■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
心からの介護をしたい!
  昨日、若い女性のお客様とブラック企業や安売りついて話し合っているうち、だんだん話しが広がり、ぼやき合い、怒り合い、共感する・・・・・・に発展です。

 彼女はS市の介護施設で正社員の介護士としてがんばっておられる。ユニクロやワタミのようなブラック企業が、彼女の職場も含め、いろんなところで広がっていると嘆かれる。
 うちの場合は介護施設の経営者が問題と言うより、国からの補助金が減らされていることが最大の原因と。

 あるとき上司に呼ばれて「人を減らすか、ボーナスを減らすか」と詰められる。今でも仕事がきついのに・・・・・・『どちらもあり得ない!』と彼女は応える(その通りです!)。現状では働く人が少なく、入所している人に不便をかけている。だから入所者のみなさんの願いや想いに応えることができていないと。
 
 「働くわたしらも生活がかかっている、入所者もまた日々の暮らし方がかかっている。お互いが大変になっているんよ」。消費税が増税される時「福祉のため」とか、「お年寄りのため」と言われてきたが、「まったく使われていない!!」、彼女は怒りを込めて「現場にいて実感!!。福祉は悪なってるんやん!!」と。

 彼女は自活されているが、妹さんが少し引きこもりで実家暮らし。体調も良くなり、ユニクロの単純作業のバイトに就いたのが失敗だったと。仕事がきついだけでなく、働く人を物として扱われたことに衝撃を受けて退職。その後は、働く意欲があっても卒業後の空白とアルバイト退職の履歴書で、どこへいっても採用されないと悩んでおられる。

* 自分もいつかは入所しているみんなのようになる。こんな国で歳をとりたくない!。
* 最悪でも給料は今のままでいいから、「人を充実させてほしい!!、良い介護をしたい!!!


 入所されているお年寄りや、妹さんを思いやるやさしい彼女。「こんな国で歳をとりたくない」と若い彼女から言われたとき、母として祖母としてわたしたち大人の責任を痛感する。
 「福祉のことや消費税増税のこと、遺伝子組み換えも当然になるTPPなど、政策をじっくりみて7月の選挙投票しようね」と共感の想いを交流する。
 
 「お金を貯めて海外へ行きたい」と、大きな夢に向かって歩まれる彼女に、心から励ましとエールを。
スポンサーサイト


アチャのお客様 | 14:39:59 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。