■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
怒りの声を届けよう!
    先日訪れたネパリ・バザーロさんのお話会で、今後も年に2~3回(これまで12回)被災地支援として温泉招待を続けることが報告される。それは・・・・・・・・・・・
 「小さな子どもを抱えてこの地に残ってる若い人たちには、無言の圧力が強いと」。”どうして引っ越さないの”、”大丈夫なの”・・・・・など、様々な目線で見られることなんでしょう。そこで、温泉招待で仲間同士の交流をはじめ、励まし合う場、心から笑える場の提供として続けられるようです。

 被災地ではお母さんも子どもさんも大変な想いの暮らし、家族離散も多いと聞く。そんな時、怒り心頭の新聞記事を目にする。

 「福島第一原発周辺の手抜き除染問題」 
 問題は、何千億円もかけた事業のでたらめで、手抜きやピンハネが横行していると。しかも、5次6次下請けもありの現場では、作業する労働者に手当が渡っていない。
 
 これだけでも頭にくるのに・・・・・・・環境相は、「不適切な除染の発生を、先の政権と意見交換している」と政権責任のなすり合い、そして、やっと「そのような事が横行するなら必要な措置を」と。

 あまりにもの現場とのズレ、そこで暮らす人のことなどまったく無視の態度に、怒りと言うより「情けない環境相」、「恥ずかしい環境相」としか言いようがない!。

「すぐ現場を見に行く、ゼネコン大企業を呼びつけて怒る・詳細を聞く・手を打つ、地域住民や労働者には陳謝する、しかも若いお母さん達には平謝りを」。これが国民を代表する政治家・大臣、かつ、人間社会における常識ではないでしょうか。「被災地のみなさんのことを念頭に・・・・・」なんて、軽々しい言葉を使ってほしくないです!!!。

***** そして今朝も怒りが続く・・・・・・・・
 「活断層未公表資料 漏らす 規制庁幹部、原電側に」
 「原子力規制委員会は、日本原子力発電敦賀原発(福井県敦賀市)の活断層の未公表資料を、日本原電側に渡していたことを明らかにする」と。
 政権・委員会・電力会社の慣れ合いがここでも浮き彫りに・・・・・・。これまでのやらせメールと同じで、あいまいにしたままの終結と言うことでしょうか。

 怒ることばかりの昨今、あまりにも国民ないがしろですよね。小さな小さな小さな力かもしれませんが、大きな大きな世論に・・・・・ごいっしょに声をあげましょう。
スポンサーサイト


日記 | 13:06:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。