■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ブルキナファソから「シアバター」がやってきます。
    ここ数日初夏のようでしたが今日は少し例年並みに戻りました。早いですね、もう夏日なんて。でもその前に梅雨を乗り切らなければです。

 Acchaイベント・5月27日(土)「世界フェアトレードデー in accha」のお愉しみ物販コーナーに、今回はもう1軒新しいお店やさんが出店してくださいます。
  
  「”シアバター” ア・ダンセ」さんのご紹介です。

   <シアバターとは?>
 < シアバターとは、アフリカの一部でしか生育しない「シアバターノキ」の種子から搾る油脂です。最初の実ができるまでに平均で29年かかるため、植林が進まず、ブルキナファソではほぼ野生の木です。現地では食用の他に万能薬のように使用されています。欧米や日本では少し前までは、ココアバターなどの代替油脂として使用されていましたが、最近になってその肌への効用から、化粧品に多用されるようになってきました。いまや保湿成分の代名詞となってます>

  DSCF8965.jpg DSCF8966.jpg

<私たちのシアバターを作ってくれている森を守るママンたちは、雨季の農作業の合間を縫って、ときには10キロ以上を歩き回り、自然に落ちた実だけを集めます。丁寧に種子を選別し、ほぼすべてを手作業でバターを抽出します。体力のいる作業ですが、おそらく数千年の間、女性たちが繰り返してきた見事なつぃごとです>(リーフより抜粋)

  素晴らしいですね   代表者の森重裕子さんは、年の半分をブルキナファソで暮らしておられます。現地では、シアバターの作業をする女性支援とともに森林管理やエイズ対策など様々なお仕事に関わられています。今回、たまたま日本に滞在されているチャンスの時期でした。

 そしてなんと、今回に限り「シアバター」の計り売りもして下さいます。とってもお得です!、この機会をお見逃しなく是非是非ご参加くださいませ。




スポンサーサイト
フェアトレード新商品 | 11:19:05 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad