■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
展示会で横浜へ
  昨日、ネパリ・バザーロさんの2012春夏展示会で横浜へ。「早春プチカタログ」の商品は、ネパリさんの直営店で、「春夏カタログ」の商品はネパリさんの事務所にて展示される。外はさむーい・・・・も室内には春・夏の色や布のお洋服で、冬を忘れるひと時が流れる。
 お客様がacchaに来店されると「欲しいモノがいっぱい・・・・」と言われるように、わたしたちも展示会に参加すると「欲しいモノがいっぱい!」。カタログ、資料、お洋服をチェックしながら、かつ計算機を持ちこみ悩みに悩みぬき、大阪に連れて帰る子どもたちを決める(笑)。

 ネパール現地の農産物の状況や、東日本大震災・支援活動の報告を聞き、改めて店主としての襟が正される。また、代表の土屋春代さんから、東日本大震災の復興支援の一つとして、この秋ごろから販売される「椿油」が紹介される。まろやかな味わいのおいしい椿油・・・・・、店頭販売まで待っていてくださいね。

    2012_013112・1・300002  2012_013112・1・300004
    2012_013012・1・300017  2012_013012・1・300016
    2012_013012・1・300020  2012_013012・1・300025
  
 下手な写真なのではっきりしないでしょうが、「竹布サルエル風パンツ」(写真上段の右)、とても素敵!。竹布はシルクのような光沢感があり、サラサラと流れるやわらかさでたっぷり包まれているおしゃれなパンツです。かつ、抗菌性、吸水性にすぐれている竹布は、これからの季節に最適な素材と。

 早春プチカタログと早春の商品入荷は今週末の予定、春夏カタログと商品は4月始めの入荷予定です。まだまだ寒いですが、何か春一つ・・・・・・の思いもありますね。春色を、春布の手触りなど、春の香りをいかがですか。
   
 次の土曜、日曜⇒2月4日、5日が「ワン・ワールド フェスティバル」(国際協力のお祭り)の開催日です。
 会場は大阪国際交流センター(大阪市天王寺区上本町8-2-6)



スポンサーサイト
フェアトレード新商品 | 17:25:43 | Trackback(0) | Comments(0)
被災地で誕生したピーちゃん
   「昨年も買わせていただきました。かわいくして下さって・・・・・・」、「次の日曜日、実家に行くのでチョコ大好きの父親に、主人の分も買っとこうかな」と、昨日もバレンタイン用のフェアトレードチョコレートを買って下さるお客様を迎える。もちろん「自分用のチョコも」と1つ、2つ!。(うん、その通り!)

 さて、今年のバレンタインに新しく、「被災地で誕生したピーちゃんの登場です。
 ピーちゃんとは、「手編みのトリのキーケース・ストラップ」。ピーちゃんは、東北を仕事づくりで応援するプロジェクト(第3世界ショップ)の取り組みで、ピーちゃんについているタグには、作られた方のお名前が記されています。

******* 震災で、たくさんのものを失った被災地の方々。街も人々の心も、復興はまだこれからです。仲間同士で集まっておしゃべりをしながら、ピーちゃんを編むことで「不安な気持ちが安らぐ」と編み手さんは言います。また、誰かが完成をまってくれているという前向きな気持ちも生まれています。大切な人にピーちゃんを贈って、編み手さんたちの仕事作りを応援しませんか? *******(タグの紹介分から)

     2012_012712・1・27ぴー0002  2012_012712・1・27ぴー0003

 「かわいい!!」と、昨日もピーちゃんが2羽、acchaから巣立っていきました。羽、口ばし、身体・・・・と、それぞれお似合いの色や作りなど、編み手さん各自の想いが込められたピーちゃん、「絆」でつなぐピーちゃん、あなたもことしのバレンタインに1羽いかがですか。

フェアトレード新商品 | 12:46:42 | Trackback(0) | Comments(0)
早春のお店
   さむーい毎日が続く。温っかいところに身を置くわたしたち、雪国は、東北は、大変だろうなぁー。
それでも春は確実にやってくる。先週も「ウールや黒っぽい冬から脱皮して、布を感じる物を着たい」と、お客様が来て下さいました。シサム工房さんやピープル・ツリーさんから、一足早く春物の一部が入荷いたしました。店頭に少し展示していますのでご紹介いたします。
 ネパリ・バザーロさんの早春カタログ・商品は2月上旬、ピープル・ツリーさんのカタログ・商品は2月18日頃入荷予定です。いま、しばらくお待ち下さい。

2012_012512・1・250002 2012_012512・1・250008
2012_012512・1・250011 2012_012512・1・250006
2012_012512・1・250009


そして、さむーい日々早春らしいお客様を迎える。

  一昨日のはじめてのお客様
  3年前に、児童労働の悲惨な特集番組をテレビで観られる。子どもが「これ、何になるの」と、チョコレートの原料となるカカオについて質問をしていた。まず、チョコレートを知らない子どもがいることに衝撃を。また、砂場で兄が弟に棒で字を書いて教えていた。しかもボロボロの服。学校にもいけず、字が読めないんだ。それらの光景がどうしても頭から消えず、acchaのフェアトレードチョコレートにたどりついたと話される。
 
「遅くの行動で済みません」とも。彼女は現在、貝塚市に住んでいらっしゃるが、出身が沖縄と言うことで、いろんな差別があったと(アイヌの少数民族への差別は知ってましたが、沖縄でも・・・・・とびっくり)。どこに生まれても、どんな状況におかれても「子どもは子どもとして育てられなければならない」と、ご自分の体験も含めながら熱く語られる。

 お互いに熱き思いで、目を潤ませながら話し合う。「はじめてなのに・・・・・、話しやすくて良かった。協力できることをします!、また来ます!」と、チョコレートを抱いて帰られる。

  昨日の2回目来店のお客様・Mさん
 1回目は布ナプキンからacchaにたどりつかれる。そしてすぐに、「置いてる商品もすてき、お店もすてき。良いお店を知って良かった」のブログコメントをいただく。
 一週間余りでのご来店。「仕事を辞めるので、親しい人に何かあげたいの」と、紅茶とチョコレートのセットを数組揃えられる。いま、仕事の合間にしている整体の勉強を、本格的にするため学校に通われると。卒業後の心配があるにしても・・・・・・「がんばる!」と明るく元気!。今後の新しい方向に幸多きを願って別れる。

***** お客様の人生いろいろ・・・・・・・、早春に、わたしも学び、ほっこりの元気をいただく。ありがとうございます。



アチャのお客様 | 11:32:12 | Trackback(0) | Comments(1)
「書き損じはがきで支援」・・・・・のお願い
   今年も「書き損じハガキで支援」(シャプラニール)のお願いです。
 
 年賀はがきの抽選発表で、年賀はがきや書き損じハガキを見直していらっしいませんか。そして、もしや切手シート・・・・・・など、いかがでしょうか。

 acchaでは、書き損じはがきをはじめ、未使用切手、使用済み切手などを収集し、NGOシャプラニールさんを通してバングラディシュの子どもたちを支援する取り組みに参加しています(郵便局や金券ショップなどで換金して支援に使用する)。年間通じて取り組んでいますが、年賀はがきの書き損じを中心に、この時期が一番盛り上がります。

 今朝の朝日新聞にも小さくですが、「書き損じハガキ支援に使わせて」と紹介されていたのでうれしい!。記事では、*****書き損じはがき10枚で、バングラディシュで家事使用人として働く少女たちの読み書き授業1回分の運営費になる。また、はがき65枚で、ネパールのレストランで子どもを働かせないよう呼び掛けるラジオCMを1回流せるという」*****(対象は「投函していない書き損じはがき」と報道)

 「使用済みの切手ですが、ずっーと集めています。まだ大丈夫ですか」と。

 「うちのんから、此処へ持って行くように頼まれました」とご主人さんが。 

 新年早々は京都のEさんから、「お正月に実家へ戻り、使わない物のあとかた付けをしていたら、父親が買いこんで使わない切手がたくさんあるので・・・・・・」と、新しい切手が送られてきました。

 この間acchaに寄せられました使用済み切手、カード、書き損じはがき、新しい切手、ありがとうございます。今年の書き損じ年賀はがきと合わせまして、シャプラニールさんに贈りたいと考えています。
 
   当面2月末を今回の節と致します。みなさまのご協力を宜しくお願い申し上げます。


未分類 | 17:40:22 | Trackback(0) | Comments(2)
「ミニ ライブ」のご案内です
 一昨日の「アクセサリー リフォーム会」、寒くて、雨で・・・・・と苦難の日でしたが、お2人の方から3点のご相談を受ける。大切に使っていたピアスの復元にお客様は大喜び!、その喜びの笑顔がとてもすてきです。眠っていたアクセサリーが、また役に立つ、輝くってすばらしいこと、かつ、いただいたものなら喜びも倍増です。そのとき来店されていた他のお客様、「次に貯めて持ってきますね」と。
 雨の中、お直しの道具持参で来ていただいたG・houseさん、ありがとうございます。

                2012_011912・1・21 修理0001

 acchaでは、今後も3ヶ月に一度位のペースで「アクセサリー リフォーム会」を開催いたします。どうしてもその日、都合が悪い場合は前もってお預かりもいたしますのでお申し出ください。大好きなアクセサリーはずっーと使いたいですよね。一つになったピアスなら、ペンダンドに復元もおもしろいのではないでしょうか。

  2月3日(金)の「ミニ ライブ」のお知らせ・ご案内です。

 昨年12月、accha6周年のイベントで歌われた、「ご夫婦でデュエット・ライブ ”さかなんこ”」さんのアンコール番です。当日の感想文に「もっと聴きたい」、「心が洗われた」、「故郷を思い出した」・・・・などから、榊原ご夫妻にお願いしての企画です。

  日時  2月3日(金) 夜7:20~8:30 
  場所  accha店内 (狭いので10名様でしょうか、事前に予約を)
  参加費 800円 (ワインと節分の巻きずしです)


  「さかなんこ」さんから、「1~2曲、ごいっしょに歌いましょう!」のうれしいお声もいただいています。
  すてきな音楽に乗って、巻き寿司とちょっと一杯で、今年の「福は内、鬼は外」の節分を。
     仲間のみなさんとご一緒に今年の節分をacchaでお楽しみください。


イベント | 14:18:55 | Trackback(0) | Comments(0)
久しぶりの雨の日に思う
   久しぶりの雨をいただく。日常生活において雨はいただきたくないもの・・・・・・、しかし、此処の所雨が降らず乾燥気味・・・・・これはこれで不安。四季通りの気候でなければ、わたしたちの食生活をはじめ、暮らしが大変になる。「日照りや、多雨で野菜がとれない」と、農家・八百屋さんに言われるとしゅんとなる。TPP(環太平洋連携協定)などに参加して、大国に食を握られるなら、安心・安全の食生活が遠くなるばかりではないか。

 現役リタイア後、奈良県山添村に戻られたわたしの友人Fさんは、炭焼きや農業を継いで暮らしを営んいる。
そのFさんの年賀はがきに、「TPPに参加すれば、小さな村の農業は壊滅状態になります」と書かれている。

 そして先日、こんな記事を目にする。

* 日本がTPPを受け入れ、農業生産が減少すれば、食料供給を一層の輸入に依存せざるを得なくなり、国際的な食料需給はひっ迫し、食料価格が高騰することになる
* 日本がコメの需要の大半を輸入することになれば、現在、9億2500万人となっている世界の飢餓人口に加えて、新たにアジア地域で飢餓人口が2億7000万人増加する可能性がある(専門家の試算)。
* このことは、貧困や飢餓に関する国際協定(日米両国も加わっている)、例えば国連ミレニアム開発目標にまったく反すると。
***・・・・・

 「TPPの参加は、世界の飢餓人口を大幅に増やす」と言う、しかもその多くがアジア地域・・・・・と。悲しくなります。
 acchaに来店される大半のお客様は、「困る」、「絶対いや!」と、TPPに反対する署名にサインをして下さいます。みなさんとご一緒に声をあげていきましょう。

                                    

   「フェアトレードのバレンタインチョコレート」
                   かわいいプレゼントセット版のご紹介です


    2012_011912・1・19チョコ0018  2012_011912・1・19チョコ0015
    2012_011912・1・19チョコ0001  2012_011912・1・19チョコ0004
    2012_011912・1・19チョコ0006  2012_011912・1・19チョコ0008
    2012_011912・1・19チョコ0011  2012_011912・1・19チョコ0013

 あなたのお好きな小物とセットさせていただきます。セットメニューは少しお安く致しますね。
 今年のカードは、サポーター・めぐちゃんの手作りです。ありがとうございます。

日記 | 16:25:48 | Trackback(0) | Comments(0)
お休みいただきまして・・・・・・
  15日、16日と連休をさせていただきました。もし、お店に来店されたお方がございましたらお詫び申し上げます。支払い実務や文具の買いだしをはじめ、鍼灸院通いなどわたし事の所要を済ませゆっくり致しました。

 夜は、テレビで「塩麹」の料理番組を楽しみ、早速、寝る前にお魚を塩麹に漬けてお昼のお弁当に。
 また、夜10:00から「プロフェッショナル・栄養管理士」と題して、北海道の小さな町で、日本一との評判が高い学校給食のほんまもんを知る・観るで深く感動。40年かけて作り上げてきた「給食の鬼」と呼ばれる管理栄養士・ 佐々木十美さん(60歳)のほんまもんの食育。
 
 その地域で作られた手作りの木の器に、その地域で作る、採れる食材で、家庭料理と同じ学校給食。どの子も「おいしい!」と笑顔で食べる。しかも日々違うメニュー(食材は同じでも味付けで変える)。
 心を鬼にしながら、定年をまえに若手を育てる、叱られて涙を出すも、「おいしい!」の子ども達の笑顔に栄養士をはじめ、スタッフのみなさんのすばらしいチームワーク。

 未来を担う子どもたちにこそ、「ほんまもんの食・食育が、いま本当に求められている」と、心から感じる内容でした。

 今日は、堺市からサポーターの規美子さんがお手伝いに来て下さる。商品の整理をはじめ、フェアトレードチョコレートの出番、「フェアトレード・バレンタインチョコ」のお楽しみセット第一段を作って下さる。ありがとうございます。
             
                    2012_011712・1・17 チョコ0003

 いよいよバレンタイン商戦、 がんばろう!。よろしくでーす!
 本命も含めてですが、お世話になった方に、友人に、ご家族に、ご自分に、この時期だけ・・・・・・・おいしいフェアトレードのチョコレートを、思いっきり食べましょうか。

 明後日の1月19日(木)14:00~19:00
       「アクセサリーのリフォーム会(相談会) in accha」です。お待ちしてます


日記 | 18:18:03 | Trackback(0) | Comments(2)
学生さんとフェアトレードを語る
   大学生のみなさんは卒業・卒論・・・・・そして卒業記念旅行のシーズンです。旅行までたどりつける学生さんはラッキーでしょうが、まだまだ就活で苦しんでいる方が多いのではないでしょうか。大学を卒業しても、やむ得ず派遣の仕事、最悪は失業・・・・・・・と言う悲惨な今日の社会を憂うる。
 
 昨日は、きらきら輝くラッキーな学生さん、大阪大学外国語学部・4回生の女性の来店をいただく。卒論に選んだ「フェアトレード」の仕上げに当たり、お店屋さんの声を聞きたいと。
 いつもと同じように、お店を開いたきっかけから、現状などなど、彼女の質問に答えながらフェアトレードについて語る。といっても学生さんは基本を勉強されているので、わたしは現場の声でしょうか。
 
 彼女も含めて多くの学生のみなさんの疑問は、「欧米と比べて、なぜ、日本のフェアトレードの広がりが遅いのか」と。

 わたしは、日本でも少しずつ広がっていることを具体例で説明するとともに、acchaのわたしの考えを話す。
 * 欧米との歴史の違い(大国の植民地政策も含め)、それは民主主義や市民運動、文化や風土の違いにも通じると
 * 日本は、世界で一番とも言われるほど品質に対して厳しい国であると
 (ネパリ・バザーロさんにくっ付いてネパールを訪問した時、コーヒー豆の最終選定をしている場所を見学させてもらう。大きなざるにコーヒー豆をのせ、欠けている豆を取り除く作業だと。しかもすべて手作業。他の国では受け入れられても、”日本では欠けた豆では商品化できない”ことを聞いてびっくりしたことを話す)
 * 消費者には消費権がある。それ故、上からの目線で「フェアトレードを教えてやろう」では反発になる場合もある
 * 年収200万以下の人(特に20~30代)が4分の1、1000万人を超えるなど、格差社会が横行している今日、物を買う力が弱まっている。格差社会をなくす、最低賃金を上げる、など国民生活が豊かになるよう声をあげる。消費税の増税では、ますます「物が売れなくなりますね」と。

 そして、ものづくりに優れた日本において、少々時間がかかっても手作業・手作りのすばらしいフェアトレード商品、作る人に、利用する人に、地球に優しいフェアトレード商品は必ず受け入れられるでしょう。

***** などなど、日ごろ思っていることを話し交流する。
 「本が大好きなので」と、山羊皮のブックカバーを2つ購入され、「これで仕上げます!」と元気に帰られる。

  明日を担う若い方から元気をいただく。歳いく店主には良い刺激・・・・・・・。おばさんでがんばろう。

 1月の連休をさせていただくお知らせ・お願いです。
   第3日、月・・・・・明日、1月15日(日)と16日(月)休ませていただきます。


アチャのお客様 | 18:13:20 | Trackback(0) | Comments(0)
戎さん ありがとうございます。
  東日本大震災からはや10ヶ月が過ぎる。苦しく辛い日々を踏ん張って生きる被災地のみなさん、わたしも改めて3・11のあの日のこと・・・・・心に刻みこもんで進もう。   

  3日間賑わった戎さんも終わり、この界隈も平常に戻る。初詣から戎さんと、おでんやリンゴ飴などなどで忙しくされていたお店屋さんは「やっとお正月の休みです」と。 お疲れさまです。

 しかし、今年の戎さんも人出はもう一つ、と・・・・・・ お客様たちの声では・・・・・
* 「古い笹を返すだけで、新しい笹を買わない人も・・・・・、”お商売をやめたのかしら”、”笹も500円値上がりになったから”」

* 「笹も最終は値引きよ。この熊手、9500円が8000円で安くなったんだけど、わたしの次の人から6000円なんよ、だから昨年遅く言ったの。そしたら完売で買えずで・・・・」と大笑い。

* 「高いけど無理をして買ったんです。昨年から鍼灸マッサージの仕事で独立もしたことだし・・・・」と。
立派な熊手に、ほほ笑み顔の2体の恵比寿さんを拝見させていただくと、思わずこちらもほほ笑みをいただく。

 この3日間、フェアトレードのチョコレートやカレーをはじめて買って下さる方をはじめ、フェアトレードの商品たちが、このacchaから羽ばたいていきました。ありがとうございます。「おいしかった!」、「癒された!」と、きっと来年の戎さんにも、またまた参拝者のみなさんが来店して下さることでしょう。
 
 次の定休日、わたしは「今年も賑わいをいただきありがとうございました」と、堀川戎さんに報告御礼の参拝です。

日記 | 14:38:04 | Trackback(0) | Comments(0)
堀川戎さんでにぎわう
  「海と市場の守り手」とも言われる恒例の戎さんがはじまる。
 昨日は祭日のお休みと言うこともあり、「堀川戎」の参道にあたるacchaの前は、家族連れやカップ連れの人たちで賑わう。商売繁盛とともに、家庭の繁盛・安定・安心を願い、笹を返して、持ってと、奉納されたみなさんのお顔が明るく感じる。

 昨日、静かなうちに参拝し、「待っていました!」とお向かいの「たいやき」熱々を食べる。戎さん3日間、屋台の何かを食べるので、2~3日前からおやつをはじめ少し食を減らしました(笑)。
 1年ぶりの再会で、もう7回の出会いになるご近所の屋台のみなさん、寒い中で必死にがんばられる姿にいつも「えらいなぁー」と感心する。「今年も宜しくおねがいします」と笑顔での再会がうれし。

    2012_010912・1・9 戎さん0006  2012_010912・1・9 戎さん0003
    2012_010912・1・9 戎さん0010  2012_010912・1・9 戎さん0008
    2012_010912・1・9 戎さん0018  2012_010912・1・9 戎さん0021

 「可愛い!」、「すてき!」、「みてみて!」と、今年もたくさんの歓待の声をいただく。例年の如く、フェアトレードを熱く語り多いに宣伝する。
 1年に一度、この機会を逃さず来店されるお客様もあり感謝に堪えない。今年の新しい笹を買うことと、フェアトレードの品を買うことが定式化されてる方もあり、この地でフェアトレード店を開いていることが求められると。
 
 また、フェアトレードを知っておられる方たちには、「こんなところにフェアトレードのお店が・・・・・」と、とても喜んでいただく。
 ビーズ玉を買われた若いお嬢さん、レジの横に置いてる東日本大震災の募金箱に、1000円札をそっと入れて下さる。

 街は夜遅くまで賑わうも、わたしは屋台のみなさんより一足早く帰らせていただく。明日も、明後日もがんばるぞ!と自分に言い聞かす。

アチャのお客様 | 14:44:16 | Trackback(0) | Comments(0)
acchaの新年からの、ほっこり出会いです!
 新年の営業3日目を迎える。数日ゆったりの生活に浸かっていたので、昨日からやっと店主として目がぱっちりでしょうか(笑)。新年に秘めていた今年の方向も含め、気合を入れていかねばなりません!。よろしくご指導ご鞭撻のほどお願いいたします。

 新年からほっこりの出会いをいただく。

 8年ぶりでしょうか。以前ごいっしょに活動していたMさん(藤井寺市)が来店される。5日の初出・新年の集いの帰りで、昨年もacchaを探したが見つからず、「今年こそ」と仲間のみなさんと探してと。久しぶりの再会を喜び合い、なつかしい話に花が咲く。インドのミラー刺繍に魅せられ連れていかれる。2012年一番の出会い・お客様に感激!。

 滋賀県湖南市からMさんご一家の来店をいただく。数年前のacchaでの出会いがウソのようで(ご病気)、明るく美しくキラキラ輝いておられる。この地から湖南市に引っ越しされるも、年に1~2回来て下さる。いつも手を取り合ってお互いの元気を喜び合う。今年から2人目のお子さんも幼稚園児なので、「今年は自分も夢と目標を持って進む」と。彼女の輝きがとってもうれしい!。大好きなコットンのお洋服を連れて帰られる。

 京都府舞鶴市から、社会福祉のお仕事をしながらライブをされてる男性・Mさんの来店をいただく。大阪で所要がある時お顔を見せて下さり、フェアトレードを応援して下さる。
 「今日はわたしの実家の手延べうどんを」と、安城市三河の「手延べ半生うどん」を持参されびっくり。「そのまま湯がくと背丈以上あるので、切ってから湯がいて下さい。親父がしているので、わたしも将来はその路になるんです」と。

 これまで出会ってお話していた彼から想像もつかず・・・・・・・驚きと同時に「うれしい!、すてき!、ありがとう!」と大声をあげる。
 小さな生産者(失礼ですが)、かつ、伝統あるお商売の後を継がれる・・・・・・「今の時代に求められるもの」と、わたしには、ほっこりでとてもうれしい気持ちにさせていただく。

 「明日からお店なの、チョコレートずーっと我慢してた」と、「こだわり食材・デミ姐屋」さんのオーナーの来店をいただく。早速ご自分のブログにフェアトレードチョコレートのご紹介です。ありがとうございます。

 東住吉から赤バスに乗ってMさんの来店をいただく。「いつもお友達にもらってばかりなので、今度集まるときの手土産に」と、紅茶とチョコレートのセット10個分を連れて帰られる。「消費税増税NO!」の請願署名にも静かにサインを。

     ・・・・・・・・こうして、今年も遠方から、ご近所からとうれしく温かい出会いをいただく。ありがとうございます。
 
 accha新年の3日目、目も頭もパッチリ開けて営業に勤しんでまいります。
 

アチャのお客様 | 13:52:12 | Trackback(0) | Comments(0)
2012年 ダッシュ!

   新年あけましておめでとうございます。  
  
  昨年も大変おせわになりました。
        2012年 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


   ゆっくりのお休みをいただき、新年のごあいさつが遅れました。acchaは今日からです。今年も引き続き「フェアトレードの発展・継続に全力」・・・・・・・の決意です。合わせて、東日本大震災・東北被災地への熱き思い・応援も継続してまいります。

 退職後の仕事として、「小さい生産者を大切に」、「女性の自立・地位向上」、「平和・環境を守る」、「貧困をなくす」と、この4つのつながりを探求しようとフェアトレードの活動・専門店を2005年12月3日、大阪・天満にオープンいたしました。

 acchaオープン時の決意・ごあいさつ・・・・・・、初心忘れることなく、みなさまと力をあわせ、誰もが「幸せになる社会」の実現を目指しがんばってまいります。
 今年もみなさまのお力添えを心よりお願い申し上げます。

     2012_010512・1・5 営業0004  2012_010512・1・5 営業0001
                 2012_010512・1・5 営業0006


日記 | 18:07:38 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。