■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
幸せをいただく
  7月もあと2日、毎日がとっても早く過ぎる。良いことなんだが、「ぼやっとの日々では駄目だぞ!」と我に言い聞かす。
 先週の土、日、心に染みる出会いをいただき、店主としての幸せをかみしめる。

  「赤ちゃんの服ありますか、友達に子どもが生まれたので」と、若い男性が来店される。姫路からお仕事の研修(介護)で大阪に来られ、カタログでフェアトレード店を探してのご来店と。寄付つきTシャツも含め、「久々に」とご自分の服も選ばれる。
 そして「母にこれどうですかねぇー」とお母さんへのお土産、「そうなると、父にも何かいりますね」とみなさんのお土産も決まる。
 ポイントがたまる、も、次回いつ利用できるかわからないので、代わりにとチョコレートなどをお土産に差し上げる。とっても喜ばれ、「繁盛亭に来ることもあるのでまた来ます」と帰られる。

 しばらくして忘れ物をとりに戻られる。「気がついて追いかけたのですが・・・・・ごめんなさい」、「こちらこそ」と言いながら、「これ食べませんか、そこで学生が東北支援物資の販売をしていたので買ったんです」と、サバ味噌漬けの缶詰を下さる。「ありがとう!、食べます!。また、大阪にお越しの節は・・・・・・・」と、感謝を込めて缶詰を受け取る。
 
 「一人暮らしのお年寄りが気になる」と話される優しい彼、フェアトレード商品を買われ、東北支援物資を買われ、それをまた私に下さる・・・・・・・・。彼の優しい気持ちが心に染みる。

              2013_072713・7・30缶詰0002

  「携帯(スマホ)のカバーありますか、市販のは同じようなものばかりなので」と、麗しき若き女性の来店をいただく。携帯ケースしかない旨を説明する。
 「ずっと前ですが、お友達の結婚祝いでスパイスなどなど買いに来たことがあって、そのときすごくお店で癒されたんです。さっきコーヒーなど飲んだんですが、少し気分がすぐれず、ここへ来たらほっとするかなぁーと思ってきました」と。
 お口直しにレモングラスティー、一口を差し上げる。
 その後彼女は「商品見ますね」と店内を廻られ、チリガラスの素敵な指輪とピアスのお揃いを持ってレジの前に。
「気分、大丈夫ですか」、「ありがとう!、今日もすごく癒されました」と、明るくすてきな笑顔で帰られる。
 その笑顔に、わたしも幸せをいただく。

   身体いっぱいに、電流のように流れる幸せ、思い出すだけで心温もる出会い・・・・・・・、 店主の幸せです!。
    みなさまありがとうございます!!!。
スポンサーサイト


アチャのお客様 | 13:19:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad