうと決定。

 転職で東京へいかれる彼女へのプレゼント。「自分にもプレゼント」と、お揃いのブレスレットを。

 定年退職される先輩に、みなで出し合ってのプレゼントを代表して買いに見えられるNさん。コーヒー、紅茶、チョコレート、クッキー、バンダナ、香り付ハンキング・ポニーをセットされる。

 お世話になった人へのお礼に、色とりどりのビーズを小さな箱に詰めてと、カスピ貝のオーナメントを決められる。

 「あの人に何にしよう」、「これだったら、きっと喜んでもらえる」、「フェアトレードの商品だから、より喜んでくれる」、「フェアトレードの商品の良さをわかってもらえる・わかってほしい」、「この機会に、フェアトレードを知ってもらおう・知らせよう」・・・・・・、みなさんのフェアトレードへの熱い思いが伝わる。店主も熱い思いになる。『作る・売る・買う』のすばらしいあり方ではないでしょうか。


アチャのお客様 | 15:45:22 | Trackback(0) | Comments(0)
ミニ指人形動物園など
   子どもたちの大好きな春休みがはじまる。わたしは子ども時代、勉強が苦手だったので、宿題がなく遊びに集中できる「春休み」・・・・、それはそれはうれしかった。この3連休、お天気の不安も言われているが、どの子どもたちも楽しく元気に過ごしてほしいと願う。

    今日は小さなお子さんに可愛いすてきなグッズのご紹介です。
 ジュート○×ゲーム てんとう虫と蜂
 ○×ゲームを、かわいらしいてんとう虫対ミツバチで、子どもから大人まで一緒に楽しめます。2800円

 ミニ指人形動物園
 うさぎをしまうポケットには人参がアップリケされているなど、ケースも凝った指人形せっとです。フクロウ、ライオン、象、うさぎ、カエル、ワニの6種類。動物みんな直して小さく巻けるので、お出かけ時にカバンに入れて、子どもさんがぐずついた時など重宝です。2800円

 遊べる絵本バック
 窓の中には何が隠れている?、象さんのお鼻は?、リンゴの中には何がいる?、など大人も一緒に楽しめて、お出かけにも携帯できる布絵本です。3200円

     2010_0320子どもグッズ0005  2010_0320子どもグッズ0006
     2010_0320子どもグッズ0008  2010_0320子どもグッズ0012
     2010_0320子どもグッズ0013  2010_0320子どもグッズ0014
      
***** 指人形では
 「ほんもののカエルさんはね、象さんより小さいよね、でもこの指人形のカエルさんは、大きな象さんと同じ大きさ!。すごいでしょう!!。今日はね、虫さんも鳥さんも、つよーい象さんやライオンさんもいっしょに遊ぶんよ。
 何してあそぼかなぁー・・・・・・・・・・・・・・・」

 病院での待ち時間や電車内など、お子さんと一緒に自分だけのお話を作って楽しんでください。
 プレゼントにもすてきです!。



商品のご紹介 | 12:56:56 | Trackback(0) | Comments(0)
書き損じはがきや切手のお礼と、一言・・・・。
   先日、数人のお客さまからいただいた「書き損じはがき」などシャプラニール=市民による海外協力の会に郵送する。本日その報告とお例が届きました。
■寄付内容
  ・書き損じはがき      3690円
  ・使用済切手      536.25円
  ・未使用切手        3340円
  ・使用済テレカ      115.5円
  ・使用済プリペイカード    0.8円
    合計寄付額    7682.55円

■いただいたご寄付で次のような活動を行っています
 書き損じはがき5枚(200円相当)やCD3枚(200円相当)でできること

・ネパールで働く子ども1人が8日間、学校へ通うことができる。
 ・バングラディシュのストリートチルドレンのための青空学級が1日運営できる。

 はがきや切手を寄せていただいたみなさま「本当にありがとうございました」。失礼ではございますが、ブログからのお礼とさせていただきます。ありがとうございました。

                                        
 昨日のお昼休み、ご近所で働くOLさんがカタログを片手に来店され、カタログに出ているお洋服を確認して買って下さる。そして「今日の夕方、三重から妹が来るの。お店の閉店時間すれすれなんだけど・・・・・・・」と話される。「今日はネパール行きの相談もあるので、夜遅くまで居ますよ」の声に「ありがとうございます」とニッコリ。
 閉店少し前に、妹さんとお姉さんが来店される。三重県に移られた妹さんは、既にフェアトレードを支援されている。近くにお店がないので、お姉さんの近くの当店・アチャへ、そして夜はお2人でゆっくりされると。妹さんもお気に入りのお洋服(インド、ネパール、バングラディシュ)を数枚並べて試案を。
「バングラディシュの方が貧しいんかな・・・・」、「インドかな・・・」、「バングラの方と違う」、「でも、こっちの方が(インド)が好きだしな」、「3枚は買われへんし」と、お2人の会話が聞こえる。そして、「3枚欲しいけど、今の現状では無理、でもせっかく来たんやから2枚買おう」と。

 夜、夕食をしながら朝日新聞夕刊の連載「釜ケ崎友情」を読み、夕方のお姉さんと妹さんの会話をはじめ、アチャのお客様のことを思い出す。
「不安定な労働は、いまや釜ケ崎だけの話ではない。社会が『総釜ケ崎化』している。若者たちは、大人がつくった正規、非正規の枠組みの中で自分を追い詰めている。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。自分が厳しい環境なのに、どうして他人を思いやることができるのか。それが、痛みを知っているからこそなんだ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

 「貧しい国の方の洋服を優先したいが、好きな方のお洋服を買う」妹さん
 Aさんもバイトを3つしながらも、フェアトレードが好き
 Nさんは夜勤が続く中で、お母さんの介護を。そしてフェアトレードが好き
 派遣で何の保障もなく働くBさん
 残業手当もなく働くFさん

 みんなみんな貧しい中で、せーいっぱい生きている。そしてフェアトレードを応援して下さる。
 いつも思う。
 みんなみんな人を思いやる優しさを持ってる。それは、自分が大変だから・・・・もっと大変な人のことを思ってフェアトレードを応援するんだなぁーと。その心、気持ちに「がんばろう!」をいただく。

 

    

日記 | 13:53:37 | Trackback(0) | Comments(0)
労働者の権利~学生たちの圧勝~
 雨がふり、風が吹き、お日様がのぞき・・・・・、こうして春がじわじわ近付く。でも、この春は何か寂しくも感じる。「貧乏でも生きる希望がもてる社会、少しぼけても、障害があっても、お年寄りや子どもたち、そして若者が笑顔で迎える春にならないかなぁー」とつくづく思う昨今です。

そんなとき、「NI JAPAN NO.117」号 世界のニュースから、「労働者の権利 『学生たちの圧勝』」と元気な記事に出会う。

2009年11月15日は、労働者の権利にとって歴史的な日になるだろう。過去最大級の学生ボイコットにより、大学で商品を展開している米国の衣料品企業、フルーツオブザルームは、閉鎖したホンジュラスの工場の操業を再開し、解雇した1200人の従業員を復職させ、さらには250万ドルの補償金支払いと労働組合権の復活も約束した。
 組合活動を理由に、フルーツオブザルームがその工場を閉鎖すると聞いた学生たちは、取り引きを停止するよう米国、カナダ、英国の大学を説得した。ホンジュラスの工場のミシンオペレーター、レイナ・ドミンゲスは、「学生たちからのプレッシャーがなければ、企業側が交渉のテーブルに着くことは絶対になかったでしょう」と語った。

 このキャンペーンは2009年、200以上の米国の教育機関が加盟する「スウェトショップ{搾取労働}に反対する学生連合」(USAS)によって始まり、マイアミ大学が最初に取引を停止した。そして、英国の学生ネットワーク、ピープル&プラネットの協力も得て、英国の10大学が取り引きを停止し、カナダでも6大学が続いた。米国の衣料品店JCペニーやスポーツショップのスポーツ・オーソリティーもこれに加わった。
 各国で学生たちが直接の抗議行動も行い、結局このキャンペーンによってフルーツオブザルームは、米国内だけでも5000ドルの損失を被った。

 他の企業もこのキャンペーンの影響は無視できなかったようだ。ジーンズメーカーのリーバイ・ストラウスは、労働組合が組織されているハイチの工場への注文を昨年取りやめる予定だった。しかし結局それは継続された。この判断は、キャンペーンの最中に下され、USASのキャンペーン担当者は、キャンペーンの影響に違いないと語る。
 さらにUSASは、この勢いをより持続可能な変革に向けて利用することにし、労働組合を尊重する企業と取り引きするようすべての大学に呼びかけた。大学でのブランドとしてはナイキに次いで2番目に取り引きが多いナイツ・アパレルは、ドミニカ共和国の工場で基準を守ることをすでに約束した。

*****解雇された従業員を復職させ、労働組合権を復活させる・・・・、その闘いの先頭に数年後に労働者となる大学生が立ち上がる。しかも、米国、カナダ、英国を中心に。理不尽を許さない壮大なスケールの闘いに、ただ、ただ圧倒される。いま、わたしたちの周りでも、年齢を問わずのそんな闘いが求められているかも・・・・と。

日記 | 14:01:09 | Trackback(0) | Comments(0)
わたしも出会いに元気をもらう
    ぐずつく天気の土曜日、朝からのお客様との出会いをいただき感謝感謝の出発!
 
 一昨日、「ふくろう大好きの吹田のYさんから聞いてきたの」と、お2人が来店され、バックなどを買って下さる。財布を買われたお客様から、「気にしていたあのカバン、忘れられないのでお取り置きをお願いします。来週必ず行きますので」と、夕方お電話をいただく。
 なんと今朝、にっこりされての来店に「えっ!」とびっくり。「早くお店に来たくてきたくて・・・・、いただいたカタログを読んでとっても感動、お話もしたくて・・・・・」と。それからご一緒にいろいろ交流させていただく。「どの商品もすてき!、先日は単なるお客だったのに、すっかりはまりました。学生時代、他のボランティアを少ししてたんだけど、今は体を壊して病気との共存ですっかり主婦。でも、カタログを読み、話を聞いて、わたしにも何か・・・・と考えるきっかけになりました。お友達にもうーんと宣伝するわね」と、うれしい声をいただく。
 お気に入りの、ダッカ織りのカバンをマイバックに直され「また、遊びにきまーす」とお元気に笑顔で店を後にされる。

 そして、「やぁー!、お元気だっだぁー!」、「あの時はどうもぉー、大丈夫ですー」と、12月頃ヘルペスで悩んでおられた彼女と感激的な出会い。手術用の痛み止めに使う強い薬を飲んで、痛みを抑えたこと、良い嫁、妻から少々脱皮し、思うことを言うようになったこと・・・・、かつ、医者より環境の変化を進められ、引っ越しをされることなど、いろいろ聞かせていただく。空気のきれいな田舎への引っ越しや、言いたいことを話す生活の変化、そして少しづつでも回復の方向にあることをお互いに喜びあう。
 引き続きオーガニックコットンのお洋服などを買われ、ホワイトデーのお返しのチョコレートもご主人に頼まれ(ご主人共々他のチョコレートは食べられないと)、8個のラッピングに応える。
 「引っ越して遠くなりますがまた必ず来ます!。アチャさんに出会えてほんとよかった」と、出会いを喜んでいただく。わたしも涙が出るほどうれしい。他のお客様も喜んで下さる。
 みなで彼女の回復を願う。

 そして、午後「女性のひろばを見ました。そんな素敵なお店って東京かなって思ったら、自分たちの近くだったので」と、お2人の女性が都島区から自転車で来店される。「楽しいお店ね」と、ニコニコされながら店内の商品たちと会話を。試飲のラオスのコーヒーなどを連れて帰られる。

 「近くまで行くから・・・・・、夕方何時までしてる」と、以前ご一緒に女性の地位向上運動をしていたSさんからのお電話にもうれしびっくり。

  空は曇っているが、春が一足早くきたような、何かウキウキする気分。健康に感謝しながら、アチャでの出会いを大切にして行かなければ・・・・と、心する。

アチャのお客様 | 15:00:17 | Trackback(0) | Comments(0)
ヤシの葉の手編みバスケット
    今朝の朝日新聞の「ひと」欄、日弁連会長に「宇都宮健児さん」を見て嬉しい想いに。多重債務問題の第一人者で、地下鉄サリン事件被害対策弁護団の団長や、年越し派遣村の名誉村長としても活躍された人気ある気骨ある弁護士さん。

***多重債務や貧困問題の先頭に立ち、「ヤミ金融と闘う男」としてメディアへの露出も多い。勝因は知名度だけではない。体が空けば、今でも消費者被害の電話相談に朝一番で駆けつける。そんな姿勢を見た若手が「一緒にがんばりたい」と応援し、じわじわ支持を広げた。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。2万8千人を超える大所帯のかじ取り・・・・、「貧困や格差に苦しむ市民とともに歩みたい」と。***

 「貧困や格差に苦しむ市民とともに歩む」考え、行動が、いま切に求められる社会。原点を見習おう。

今日は、ヤシの葉を手編みしたバスケットのご紹介です。
* <ソーイング・バスケット>
 裁縫道具を一式収納、花模様の手刺しゅうピンクッションもセットされてる。お部屋に置くだけで素敵なインテリアにも。これまで、持ち運びの化粧箱として利用される方もありました。¥3600

*<手刺繍カバー付きカトラリー・バスケット>
 テーブルの上で隠しておきたい調味料やカトラリー(スプーンやフォークなど)をスマートに収納。カラフルな小花の手刺繍が華やか。カバーは取り外し可能手洗いができます。¥2500

      2010_0311バスケット類0001  2010_0311バスケット類0004

*<手刺繍カバー付き小物・バスケット>
 鍵や携帯電話、毎日飲むお薬など小物を入れる可愛いバスケット。手刺繍のカバーの取り外しは不可。¥1600
*<トイレットロール・バスケット>
 トイレットペーパーが6個すっぽり収まるバスケット。昨日も、なおこちゃんのお母さんが「子どもや主人が取りやすいように」と、買っていかれる。
*<トイレットロール、1個入りバスケット>
 「ティッシュでは足りないし、好きなだけ使える。かつ、ロールペーパーを隠せる」と、探してこられる方に喜ばれています。¥1500
*<携帯ティッシュ・バスケット>
 ミニティッシュを袋から出して入れる。鏡台や机の近くに常時あれば便利で、かつ可愛いです。¥900

      2010_0311バスケット類0006  2010_0311バスケット類0008

 ヤシの葉の手編みバスケット、「しめてしめて・・・・、しっかり手編み」をされてる、現地バングラディシュの生産者の様子が浮かび、温もりが伝わる。ヤシの葉の香りがする。結婚のお祝いに、ちょこっといかがですか。

商品のご紹介 | 11:10:49 | Trackback(0) | Comments(0)
フェアトレードを語る週末
今日は朝から寒く真冬に戻ったよう。春を待つ、虫や草花たちはびっくりしているだろな。地球温暖化、生態系の異常が素人でも不安に感じる冬、そして迎える春。地球温暖化は、まさに真剣に取り組まねばならない課題、なのに、ここに来ても立場を優先させる経済・政治に腹がたつ。

 先週末、オーストリアからのお客様を迎える。2日、国立民族学博物館で開催された「国際シンポジウム フェアトレード・コミュニケーション~商品が運ぶ物語~」で発表のため、オーストリアから来日された「ジャン・マリ・クリエ」氏。フェアトレードに関わって20年、現在はオーストリア、ドイツを中心に、フェアトレードのコンサルタントをされ、現実にワールドショップ(日本ではフェアトレードショップ)の研修なども実施されている。
 「さすが進んでいる欧州ならではの取り組みだなぁー」と感心する。
 これまでも多くの方々から聞かれる「なぜ、ショップを開いたのか」にはじまり、営業への思いなどを聞かれ、率直に述べる。アチャの小さな店と、オーストリアのショップさんとの連帯、かつ生産者団体への連帯など、フェアトレードの国際連帯を実感する。
 1時間余、交流を深めながら写真も撮っていただき次の見学先へ。
                
                     2010_0304オーストリアの人0002

そして一昨日、摂津市の男女共同参画センターで開催された「ウィズせっつフェアスタ2010 みんなちがって みんないい~言葉で伝えたい それぞれの男女共同参画~」に出席する。コーディネーターと、パネラー4人がこのテーマーでトークする。NPO法人の理事さんや福祉関係の理事さん、市の職員さんに、フェアトレードショップ店主と、何かわたしが異質のようにも感じるが、そこは「みんなちがっていい」と。
 2カ月余、シンポジウムのメンバー5人が、このテーマでメール交換。一番年上、かつ、あまり勉強していないわたしは、男女共同参画の熱い思いをもっておられる他のみなさんから、次々送信される内容や宿題に追いかけられる。
 このメール交換のおかげで緊張感が和らぐ。
 わたしは、ネパールやインドの生産者団体の女性の地位や、アチャで出会うお客様の悩みや問題点などを語る。いろんな分野、視点から女性の位置や問題点、かつ、男女共同参画社会のあるべき方向をトーク。
 そして、改めて男社会の仕組みを見直し、意識を変え、そのために行動することの大切さを確認し合う。

 会場の各部屋では、手作り商品の販売や展示が行われ、フェアトレードの商品も少し場所をいただき、宣伝チラシも置いて下さる。「今度、お店にいくわね」の嬉しい声も。

      2010_0307摂津フェスター0008  2010_0307摂津フェスター0007
                      2010_0307摂津フェスター0011


 午後早めに帰り、朝8時から店を守ってる姉にも感謝。店ではサポーターのみなさん3人が来店され、話に花が咲く。雨降る夕方にも関わらず、お客様の賑わいもいただきまたまた感謝。
 日曜日、フェアトレードの宣伝をしながら、自分自身も学び、明日への一歩成長に程良い疲れも吹っ飛ぶ。
 

日記 | 14:24:33 | Trackback(0) | Comments(0)
肌にやさしい子ども服
  昨日、ご近所の久子さんの応援をいただき、これまでやろうやろう温めていた「子ども服の模様替え」をすます。
 この春、ピープル・ツリーさんやシサム工房さんの「かわいい子ども服」の入荷をきっかけに、子ども服とベビー服をまとめ、かつ、見やすくさせる。何しろ店が狭いにも関わらず、素敵なフェアトレード商品を「見せたい!」、「見ていただきたい!」の思いが強く、さりとて「どこに並べよう」の悩みがいつも付いてくる。
 お友達や親戚の方の赤ちゃん誕生お祝いに、「オーガニックコットンのベビー服」をプレゼントされる方は多い。そして、「すごく喜んでもらえた」のうれしい感想をいただく。わたしは、「すべての新生児誕生のお祝いに、行政からオーガニックコットンのお洋服を差し上げたら良いのになぁー」と、かねがね思っている。しかも、それが小さな生産者からの納入になるなら素晴らしい!!と。  

 少し大きくなる幼児さんのお洋服は、「アンパンマン」などキャラクター入りが、子どもさん本人が好まれるようになるので少し難しいと感じていた。が、オーガニックコットンやリサイクルサリー、ガーゼと、肌に優しい生地ばかり、しかも、とってもとってもかわいいので、是非是非お進めしようと今日は下手な写真でご紹介です。

       2010_0306子供服0001  2010_0306子供服0003
       2010_0306子供服0006  2010_0306子供服0007
       2010_0306子供服0010  2010_0306子供服0011
       2010_0306子供服0015  2010_0306子供服0014
       2010_0306子供服0018  2010_0306子供服0020
                   2010_0306子供服0024

***3歳のぼくちゃんと1歳の女の子のお母さん・Aさん曰く、「先日買った妹のスパッツの肌触りが良いので、赤い色にも関わらずお兄ちゃんがはきたがるの」と、青い色のお兄ちゃん用のスパッツを買いに見えられる。 

***4歳だったかな、少しアレルギーをお持ちのお嬢さん、以前に生成りのショーツを探し求めてお母さんが来店される。
これまでキャラクター入りのショーツをはいてたのに、生成りのショーツをはいてから、模様もないのにその生成りのショーツがお気にいりとか。

 子どもは大人より敏感と言う。上記のような肌に優しいお洋服、きっと子どもさん自ら好きになっていただけるような気がします。サイズが合えば良いですね。

フェアトレード新商品 | 12:47:31 | Trackback(0) | Comments(0)
リサイクルの新入り雑貨の仲間たち
    ピープル・ツリーの春物が入荷する(全商品ではありませんが)。早速、お気にいりのバックやお洋服が引き取られる。
 「いやぁー、かわいい!」、「かわいい!、連れて帰る!」の声、声が響く雑貨のご紹介です。

 一つは、「リサイクルサリーの香り袋付きハンキング」(2個セット)ポニーとドール
 背面の小さなポケットにサシェ(香り袋)をしのばせて、クローゼットの中や玄関に飾ったり、バックにつけたり。ドールはヒマラヤンフォレスト、ポニーはオーシャンプリーズの香りつき。リサイクルサリーを使っているため、一点ずつ色合いや柄、ステッチの色が異なる。また、香り袋使用の目安は開封後6カ月。

      2010_0304店内・リサイクル商品0008  2010_0304店内・リサイクル商品0011

 もう一つは、「リサイクル・ペーパーのマグネット」
 このかわいい動物たちの材料は、タイ国内で集められたイエローページ(電話帳)を加工・染色して作っている。クリクリッとした瞳の愛嬌ある表情がキュート。冷蔵庫やデスク、ドアなど、かわいい相棒としてちょこんと置いて。リサイクルペーパーマグネット。素材の古紙により色・柄のバラつきがある。ハリネズミ:1200円、ヤモリ:900円
 
                 2010_0304店内・リサイクル商品0014

 「癒されるぅー!」の声もいただく。「ヤモリ」は屋を守るとも言いますね。リサイクル・手作り・・・と、ほっこり感がただよう雑貨の仲間たち、春、いま輝く。     

フェアトレード新商品 | 16:36:13 | Trackback(0) | Comments(0)
Accha 5周年 ネパールスタディーツアー
  3月がはじまる。卒業・入学・進級・入社(最大の関門だ!)・・・・・の3月、一方では別れや新たな出会いにもめぐり合う。そして、誰もが桜の開花を待つ。
 災害、貧困・・・・・と悲しみ、苦しみが拡がる今日の社会、生きとし生けるものすべてに春の訪れを待つ。

 遅くなりました <5周年 Acchaで出会う旅 ネパールスタディーツアー>の詳細のお知らせです。 
 * 日程 2010・4・10(土)~4・16(金)
  ・4/9  関空発      00:30 バンコク経由
       カトマンドゥ着  12:45
  ・4/10、11、12  生産者団体訪問 (9~10団体の予定)
  ・4/13、14     カトマンドゥ市内見学
  ・4/15 カトマンドゥ発  13:50 バンコク経由
   4/16 関空着      6:10
 * 参加費用  約17~18万円
   往復航空券、空港施設料金、保険、ビザ、ホテル代、食費、ネパールでの交通費など

 まだ航空券代などが決定されず、料金に若干の違いが出るかもしれませんが、上記内容での基本料金となります。また、現地の状況次第で見学も若干変更ありかもしれません。

 現在のところ6名の参加予定となっています。3月20日頃をメドに最終決定をさせていただきます。

 いつも温かいご支援本当にありがとうございます。
 お店をオープンしてから、「5周年には、フェアトレードへの熱い想いをもつ仲間のみなさんと、生産者団体訪問を中心にその街並みを知るスタディーツアーをしたいなぁー」と、心を温めてきました。今回、ネパリ・バザーロさんのお世話になり、その想いが実現できそうです。「できそうです」とは、頼りない店主ですが、サポーターのみなさんを中心に準備を進めています。不安とワクワクとの交差ですが、「5周年 Acchaで出会う旅」が、Acchaのさらなる発展に・・・・・と心するものです。

  4月9日(土)~16日(金)の8日間、お店を休ませていただきます。 (申し訳ありません)
  5月22日(土) 世界フェアトレードデー in accha  PM 1:30    
     ・ライブ 
     ・ネパールスタディーツアーの報告


  <ネパリ・バザーロさんの商品入荷の際に添付されているメッセージより> 
 ほとんど聞く機会のない「ネパール語」。実は、日本語と語り順が同じなんです!!
 みなさまに、ネパール語でごあいさつを!

  ナマステ こんにちわ!
  タパインサンガイ ベテラ クシ ラギョ  お会いできて うれしいです
  ネパールユ サーマンハル カスト ラギョ ネパールの商品はいかがですか
  デレィ ダンニャワード 本当にありがとうございます  

 ブログご来訪のみなさま デレィ ダンニャワード!!




お知らせ | 16:43:44 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。