■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
甲状腺の病気が国民病?
  ビックイシュー217号(6/15)の「小さな記事の大きな問題」に驚く。

 「テレビ ”うら”おもて・・・・・・・なぜ、甲状腺の病気が国民病になるのか?」
( 作家・音楽評論家の伊藤悟さん談 「ひょうたん島大漂流記」著者)

 5月23日、NHKテレビのニュースショー「あさイチ」で、甲状腺の病気がとりあげられた。現在、日本国内で約500万人が何らかの甲状腺の病気を患っており(この数字の根拠も怪しい)、特に20代以降の大人の女性に多く発症しており、知られざる 「国民病」 になっている、というのだ。私は初耳。
 (病気の説明をいろいろ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。)

 他の病気と間違われやすいけれども、早めに見つけて、適切な治療をすればこわくないことも強調。気になるのは、どうして甲状腺の病気が増えたかだが、番組では、原因については言及されない。

 2年前の福島第一原子力発電所の事故の時、放射性物質であるヨウ素が大量に放出され、甲状腺に取り込まれると、甲状腺がんを引き起こす引き金と言わrている。
 チェルノブイリでの原子力発電所の事故の後、子どもを中心に甲状腺がんが激増!。
 東日本でも福島をはじめとして、子どもたちからがんを含めて甲状腺の異常が見つかっている。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 だとすると、いまNHKが唐突に、甲状腺の病気は国民病だと言いだしたのはなぜなのかが、少し見えてくる。 もし今後、甲状腺がんが激増した時、それは事故のせいではなく、もともと国民病だと言い逃れるための下地を作ろうとしているのではないか。

 テレビは、いったい誰の方を向いて番組を制作しているのだろう。

 2013_071113・7・11原発0002 2013_071113・7・11原発0003

 今朝の新聞では、福島第一原発の観測井戸の地下水から高濃度(セシウムが過去最高の検出、4日間で100倍以上)の汚染水が、地下水と混じって海に今も漏れ出て、拡散している疑いが強いと。
 
 再稼働を急ぐ政府と電力会社、その政府が後ろ盾の原子力規制委員会ですら、「海に漏れて広がっていることが強く疑われる」との指摘なんです!。

 当の東電本部は、「現在データーを収集中で判断できない」と。

  子どもたちの命を、未来を、海を、土壌を、地球を、利権や私利私欲で傷つけて、汚していいのでしょうか。
 甲状腺の病気を「国民病」にしないためにも、「即時原発ゼロ!、自然エネルギーへの転換!」の声をあげましょう!!!。
スポンサーサイト


日記 | 15:25:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad