FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
地球を想う一日に
    新緑の5月を目前に肌寒い異常気象が続く。お野菜をはじめ、生態系への不安を覚える。
 明日4月25日(日)、大阪の「アースディ」(地球を想う一日)が堺市の浜寺公園で開催される。

  春、すべてのものが息吹を取り戻し
  「地球」というこの星の奇跡的な力をかんじる季節のただなかにいてさえ、
  現代の「地球」の悲鳴が聞こえます

  温暖化、酸性雨、砂漠化、異常気象、大気汚染、放射能汚染、そして飢餓、貧困、戦争
  みんな、わたしたち人類が引き起こしたことです

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  わたしたちは、一人の生活者として「今の自分にできること」をやっていく
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 アースディ実行委員会からの呼びかけ「メッセージ」に想いを寄せる。

  地球温暖化ストップの一つとして「布おむつでCO2を減らそう!」の記事に出会う(新婦人しんぶん)。
 現在、日本の乳幼児用紙おむつの生産量は、約78億4000万枚(2007年)。紙おむつが一枚45グラムとして単純計算しても35万2800トン、使用済みの紙おむつが一枚平均150グラムとして計算すると1年間に約117万6000トンのごみが出ていることになる。一人の赤ちゃんがすべて紙おむつで育てられた場合、おむつを卒業するまでに一人あたり1トン以上の紙おむつのごみが出ることになる。
 汚れた紙おむつはリサイクルできないので、すべてごみになる。多くの自治体では可燃ごみとして清掃工場で燃やされるが、使用済みの紙おむつは水分がたたっぷり含まれているので、その分、焼却するのに多くのエネルギー(CO2)を使う。燃焼温度を上げるために使う重油の量も増え、高温処理するため小焼却炉の傷みも激しくなる。また、不燃ごみにする場合にも、埋め立てる場所を確保する問題や、埋め立てた場合も、高分子吸収材などの石油化学製品が使われているので、土の中で分解されずに、半永久的にそのままになってしまい、有毒ガスの発生なども危ぐされている。

 近年、紙おむつも、環境配慮型の商品開発にとりくむ企業もでてきている。
 しかし近年、おとな用の紙おむつの需要が増加しており、すでに排出量は乳幼児を上回る。高齢化社会になるこれからは消費量もますます増えることが予想される。
 環境に配慮した製品が出てきても、やはり製造の際に発生するCO2や使用済みのものを焼却する際に発生するCO2はゼロにならない。

  「布おむつで育ててみよう」著者の東 奏子さんは、
「今は、核家族や共働きの家族も多く、育児の負担を減らすことができる紙おむつは、なくてはならないものですが、これらのことを理解したうえで、環境に配慮下製品を選択したり、意識を持ちながら使っていけたらいいですね。余裕があれば布おむつを取り入れて見て下さい」と。

***** そう、そう、わたしの子育て時代は布おむつ。毎日洗って伸ばして干す、たたむ、が日課で、乾燥機もないので雨の日は、翌日保育所に持参するおむつをそろえるため、ストーブを出して乾かしたことを思い出す。
 今、若い女性に広がりつつある生理用の「布ナプキン」も、体に、環境に良いですね。わたしたちは、便利な暮らしがあたりまえになり、「手間・暇」かけることから遠うざかりすぎで反省です。
 少し遅いエコですが、この冬は陶器の湯たんぽと翌朝そのお湯で顔を洗うことでほっこりする。
 併せて思んですが、地球温暖化の大きな責任を担っている大きな生産者のCO2削減が急がれまーす!!!。日本の温室ガスは、44社で半分排出(気候ネットワーク 2007年度)。しかもなんと前年度より9%も増加させていると。大きな生産者や政権のCO2削減目標が、人気とりのためのアピールで終わらないよう、わたしたちはしっかり監視するとともに、わたしたち一人一人ができることをやることでしょうか。

 明日25日、午後12:00から約1時間、浜寺公園・交通遊園南のステージのトークに出演いたします。トークは「買い物で何が変わるの?~つながる・伝えるフェアトレード」。
 ピープル・ツリー広報マネージャーの小野 倫子さん、フェアトレード・サマサマ事務局長の小吹 岳志さんとご一緒のトークです。アースディにお越しの方々はのぞいてくださいね。
 アチャのお店はわたしの姉がみなさまのお越しをお待ちしてます。

  ゴールデンウィークのAcchaは、3日(月)の定休日以外は開けています。お友達やご家族のみなさまと遊びにお越しください。お待ちしてます

スポンサーサイト



お知らせ | 13:14:24 | Trackback(0) | Comments(0)