■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
2013春夏カタログ・商品入荷です
  お待たせいたしました!、ピープル・ツリーの2013・春夏号のカタログと新商品が入荷です。狭い店内は大きな段ボール箱でますます狭くですが、昨日はサポーターのMさんのお手伝いもいただき、ちょっとすっきりです。商品は追ってご紹介いたしますが、今号は下着やベビー服などなどが別冊となり、ピープル・ツリーさんのオシャレな下着やベビー服などを、オーガニックコットン特集としてで強調です。

 <やさしい生成りものがたり>
         フェアトレードのオーガニックコットン、使ってみませんか? 
 
から、「 NO、2 オーガニックコットンを選ぶということ 」のご紹介です。

 オーガニックコットンを栽培するのには、私たちの想像をはるかに超える手間がかかっています。。まず、良質な土となるオーガニック農法の肥やしを2日かけてつくります。さらに牛で畑を耕すには1エーカー(約4、047m2)あたり2日半ほどかかります。コットンの収穫時は、枯葉剤を使わず給水を断ち、霜によって葉が落ちるのを待ちます。コットンボールは、ひとつひとつ丁寧に手摘みするので時間のかかる作業です。

 1960年代以降、農薬や化学肥料などを使った近代的農法が農民に利益をもたらすものとして急速に広まり、こうした手間のかかる伝統的な農法は廃れてしまいました。現在、オーガニックコットンの生産量は、全コットンの約2%未満とも言われています。その反面、インド国内で使用されている農薬の50%近くがコットン畑に使われているのです。
 オーガニックコットンは、着る人だけでなく、つくる人にも地球にもやさしい選択なのです。
 

 2013_022113・2・21PT0001 2013_022113・2・21PT0008
 2013_022113・2・21PT0004 2013_022113・2・21PT0006
 2013_022113・2・21PT0010 2013_022113・2・21PT0014
 2013_022113・2・21PT0018 2013_022113・2・21PT0021

 すてきなお洋服やその組み合わせ、アクセサリー、カバン、小物達がいっぱいです!。まだまだ寒い日が続きますが、ちょこっと春探し・・・・・いかがですか。
 そして、この春・夏も、「着る人に、つくる人に、地球にやさしいオーガニックコットン」の出番です!。
 わたしもオーガニックコットン大大好き!!。「気持ちが良いねぇー、丈夫だねぇー、冬は温かく、夏は汗を吸うから最高よ」は多くのみなさまのお声です。ありがとうございます。
スポンサーサイト


フェアトレード新商品 | 12:03:45 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad