■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
消費分析、「社会貢献意識」広がる
  昨日の日経MJで、「消費分析 ”フェアトレードに関心” 認知度43%、女性が高く」の表題で分析を紹介している。(20代以上で全国の2350人対象)

 フェアトレードについて
  「内容まで知っている 17・1%」、「名前だけ知っている 26・7%」 合わせて43・8% 

 性年代別の認知では
  「女性30代 51・1%」、「女性50代 50・2%」 と30代50代が高い
  「男性20代 47・3%」、「女性20代 46・8%」 男女では20代が高い

 認知している回答者で、フェアトレード商品を購入した「経験がある 57・2%」
 実際に購入したことのある商品の種類では「食料品 90・4%」で突出して高い

 フェアトレード商品の購入理由について
  「商品そのものが気に入ったから 70・9%」、「途上国の経済発展に貢献できるから 57・0%」、「社会的に良いことだから 37・4%」、「国際協力ができるから 33・5%」

 商品の購入未経験者への質問では
  「フェアトレード商品を扱う店が近くにないから 48・8%」、「自分の欲しい商品でフェアトレード商品がないから 33・1%」、「どこでフェアトレード商品を購入できるかわからないから 25・0%」
 購入未経験者の今後の意向について
  「購入したい 7・5%」、「やや購入したい 46・1%」、合わせて53・6%が購入意向
  かつ、衣料・コーヒー・アクセサリーなどを含め、「一般商品と比べて高価格でも購入したい 62・2%」 (とってもとってもうれしいです!!! 若者の給料・賃金上がれ!です!!!)

 まとめとして、「社会貢献意識が広がる」、そうした「社会に良い」を買いたい消費者の需要について、どこまで満たすことができるかが、今後の消費をけん引していくひとつの方向性ではないかと。
                
                   2013_022713・2・28MJ0004

  地域によっても大きな違いがあり、特に大阪は少し厳しいようにも感じる。が、若い世代の認知率も高く、3・11のボランティア活動をはじめ、原発反対のとりくみなど、若い世代の「社会に良い」のうねりをわたしも感じる。就職氷氷河期と言われる今日、「良い社会」を求める若い世代のうねりに元気をもらう。

 さぁー、フェアトレードの店主として老いを労わりつつも、期待に応えるフェアトレードショップに邁進しなければいけません。がんばろう!!!。

  3・11 ワンコインカンパのおねがい  
  
  明日から3月、そして2年前の3・11がやってきます。被災地では孤独死をはじめ、生活債権のめどがたたず、多くの方々が怒涛に苦しみの暮らしです。合わせて目に見えぬ放射能汚染におびえての日々の暮らし。何一つ解決してないにも関わらず、再び安全神話の元に原発再稼働する政府と電気の大きな生産者・・・・・・・・・。本当に怒りと悔しさで涙が出ることばかりです。
                  2013_022813・2・28ワンコ0002
 
 「わたしたちはあの出来事を忘れてはならない!」の思いで、今年もワンコインカンパにとりくんでいます。いろんな形で被災地支援をされておられると思いますが、どうぞacchaでのカンパ活動にも宜しくお願い申し上げます。

スポンサーサイト
未分類 | 12:25:58 | Trackback(0) | Comments(0)
ステナイ生活へのご寄付のお礼など
  2月もあと数日となるも豪雪地域のみなさんは雪に埋もれて大変だ!、大阪の寒い・・・なんて罰が当たる!。
 
  昨日も鍼灸院に通う(体調は大丈夫!、元気を維持するための予防です)。草花や樹木、空をながめながらゆったりした気分で扇町公園を通る。1週間前は、ホームレステントがなくなっていることに胸を痛めていたが、昨日、その前が新しく舗装された道になっている。公園内として人が通る場所、と言うか道でもないので誰も通っていない。
 新しい道、まぶしい道に、「ごめんなさい」とつぶやきながらそっと足を置き、歩く。すっきりしたからこれでいいんだ!、の声もなんとなく聞こえる。
 複雑な心境・・・・・寂しく、悲しい気持ち。何も出来ないのに、自分のおごりだろうか・・・・とも。

 鍼灸院の待ち時間、来る前に買った「ビックイシュー209号2・15」を読む。最後のページで毎号紹介される「今月の人」、今回は大阪梅田阪急百貨店前の販売員さん。なんと37歳の若者!!。

 いつも思う!。
みなさん、リストラや失業、病気、親の暮らしもぎりぎり(今回も親は生活保護)など、いろんな事が重なりのホームレス。「今の社会では誰もがなりうる」と心から思い、叫ぶ!。
 いつも思う!。
この頃登場する人は30~40代の若い人たちであることに驚く!。胸が痛む!

              2013_022613・2・26ホームレ0003

 今号の井手満男君(37歳)  
 「これまで一人で生きてきた僕が今、こんなにたくさんの人に支えられている(買ってくれる人、はげましてくれる人)。感謝の気持ちでいっぱいです。予想以上に大変な仕事だけど逃げない。支えれくれる人たちを裏切りたくない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」と。

 朝から夜までがんばる販売員さんを見て逆に「励まされる」、と言う方も多々あると言う。 
 がんばる販売員さんにエールを!。買い続ける、声をかける、格差社会・貧困問題に声をあげる・・・・・・と、小さなことかもしれませんが、ごいっしょに声をあげましょう。


  「ステナイ生活へのご寄付のお礼」として、シャプラニールより内容報告が届く。

   * はがき     6、570円
   * 未使用切手  6、228円
   * 使用済切手    812円
   * 使用済みテレカ  136円
            < 合計換算額 13、746円 > 


 ご支援いただいたみなみなさま、本当にありがとうございました。
 尚、使用済プリペイドカードにつきましては、収集を終了するとの連絡です。書き損じはがきや切手は引き続き取り組みます故、宜しくお願い申し上げます。

日記 | 16:16:09 | Trackback(0) | Comments(0)
「 特派員メモ ”いないいないばぁ” 」
  ほっこり記事・・・・・、そして、わたしの学ぶ記事のご紹介です。

  「 特派員メモ ”いないいないばぁ”  ドバイ 」 

 中東ドバイからニューヨークへ戻る夜間フライトの途中、前席のインド人の夫婦が連れた1歳ぐらいの女の子が、火がついたように激しく泣き始めた。
 夫婦は交代であやすが、30分近くたっても泣きやまない。わたしの隣席の白人青年は不機嫌な表情で何度も座る姿勢を変える。「勘弁してくれ」と言わんばかりだ。機上の夫婦に移動できる場所はなく、困り果てた様子だった。

 すると、夫婦の右斜め前に座っていた大柄な黒人男性が立ち上がり、女の子に向かって「ビーカブー(いないいないばぁ)」。男性はひとなつっこい笑顔を浮かべている。女の子は一瞬きょとんとしたが、またすぐ泣き始めた。今度は左斜め前のアラブ人とみられる男性が口笛を披露。
 軽快なリズムをさえずったり、鳥の鳴き声をまねしたりしているうち、いつしか女の子は泣きやんだ。

 感謝する夫婦に、2人は「大丈夫」「子どもは泣くものだよ」。重苦しかった雰囲気は一転、和やかになった。さっきまで不機嫌な表情だった白人青年が、2人の言葉にうなずいていたのが何ともおかしかった。

 ほのぼのと心温もる記事をありがとうございます。わたしなら・・・・・・・・、きっとそのご夫婦まかせで寝たふりをしているでしょうか。それとも・・・・・・・・・・・。子どもをあやし続ける男性のお2人に感動です!。「子どもは泣く、騒ぐ、悪さをしたい」は付き者です!。
 改めて、お店での対応などを振り返り反省する。ほっこりをいただくと同時に、大柄な黒人男性とアラブ人のやさしさに学ぶ内容でした。

日記 | 11:22:54 | Trackback(0) | Comments(0)
2013春夏カタログ・商品入荷です
  お待たせいたしました!、ピープル・ツリーの2013・春夏号のカタログと新商品が入荷です。狭い店内は大きな段ボール箱でますます狭くですが、昨日はサポーターのMさんのお手伝いもいただき、ちょっとすっきりです。商品は追ってご紹介いたしますが、今号は下着やベビー服などなどが別冊となり、ピープル・ツリーさんのオシャレな下着やベビー服などを、オーガニックコットン特集としてで強調です。

 <やさしい生成りものがたり>
         フェアトレードのオーガニックコットン、使ってみませんか? 
 
から、「 NO、2 オーガニックコットンを選ぶということ 」のご紹介です。

 オーガニックコットンを栽培するのには、私たちの想像をはるかに超える手間がかかっています。。まず、良質な土となるオーガニック農法の肥やしを2日かけてつくります。さらに牛で畑を耕すには1エーカー(約4、047m2)あたり2日半ほどかかります。コットンの収穫時は、枯葉剤を使わず給水を断ち、霜によって葉が落ちるのを待ちます。コットンボールは、ひとつひとつ丁寧に手摘みするので時間のかかる作業です。

 1960年代以降、農薬や化学肥料などを使った近代的農法が農民に利益をもたらすものとして急速に広まり、こうした手間のかかる伝統的な農法は廃れてしまいました。現在、オーガニックコットンの生産量は、全コットンの約2%未満とも言われています。その反面、インド国内で使用されている農薬の50%近くがコットン畑に使われているのです。
 オーガニックコットンは、着る人だけでなく、つくる人にも地球にもやさしい選択なのです。
 

 2013_022113・2・21PT0001 2013_022113・2・21PT0008
 2013_022113・2・21PT0004 2013_022113・2・21PT0006
 2013_022113・2・21PT0010 2013_022113・2・21PT0014
 2013_022113・2・21PT0018 2013_022113・2・21PT0021

 すてきなお洋服やその組み合わせ、アクセサリー、カバン、小物達がいっぱいです!。まだまだ寒い日が続きますが、ちょこっと春探し・・・・・いかがですか。
 そして、この春・夏も、「着る人に、つくる人に、地球にやさしいオーガニックコットン」の出番です!。
 わたしもオーガニックコットン大大好き!!。「気持ちが良いねぇー、丈夫だねぇー、冬は温かく、夏は汗を吸うから最高よ」は多くのみなさまのお声です。ありがとうございます。

フェアトレード新商品 | 12:03:45 | Trackback(0) | Comments(0)
accha、イベントです!
    冷たい雨やみぞれが降る2月の中旬、春はまだ遠いようです。連休をいただき、雑務や私的な用事、読書などで英知を養う。が、昨日、鍼灸院の通い道に扇町公園を通った時、ホームレスのみなさんが寝泊まりされているテントが無くなっていることに気づき胸が痛む。
 公園としてすっきりしたかもしれない・・・・・・・。だが、この大阪市で新たな寝泊まり場所が準備されたとは思えない!。いったいどこへ行かれたのだろう・・・・・・。人の命が粗末に扱われることを憂うる。何が出来るのだろう・・・・・と。

***** 今日は4月から5月のacchaイベントのご案内です。

  4月19日(金) アクセサリー・リフォーム会
                            14:00~19:00 acchaにて
   
        アクセサリーリフォームのご相談・お直しをはじめ、汚れたピアスなどの磨きも承ります

  4月21日(日) 第2回 文化・自然・食を求めての日帰りツアー            
              「タケノコ掘り 奈良 山添村へ」 (定員 20名)(詳細はホームページへ) 
  
 昨秋下見に行ってまいりました奈良・山添村のタケノコ掘り。お昼には、「おいしい!」と絶賛される掘りたてのタケノコを焼いていただきます。ご自分で竹炭にもチャレンジされるなど、ご先祖さまからいただいた山や畑を丹念して生き返らせ、かつ、村活動にもがんばられるる友人にエールです。
 美しいや山や川、縄文時代の遺跡など、文化・自然・食を満喫しましょう。

  5月26日(日) 世界フェアトレード・デー in accha  
             おかげ館(天神橋商店街・3丁目 予定)13:30~16:00
  
 ** 予定内容
  ・ おかげ館前でのカレー試食販売
  ・ ライブ
  ・ お話し、交流  企業内での社会貢献やフェアトレード活動、わたしのフェアトレード活動
  ・ その他  



イベント | 16:41:55 | Trackback(0) | Comments(0)
春もの、ご紹介です
   春ものが少しづつ入荷しています。
 今日はネパリ・バザーロさんのご紹介です。

 早春プチカタログの最初のページの一部より・・・・・・・・
    <服作り> 服も農産物というとらえ方
 ネパールは服の素材となる綿、絹、毛などの原材料を他国から輸入していますが、せっかくの恵まれた自然を活かすため、遠隔地の農産物を素材とした、柿渋や紙布など、染料やテキスタイルの開発にも取り組んでいます。服を農産物のひとつと捉え、国民の8割が農業に従事する農業国ネパールに適した開発の実現に、時間をかけて、現地の農業の人々と共に挑戦しています。

 2013_021613・2・16ネパリ0002 2013_021613・2・16ネパリ0004
 2013_021613・2・16ネパリ0005 2013_021613・2・16ネパリ0018
 2013_021613・2・16ネパリ0008 2013_021613・2・16ネパリ0015
 2013_021613・2・16ネパリ0009 2013_021613・2・16ネパリ0012

 大人気のサヌ・バイさんの洋銀アクセサリーにアジサイのシリーズが仲間入り。大きな美しいお花が華やかです。可憐で素敵です!。
 
   「何度サンプルのやり直しをお願しても、大変細かい要求をしても、全身全霊でこちらが言おうとしていることを聴き、快く応じてくれるサヌ・バイさん。そのために品質が向上し、アイテムも増え、現在は、シルバーのアクセサリーや洋銀のプレートなども作るようになりました」と。

 わたしも早速、あじさいのピアスをつけてルンルンです!。あまり広くない工房で、一生懸命作られているサネ・バイさんの笑顔が浮かびます。これぞ生産者の顔が見える商品・作品ですね。

 手織り、手染め、綿素材のやさしい服、農業国ネパールの春服をご藍ください。

フェアトレード新商品 | 14:45:37 | Trackback(0) | Comments(0)
南アジアの支援活動費にと・・・・・・・
   2月も今日が中間の14日、外はまだ寒い冬日ですが、柔らかく照らすお日様に春を感じる。
 また、今日はバレンタイン・デー、人々に平和な春・愛が訪れますように・・・・・・・・・と念じる。

 昨日、多くのみなさんからいただいた愛の「書き損じはがき、未使用切手、使用済み切手・カード」を、シャプラニール=市民による海外協力の会に送る。

<送ってください、南アジアの支援活動費に役立てられます>として

*** 送っていただいたはがきなどは、郵便局と業者の協力により換金され、南アジアのバングラディシュで家事使用人として働く少女たちへの支援活動に活用されます。バングラディシュ国内に33万人いると言われている、家事使用人としてて働く少女たちの7割以上が、学校に行ったことがないか、低学年でやめてしまったために読み書きができません。シャプラニールは、少女たちが集まるヘルプセンターの運営支援を行い、補習授業や技術研修を行っています。***

*** はがき10枚(400円分の寄付)で働く少女たちへの読み書き教室を1回開催できる!

 書き損じはがきと未使用切手 使用済み切手・カード

 職場内をまとめていただいたり、これまでの未使用切手の整理、かつ足を運んで、郵送で・・・・と、愛の深まるご協力本当にありがとうございました。
 acchaは店が狭いので、はがき、切手、カード類になりますが、今後も通常に取り組んでまいります。引き続きのご協力を宜しくお願い致します。

 尚、シャプラニールさんからの報告を後日お知らせ致します。ありがとうございました。

日記 | 14:04:26 | Trackback(0) | Comments(0)
日曜日のこと
   先日の日曜日、昨秋サポーターの輪に入っていただいたF・Yさんから、お手製のすてきな看板をいただく。Fさんはギターの奏者で、お友達とアンサンブルを組まれ、街の音楽祭への出演をはじめ、福祉施設など慰問演奏の活動をされている。また、お仕事先が看板会社さんと言うこともあり、字や絵を得意とされる。
 「acchaのショップカードをスキャンし、廃材なんかを活用して作ったんよ」と。思わずのacchaミニ看板にびっくりと、うれしさで胸がいっぱい!。配置場所を考えつつ、出店などにも活用しいこうとワクワクです。どうもありがとうございます。

 Fさんには、5月26日(日・予定)の「世界フェアトレード・デー in accha」のイベントで、ライブ出演を引き受けていただいています。また、次回のaccha通信で「音楽の力」と題しての記事をご紹介します。お楽しみにお待ちください。

               2013_021213・2・12看板0001

 また先日の日曜日、昨年9月に退職されたMさんの来店をいただく。在職中、お昼休み時間を利用して天満橋から早歩きでお買い物に来ていただいた懐かしいMさん。失業保険をもらいながら次の職探しと。「しばらく分の確保」にと、コーヒーやココアなどフェアトレードの食品たちを連れて帰られる。はるばる奈良からのご来店ありがとうございます。うれしかったです。

 そして日曜日、遠方からもご近所からも、愛を運ぶフェアトレードのチョコレートなどなどのお買い上げをいただきました。ありがとうございます。

 フェアトレード・acchaのもつご縁で、心に染みる出会いをいただき感謝でいっぱいです!。
 
 
 
 
 
 

アチャのお客様 | 17:24:42 | Trackback(0) | Comments(0)
ネパールから、「スパイスワイン」
  寒い真冬日に戻る。老いのわたしも、ここ数日体調がすっきりせず、身体に優しいモノを食べて早く寝るなど自分を労わる。とともに、ここ2日、夜寝る前に飲んだ「ホットのスパイスワイン」でなんとか元気復活。
 
 ホット・スパイスワインはすごいです!。温まって美味しんです!。
 作り方は簡単(スパイスワイン袋の裏に記されてる)

 赤ワイン(150ml)、ハチミツ(大さじ1)、ホットワインマサラ(小さじ1)を弱火で温め沸騰する直前で火を止め、茶漉しで漉す。だけで飲めます。わたしは、ハチミツの代わりにメープルシロップを大さじ半分、マサラを小さじ山盛りにしています。

              2013_020913・2・9ワイン0002

 このスパイスはネパールからです。
 スパイスは、街から遠く生活が厳しい、しかし自然が豊かな地域で栽培されてる。スパイスは非木材の再生産植物の一種で、環境に優しい植物です。荒地でも栽培でき、成長も早いため、わずかな土地しか持たない生産者にとって、スパイスは貴重な収入源になっています。また、わたしたち消費者にとっても、生産者の顔が見えているので、安心して口にすることができます(カタログより)。

 先日いただいた、ネパリ・バザーロ&ベルダレルネーヨの2012年間報告書から、厳しい「ネパール情勢」のご紹介です。

*** 1月19日からまた計画停電時間が延長され、一日合計14時間になりました。乾期なのでもっと停電時間は延びていきます。旧式の水力発電のため発電量が需要に追いつかず、年間を通じて停電が多いネパールですが、計画停電が日常となったのは2006年頃からだと記憶してます。

 市民生活にも仕事にも大きな影響の出るこの計画停電は、更に深刻になると予想されています。最近のインドの経済成長による電力需要増で、これまでのようにインドから購入できなくなり、大型ダム建設による発電量増大までの今後数年は、最悪21時間(毎日)停電になるとの予想もあります。

 このような状況下でも逞しく生活し、日本市場に適合できる製品を作る生産者のみなさんに驚き、敬服するとともに、私たち日本の生活、電気に対する感覚を問い直さねばと気付かされます。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
 多くの人命や生活自然環境を危険にさらす発電方法(原子力発電)に、なぜ固執しなければならにのでしょう。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。ネパールと関わっていろいろな世界が見えてきます。
 

未分類 | 13:30:35 | Trackback(0) | Comments(0)
お客様のこと、アクセサリーリフォーム会のこと
    昨日久しぶりにNさんの来店をいただく。ノロでしばらく体調を崩されていらしたようで、少しお顔がスリムに。住民奉仕を主体とされる公共施設で働いておられるので、仕事はいつもお忙しいと。
 Nさんは、とってもまじめな方で裏表なく、文字通り住民奉仕に一生懸命の方、それが喜びや生きがいの日々だと。ただ、職場内での人間関係で、「人の噂話、しかもあまり聞きたくないことが耳に入ることとても辛い」と嘆かれる。

 弱いモノや出来ないモノが切り捨てられそうな今日の社会で、人間関係が希薄・刷罰してきているような気がする。やさしいNさんには辛いことだが、「良い加減」での日々や、やりがいのある住民奉仕の仕事に身も心も・・・・・と話し合う。やさしいご主人さんに愚痴を聞いてもらったり、おいしいお酒もたしなまれるなど、他に幸せいっぱい笑顔万延のNさん。

 「なかなか来れないから・・・・・・、これ職場に着て行かれる!」と、春色のきれいなブラウスやベジタブルカレー3箱などなどを選ばれる。acchaの春イベントの紹介をしながらまたの再会を約束。
 ありがとうございます。

 今日はアクセサリーのリフォーム会で、G・houseの金家さんにお世話になる。17:00の時点で2つのリフォームと、新しく3つのオーダー。Eさんのオーダーに魅せられてわたしもゲットする。タイ・カレン族のシルバーで作られたお魚モチーフのネックレスとピアス。とてもシンプルで、どのお洋服にも使えそう。
                 
                    2013_020713・2・7リフォー0001

 G・houseさんは、フェアトレードのパーツで手作りアクセサリーの製作・販売をされておられる。オーダーすると、金家さんの助言をいただきながら、好きなパーツを選び、世界でひとつ、わたしだけのアクセサリーが出来あがる。2ヶ月に一度開催のリフォーム会に是非お越しください。

 お気に入りの新しいアクセサリーをつけるって・・・・・ワクワクの気持ちになりうれしいです。
 ありがとうございます。 

アチャのお客様 | 17:38:49 | Trackback(0) | Comments(0)
いよいよバレンタイン・チョコでーす
  春の様な陽気かと思えば冬に戻る・・・・・で体調管理の日々です。節分も終わり、いよいよバレンタインデー・チョコの出番です!!!。宜しくでーす。
 
  先週末、久しぶりにゆかちゃんが2人目の赤ちゃんを連れて、バレンタイン・チョコなどを買いの来店。 彼女は、「子どもがもう少し大きくなったら、以前のようなボランティア活動に復帰したい!」の熱い想いを秘めておられる。
 早くにお母さんを亡くされたので、わたしのような者をお母さんと思って慕って下さる。彼氏ができて迷い、幸せな結婚を迎える、その後彼氏のご家族との付き合い、赤ちゃん誕生、引っ越し・・・・・・と、ただ、ただ見守ってきただけで、なーんにもしていないのに申し訳ない。が、「acchaとともに年月を重ねて来たね」と話し合う。
 夕方でバタバタしていたので、ゆっくり話せず、また写真も撮れずですみません。
 ゆかちゃんは、チョコレートセットを数個とお気に入りのフェアトレード小物たちを連れて元気に帰られる。

 2013_020513・2・5チョコ0010 2013_020513・2・5チョコ0008
 2013_020513・2・5チョコ0004 2013_020513・2・5チョコ0002
                2013_020513・2・5チョコ0001

 これから「ハングルの勉強に行くので先生に」、「韓国のお友達に贈るので」と、松原市のYさんもいつもフェアトレードの継続・発展に熱い想いを。

   「バレンタインはフェアトレードのチョコよね」、「来週チョコを買いにまた来まーす」、「自分にもこの時期はしっかりチョコです!」とみなさまの声をいただく。

 わたしも日頃お世話になっている方々に・・・・・。「おいしい!」のその笑顔がうれしくて・・・・それがまた元気に繋がり・・・・・って、いいですよね。

 みなさま、おまちしてまーす。
 

アチャのお客様 | 13:32:14 | Trackback(0) | Comments(2)
怒りの声を届けよう!
    先日訪れたネパリ・バザーロさんのお話会で、今後も年に2~3回(これまで12回)被災地支援として温泉招待を続けることが報告される。それは・・・・・・・・・・・
 「小さな子どもを抱えてこの地に残ってる若い人たちには、無言の圧力が強いと」。”どうして引っ越さないの”、”大丈夫なの”・・・・・など、様々な目線で見られることなんでしょう。そこで、温泉招待で仲間同士の交流をはじめ、励まし合う場、心から笑える場の提供として続けられるようです。

 被災地ではお母さんも子どもさんも大変な想いの暮らし、家族離散も多いと聞く。そんな時、怒り心頭の新聞記事を目にする。

 「福島第一原発周辺の手抜き除染問題」 
 問題は、何千億円もかけた事業のでたらめで、手抜きやピンハネが横行していると。しかも、5次6次下請けもありの現場では、作業する労働者に手当が渡っていない。
 
 これだけでも頭にくるのに・・・・・・・環境相は、「不適切な除染の発生を、先の政権と意見交換している」と政権責任のなすり合い、そして、やっと「そのような事が横行するなら必要な措置を」と。

 あまりにもの現場とのズレ、そこで暮らす人のことなどまったく無視の態度に、怒りと言うより「情けない環境相」、「恥ずかしい環境相」としか言いようがない!。

「すぐ現場を見に行く、ゼネコン大企業を呼びつけて怒る・詳細を聞く・手を打つ、地域住民や労働者には陳謝する、しかも若いお母さん達には平謝りを」。これが国民を代表する政治家・大臣、かつ、人間社会における常識ではないでしょうか。「被災地のみなさんのことを念頭に・・・・・」なんて、軽々しい言葉を使ってほしくないです!!!。

***** そして今朝も怒りが続く・・・・・・・・
 「活断層未公表資料 漏らす 規制庁幹部、原電側に」
 「原子力規制委員会は、日本原子力発電敦賀原発(福井県敦賀市)の活断層の未公表資料を、日本原電側に渡していたことを明らかにする」と。
 政権・委員会・電力会社の慣れ合いがここでも浮き彫りに・・・・・・。これまでのやらせメールと同じで、あいまいにしたままの終結と言うことでしょうか。

 怒ることばかりの昨今、あまりにも国民ないがしろですよね。小さな小さな小さな力かもしれませんが、大きな大きな世論に・・・・・ごいっしょに声をあげましょう。

日記 | 13:06:34 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad