FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
学びの4日、5日
  4日、5日と学習をはじめ、新しい商業施設の見学など学び多き日を過ごす。

 4日は、「地域経済の循環で『なりわい』の再生」です。4ページにぎっしり詰まったレジュメを元に80分の講演を聞く、なんて久しぶりのことで大丈夫かな・・・・・でしたが、バッチシ!。
 3・11から1年7ヶ月余、未曾有の被害を出し続ける東日本大震災を軸に、地域の、社会の、経済の、政治の在り方を学ぶことでした。
 
* 地域再生の原動力は、「地域の中小企業、農林漁家、協同組合、基礎自治体」と
* 小規模自治体ほど、一体関係が強く、住民の自治力を生かした効果的な地域づくりが可能と
* 「人間性」が回復する地域づくりが、災害の時代&グローバルな時代だからこそ求められていると

 が、わたしの心にストーンと落ちる。もちろん、そのためには「TPP]や「消費税増税」はNO!ですね。

 わたしの出番である午後の、第3分散会「明日へのつながり力、『ほんまもん』への共感」。なんとか話しましたが、「お客さんが求めているもの」、「お客さんとのつながり」、「自分磨き」・・・・など、様々な質問にタジタジです。 

2012_110412・11・4 商工0003 2012_110412・11・4 商工0005

* 岩手県宮古の山田町観光協会会長を務められている、宮古民商理事の大杉さんの報告に涙・・・・・・・・・・・・・・。
「8000万円で新築された新店舗を津波・火災で失う。も、『顔を見ながらの商売は被災地にとって絶対に必要』の想いで、自宅を改装して弁当屋を再起し、今年8月から仮設店舗で営業再開。行政に様々な要求を働きかけ、画期的な制度を作らせるなど、復興に向け精力的に活動中」
 持参された現地の食品が飛ぶように売れる。

* 「価格競争で勝負すると自分の値打ちを下げる。業界や生産地をつぶす」と胸を張って頑張られる畳屋のお兄ちゃん。国産のイ草が高いのではなく、中国産イ草が安すぎると。「ほんまもん」の素晴らしさを、口と頭と足・・・・・と全身で行動される。自分磨きが何より大切と。

 すばらしい学びの場を、自分を顧みる場をいただき感謝でいっぱいです!。acchaショップカードやaccha通信も100枚近く羽ばたき、「今度の土曜日チョコレート買いにいきます」と、うれしい声かけもいただく。原点・初心にかえろう!!。

 5日は、大阪駅JR構内にオープンした「駅 マルシェ」の見学に。「月曜日に・・・・・どうしてこんなにも大勢の人たちが・・・・・」と、女性を中心とした人、人に驚く!。従業員・売り子さんのはつらつさに学ぶ。も、人に酔って何も買わず、食わず・・・・・で、地元の天神橋商店街で昼食と買い物をして落ち着く。
 駅中をはじめ、百貨店や商業施設の乱立・競争の梅田界隈、少子高齢化でパイの奪い合いを寄寓する。わたしたちは極力、地元・地域でお金を落とそう・・・・・・。

 引き続き夜も地域の学習会に参加する。大手チェーン店における26歳女性の「過労自殺」や、午後5時閉社前に明日から出社しなくてよいとの解雇通知を出すP電気会社など、大きな生産者の人間使い捨ての理不尽を知る。

 4日、5日と2日間、いろんな事を学び今日、明日からの糧に。
 人が人として生きれる地域・社会の大切さを改めて確認する。そして、そのために少しで役立つ店主でありたいと・・・・・・。

スポンサーサイト



日記 | 15:54:22 | Trackback(0) | Comments(1)