FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
小学校3年生のお客さま
  厳しい暑さが続きます。
 昨日、汗を拭きながら可愛い女の子とお母さんが来店される。「、チョコレートありますか。ほら、ご挨拶して・・・・・、お訪ねしたいこと聞きなさい」と、そばで促されるお母さん。「なぜ、フェアトレードのチョコレート置いているんですか」と。  

 大阪の平野区から来られた小学校3年生のみやちゃん、クルクルした目で質問されるその真剣なお顔がとっても新鮮、かつ、かわいい!。
 横からお母さんが・・・・・・
「夏休みの課題図書から、娘がチョコレートに引かれ『チョコレートと青い空』を選んだんです。それで、フェアトレードに出会いまして・・・・・・、ただこの子にはことばが難しく、親子で辞書やネットでいろいろ勉強したんです。そして、チョコレートを置いているこのお店に辿りついたんです。
 ガーナから、ホームスティーに来ている方から、『 現地の子どもたちはチョコレートを知らない 』とも聞きました」と。

 お母さんを交えて、3人でいろいろ話し合う。
 買い求められたチョコレートの包み紙を彫りつけ、自由研究の最後の仕上げに追い込みをかけられると。
「フェアトレードの質問に学生さんが時々来られますが、一番若くて中学生。小学3年生ははじめてですよ!。偉いわね、みやちゃん!。自由研究がんばってね。また、いつでも来てね」と激励。
 みやちゃんとお母さんがほほ笑んで帰られる。みやちゃんの思いが、夏休みの自由研究で輝くことを祈る。

 さぁー、いよいよこの土曜日25日(土)、「ネパールから生産者・コットンクラフトのサラダさん & ネパリ・バザーロの土屋春代さん」の来阪です!。みなさまのお越しをお待ちしてます。
スポンサーサイト





アチャのお客様 | 15:08:01 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する