FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「パレスチナ・オリーブ通信」から
   「天然果汁100%のヴァージンオリーブオイル」はacchaの大人気食品の一つです。「香り良し、身体に良し、価格良し」と、どなたさまにも大好評!。その商品を扱って下さるのは、東北大震災の被害も受けられた仙台の「パレスチナ・オリーブさん」。

 今朝届いた「ぜいとぅーん(アラビア語でオリーブの意味) パレスチナ・オリーブ通信」から・・・・・・・、胸がきゅーんとなる内容でして・・・・・・。

* 原発の国内での新規建設が困難に向かう今日、原発産業界はその技術を維持するため、今後ますます海外に向かうでしょう。さし当り、ヨルダン・ベトナム・インドネシア・インド・トルコ・サウジアラビアなど多数ある。ヨルダンの建設予定地は、首都アンマンから北東に40キロ程度しか離れていない。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 「解決の方法すらみえない福島原発の事故・被害をもたらしながら、原発輸出政策を続けようとすること。中東の人々に対して加害者になりたくないと、と思います」と、ヨルダンの原子力協定や問題点を述べられる。

               2011_102511・10・250010

 パレスチナ・オリーブの事務所や商品に被害はありませんでしたが、いろんな影響が・・・・・・・・。
* スタッフの一人も震災以来仙台を離れています。
* わたしの7歳の息子も原発疎開/移住中で、わたしの関西に通ったりで落ち着かない日々を過ごしています。
* 震災以来、「憲法25条で保障されているはずの「健康で文化的な最低限度の生活」と言うことを考えます。
 
 仮設住宅では、支援団体や住民のみなさんで、ひさしや棚を作ったり、寒さ対策でプチプチをはったりと大忙し。1戸500万円もするのに劣悪な環境、本来はある程度の生活環境を用意するのは支援団体でなく行政の仕事ではないか・・・・・・。待っていると本格的な冬に入ってしまう。

 放射能汚染で、自主避難避難をする人たちの金銭的負担、心理的負担は大変なもの。

 津波被災地では、建設関係など一時的な雇用がある一方、それまで働いていた水産加工場がなくなってしまったで女性たちの仕事作りも大変に・・・・・・・・。人と人が寄りそえるコミュニティーの必要性・・・・・。

* 課題も多く、振り返って国際協力やフェアトレードのあり方も考えさせられる・・・・・・。

と、代表の皆川さんは、被災者としてご自身の暮らしも大変な中、パレスチナへの熱き想い・行動と合わせて、被災地での仕事作りやコミュニティーカフェ作りに走られる。・・・・・・・・頭が下がる。

 そして数日前、ネットでこんな写真をみて涙する。

               2011_102511・10・250003

 宮城県石巻市で、7割の児童が死亡・行方不明となった大川小学校の跡地に、慰霊碑として「子まもり」の母子像が立てられる。8月に訪問した現地の風景が思い出され、思わず涙する。

***** 今年の東北は、風や雨、雪だけでなく、例年の数十倍の寒さが待ち受けるでしょう。ネパリ・バザーロさんの「電気敷毛布」をいただいた方からの感謝の声が紹介されています。まだまだ足りないと・・・・・・・。わたしもがんばろう。      

スポンサーサイト



日記 | 15:54:47 | Trackback(0) | Comments(0)