FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「原発事故”収束”」?・・・・・・・
   原発に関連するここ数日の動きに心底怒る。  
 
 一番は何と言っても昨夕、今朝の報道から 「福島原発事故 『 収束 』 宣言」。
「なぜ急ぐ」、「本気に信じることができない」、「疑問」・・・・・・・・・・・と、地元の仮設住宅に住むみなさんから不信を抱く声が。

 原子炉の冷温停止状態をもって事故収束と宣言するのは専門家の中でも異論があると。
* 溶けた燃料が原子炉でどんな状態になっているか不明
* 放射線物質の発電所の外への飛散も完全に止まっていない
* 事故時に大量にまき散らした放射線物質の除染も済んでいない

 社会技術システム安全研究所の田辺文也所長(元日本原子力研究所研究主幹)さん曰く
「そもそも冷温停止とは通常の運転管理で、原子炉が安定して止まっていることを示す言葉だ。核燃料が原形をとどめていないような状態で使うことには違和感がある。収束への山を越えたことを示す政治的なことだ」と。

「事故収束とはとても思えない。検査中や運転停止中の原発を、再稼働するためのステップにしようとしていると勘ぐられても仕方ない」の意見も出されてる。
 わたしもそう思います。ここにまで来て、まだ東電・財界言いなりの政治を推し進めるのでしょうか。地元住民・・・・・いや国民ないがしろですね。

 
 そして二番の腹立ちは
「ヨルダンなど4ヶ国への危険な原発輸出を進める原子力4協定が、9日、民主、自民の賛成多数で可決・承認された」と言うことです。難しいことはわかりませんが、少なくともあの福島原発の過酷な事故への反省もなく、原発を他の国にまき散らす・・・・・・なんて、信じられません。何を考えているんでしょう。本当に・・・・・・・・、悲しくなってきます。

「許せない!!」の思い、怒りをお客様たちと語り合い、引き続き「怒りの世論つくり」の声をあげていこう・・・・・・・と。

スポンサーサイト



未分類 | 14:54:35 | Trackback(0) | Comments(0)