FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
人気の「柚子しぼりジュース」
アチャは、フェアトレードの生産者がつくるすばらし商品を購入していただくだけでなく、お客様や、地域のみなさんとの交流の場として、狭い場所だがお茶する場を設けている。
 
 いま、お客様の一番人気お茶は「柚子ジュース」! 
 「柚子ジュース」の発想は、12月のオープン時に仕入れた「柚子しぼり」の賞味期限が6月末にせまり、6月に柚子しぼり、メープルシロップ、美味しい水、そして氷をいれてジュースとしてお客様に出す。すると「美味しい!」、「すっきりする!」、「元気がでる!」と大好評。また「座って柚子ジュースを飲み、音楽を聞き、商品を眺め、話していると癒やされる」と20代~70代までの女性の声。そして「ここで飲みたいから、柚子しぼりをアチャにキープさせて」(60代)、「お友達に柚子とシロップ2本づつ送って」(30代)など、嬉しい声もいただく。当時「この商品はうちの店に無理かな」と思っていたが、なんとそれから2回も仕入れる。

 この商品は、第3世界の物ではないが、柚子しぼりは徳島県きとうむら、シロップはカナダ産で、どちらも自然の恵みを、環境と経済の調和した地域産業の育成として大切にしている(NGO団体・第3世界ショップ)。
            20060705120030.jpg

  柚子は契約農家による無農薬栽培。また搾り方も昔からの手搾りで、木製の柚子絞り器を使っている。手搾りは、機械に比べ果樹の量が少なくなるが、果皮の油分が混じることなく、えぐみや苦さも少なくさわやかである。
 「それでえぐみがないのがわかった」と、素敵な70代の女性曰く。彼女は毎朝レモンを搾って飲まれていたらしいが、「少し贅沢になるかな」と、言われながら、柚子しぼりに変えられ、大2本目を購入される。(大・500mlで2625円、小・250mlで1680円) 

 メープルシロップは、サトウキビの樹液を濃縮したもので、これも少し高級品になる(250mlで1155円)。だが、蜂蜜と比べてカルシウム40倍、カリウム20倍、カロリーは蜂蜜やお砂糖より低い、ヘルシーな甘味料である。

  ジュースの分量は、各自の好みになるが、わたしは写真のコップ分量(柚子しぼり、シロップ各5mm位の目安)に、水を6割、あと氷を入れる。「贅沢すぎるよー」の声も聞かれるが、暑い夏、わざわざお越しいただくお客様にサービスする。お客様みんなに、希望をお聞きして入れているわけでもないので、アチャご来店の節には、「時間があるので」と、お声をおかけ下さい。

 有機栽培の冷コーは、2番の人気で、次回にご紹介します。
 ちなみに、わたしは自宅の料理に柚子しぼりをつかっていまーす。
 大根おろし、焼き魚、南蛮漬けなど、香りも味もGUです。
 



スポンサーサイト





日記 | 12:49:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する