■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2年目の3・11
* 3・11の昨日は定休日、午後新聞、本を読んでいると、近くのお寺さんから「ゴーン、ゴーン」と『追悼の鐘・再生の鐘』が響く。被災地のみなさんの様々な声に涙しながら、改めて、黙祷・・・・・・・・・・・。

* 孤独や仮設病が広がる中、声をかけ合って励まし合い、今日を明日を生きようと笑顔で踏ん張る被災地のみなさん!。励まされているのは、逆にわたしたち・・・・・わたしではないか・・・・・・・・と思う。

* ご近所のS子ちゃんから進められた本「プルトニュウムの恐怖」(高木仁三郎著・岩波新書)、3・11前後に読み切ろうと持ち歩いてる。カタカナや、数字、専門語が多いので、理解出来るか不安だった。
 が、第二次世界大戦の幕開けから、スリーマイル島原発事故の詳細等々をはじめ、プルトニウムの恐ろしさがミステリーのように解名される。
 まだ途中だが、「原発は絶対アカン!」と胸に染みる。

* 10日・日曜日の朝一番、3・11のワンコインカンパに京橋から来て下さる。ありがとうございます。3月末にまとめて送金させていただきます。

 *****
 ・「3・11」の復興・再生は、その地の住民のみなさんの思いを大切にしてほしい。
 ・政治や経済は、幾多の困難を抱えて生きるその地域のみなさんに、真心を尽くしてほしい。
 ・国と東電は、原発被害への完全賠償をしてほしい。
 ・孤独死前に仮設病をわずらう前に、ケアができないだろうか。
 ・「原発はゼロ」と切に切に願う。

 
 そして、わたしも3・11への熱き思いを持ち続けることを心し、引き続きカンパをはじめ支援のとりくみに参加しよう。被災地の人たちに恥じぬ生き方を・・・・・・と、改めて心に刻む3月11日!、でした。
 
 
スポンサーサイト


日記 | 17:48:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。