FC2ブログ
 
■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
サマーセールの時期

  ここ数年、7月の声を聞くと、もう夏のバーゲンセールがはじまる。消費者も、せき立てられる商法に慣れてくる。フェアトレードは、「安けりゃ良い」、「早く売り切る」だけの商法ではない。しかし、生産者への持続的な発注が不可欠で、在庫を減らし、次の注文につなげることが、生産者の生活を支えることになる。そこで、各NGOの団体では、サマーセールでひとつでも多くの商品を、消費者に届け、在庫を減らす取り組みとして、小売店用に、セール商品の紹介をしている。
 「全商品の注文」と言いたいところだが、在庫が在庫を生んではいけない。全国展開なので、「これをもう少し注文しよう」と、思う頃は完売しているなど失敗も多い。
 店頭を中心に、セール商品の一部を店内に紹介する。
            
              20060714112226.jpg

  昨日、「セールしているんですか。家内から見てきて言われまして・・・」と、40代前後のやさしそうな男性が、店頭の赤札商品を見て聞かれる。在庫商品との関係で、アチャでも、2~3年後は独自に考えるべきかなーと思うこの頃。

 もう一言ですが・・・、昨日胸が熱くなった出会いをご紹介します。 
 閉店時に、コットン手編み・ショート丈カーディガン(ネパール産)を、天六にお住まいの女性が買われる。
 ○○製品のデザイナーをお仕事にされている女性で、生成で手編みの暖かさが良いと。カードで支払いがきかず、お金を引き出しに走ってくださる  。近くで夜1日バイトをされているので、「アチャの宣伝を頼む」と、名刺を10数枚預かって下さる。「この商店街に、こんな店無いし、ちょっと入った場所が、かえって良いのよ。彼の誕生日の記念品をまた買いに来るよ」と、温かい言葉を残して帰えられる。

 カードが使えないにも関わらず、引き出までして戻って下さるお客様のご厚意、かつ宣伝まで引き受けて・・・。近くの商店街では、びっくりするような安値のバーゲンセールで遅くまで賑わっている・・・。などを思い出し、帰りの電車では目頭が熱くなる。
 「期待されるお客さんを裏切ってはいけない!、絶対、絶対、店は潰されないぞ!」と、強く強く心に言い聞かす帰り道となる。


スポンサーサイト





日記 | 18:16:17 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する