FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「オリーブの木のある限り」鑑賞と一言メッセージ
    今日のお昼休み、「acchaさんお元気?、土曜日のブログ更新されていなかったので、どうされたんかなぁーて思ってたの」と気づかいのお言葉をいただく。そうなんです!、前日開催した「オリーブオイルの試食会と 『 オリーブの木のある限り 』 DVD鑑賞のご報告を、まだ余韻残る熱い想いで振り返ったのですが、間一日開けて、ブログ障害でメンテナンス、昨日メンテナンス完了と表示されながらブログは消えてしまいました。
 少し中古かもしれませんが、昼・夜9名のご参加をいただいた、その日の出会いや想いをお聞きください。

 23分のDVD「オリーブの木のある限り」 
<イスラエルの占領下、壁と経済封鎖に生活は苦しさを増している。そんな中でもパレスチナの農民は、オリーブの木に「ここに生きる」という自らの存在を託し、一家総出の収穫作業に汗を流す>

 農民の営為を追いながら、その農民と協働するNGO「パレスチナ農業復興委員会(PARC)」の活動を紹介するもの。彼ら彼女らは、有機オリーブの搾取工場を作り、国内での市場をボイコットされる中、国境を越えフランス、日本の市民とフェアトレードでつながる。

 お昼は、仙台から原発避難で大阪に来られている1歳と3歳のお子さんをお持ちの、若いお父さんのご参加もいただく。彼は、前日acchaに来店され「小さな子がいるのでこちらで暮らそうと思う。いま、就職試験を受けて来ました。受かれば明日連絡が入るので午後のワークショップに参加したい」と。そして、「いつも母の誕生日にフェアトレードのモノを贈るので、仙台にいる母に」と、オーガニックのお洋服を選ばれる。
 
 出会いから2日目のご参加の意味がわかる。なんと、仙台でパレスチナ・オリーブさんのボランティアをされ、今回の災害でいろいろ悩みながらも、パレスチナオリーブ代表の皆川さんたちと話し合い、大阪に避難を決められたと。オリーブオイルの活動など説明して下さる。

 夜の部は、パレスチナのボランティア活動をされ、オリーブオイルを広げておられるYさんを中心に、中東、パレスチナ問題などを聞かせていただく。また、Yさん手作りの「ひよこ豆のペースト」(ひよこ豆煮、胡麻ペースト、レモン汁、にんにく少々、オリーブオイルをつなぎに混ぜ合わして練り状態にする)や、オリーブオイル、ザータルをフランスパンにつけて食べる、ワインをいただく、など盛り上がる。

 また、お昼も夜も、貧困、差別の問題と合わせ、今回の地震や原発問題でも多いに問題点などを出して深め合う。そして、ワークショップの参加費を中心に「一言メッセージ付きのお菓子セット」(黒あめ、チョコレート)を作り、次回のネパリさんの被災地訪問に託すことを提案させていただく(10セットばかりですが)。みなさんとても喜んで下さる。
「辛かったでしょう。ずっーと応援していきます」、「僕も被災者でこちらに来てます、・・・・・・・・必ず前にすすむでしょう」、「東北の方から逆に学びます」、「わたしたちも忘れません!」・・・・・・・・・・と、心を込めて一人一人の一言メッセージを、平和のハトの切り抜きに記す。

    2011_041501・4・15 集い0007  2011_041601・4・15 集い0001
    2011_041601・4・15 集い0007  2011_041601・4・15 集い0004
    2011_041501・4・15 集い0008  2011_041601・4・15 集い0008

  翌日、パレスチナのボランティアをされてるYさんからも温かなメールが届く。

 オリーブオイルやザータルをとおして遠い中東の国パレスチナの現状を少しでも多くの人に知ってもらえて嬉しく思います。
 パレスチナの人たちは自分たちが世界から孤立してしまうのではないか、忘れさられてしまうのではないかという孤独感を時折、持ってしまうと聞きました。いや、私たち遠い国からも応援しているよというメッセージを送り続けることで、ずいぶん心の支えになったり、勇気を持ってもらえているみたいです。
それは今、東日本大震災の被災者の方たちにも、私たち日本に住むものにも「決して孤独ではない、世界の人々が応援してます。」というTVから流れるこの、外とつながっていることを知らせるメッセージに有り難いと思い、少し気持ちが楽になったりして、いかにこの「つながり」が大事か確信しました。

 「パレスチナのオリーブオイルの生産者のみなさん」、「仙台の被災地のみなさん」、「フェアトレード」、連帯・連携・応援しよう!!!・・・・・の熱い気持ちが一つになる。とっても爽やかなワークショップをさせていただきました。感謝です!。ありがとうございました!!。




スポンサーサイト



アチャのお客様 | 18:08:42 | Trackback(0) | Comments(0)