■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
レッドカードです!
   梅雨らしく雨が降る。が、雨の降り過ぎもいろんなところに被害を生みだす。世界に誇る日本の美しい四季の彩りが、気候が、少しずつ変化しているようで生態系に不安を感じる。

  この数カ月・・・・と言うか数日の報道で、わたしはどうしても許されない言葉(考え)・政治家が2人いる。
 今日はその想いをブログで発散です!。
 
 わたしは・・・・・でなく、普通なら誰もが弱いモノを切り捨てる考え、つまりそんな政治や社会を望んでいる人はいないと。そして、その政治・経済・社会を司る政治家には、いろんな考えや想いはあってしかるべき。しかしこの間、テレビで顔をみたり、思い出すだけで、鳥肌のたつ言葉・考えの政治家さん。

一人は「従軍慰安婦制度は必要だった 風俗の活用」の橋下透大阪市長
一人は「原発事故で死者はいない 活用するしかない」の高市早苗自民党政調会長

 「えっ!!」、「なんて!!」、「まじで!!」、「なぜ!!」とこの暴言に、驚き、怒り、悲しみ、恥ずかしさ、失望・・・・・・・・と、適切な言葉がないほどのショックを受ける。

 先日、「飯館村・放射能と帰村」の映画を鑑賞、涙なしには怒りなしに鑑賞できない。ただ、ただ、「帰村できる」の事実を作るためのいい加減な除染作業。
 酪農を手放し、家族ばらばらの避難暮らし、「俺らの心の汚染は除染できない、一生できない!」と、「心の汚染」を何度もつぶやく。心の汚染とは「政治家や東電幹部に対する怒りで、一生消えない」と話される。他の村では自殺者も出ている。この政治家さんは、「人の命や暮らしはどうでもいい」の思いですね。

 大半の女性を敵にまわした大阪市長さん、発言の内容・根本的な考え方など政治家としてはずかしい限りです。子どもたちに説明・理解を得るのも大変ではないでしょうか。

 厳しいかもしれませんが、わたしはお2人に現役を政治家を辞任していただきたい!、レッドカードを突き付けたい!。
スポンサーサイト


日記 | 12:56:31 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。