■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
日本一長い麺
    先週、若い彼とのうれしい出会いをちょこっと・・・・・・・。
  
  彼は以前、舞鶴で高齢者や障害の施設で働きながら、歌う、奏出るなどライブ活動もされてた。本物の音楽を聞いたり、ご自身のライブ活動で大阪にも時々出てこられる。その時、「また出て来ました!」と来店されてた。お仕事柄もあり一人ひとりの人格を大切に・・・・・・、だからフェアトレードも大好きなんです。
 
 手作りの商品をみて、「すごいなぁー」と生産者のみなさんの想いを愛しまれながら、物語のあるフェアトレード商品の服やカバン、バンダナ、ポーチ、お菓子とさまざまな子どもたちを連れて帰られる。

 1年ほど前の来店時、「僕、実家に帰るんです!」、「えっ!」と。
 彼の実家は、愛知県安城市和泉で「安城特産 和泉長そうめん」を作ってられる。日本一長い麺(2間・約3m6c)と。一度生麺うどんを頂き、切っておいしくいただきました。
 ご両親も年齢を重ね、「少し遅いが長男として後を継ぐ」決断をされたと。
「acchaから少し遠くなるのが寂しい」想いでしたが、すばらしい決断だと祝福して別れる。

 その彼が先週、「繁忙期も過ぎたので、休みをとり出てきました!」と来店される。「まだまだですが・・・・・・」と言いながら、麺をこねる作業はその日の温度や空気で違いがあることなど、生き生きと語られる。
 わたしが「すごい!」と感動したのは 、「”美味しい麺を”と心を込めて練る作業は、高齢者介護と同じで、その先においしい、安全、安心の笑顔が見られる」の彼の言葉、想いでした。

 本物へのこだわりは、もの作りや人づくりにも共通すると思う。
 これまでこつこつご両親が作って来られた製麺所に、彼の新しい考えや生き方・アイディアがプラスされるなら、「間杉手延製麺所」の今後の発展に必ず繋がる!、とわたしは激励。

 8月28日がお父さんの誕生日と言うことで、お仕事などにも使えるフェアトレードの日本手ぬぐい数本を選ばれ、28日着の宅急便に。先週の28日の朝、「無事届いたかなぁー」と思いだす。いつの日か、acchaイベントのライブ出演もお願いする。
 そして、いつの日か安城市の「間杉製麺所」へ訪問することを約束し、握手をしてわかれる。いつの日か、みなさんご一緒に行きませんか。
 
スポンサーサイト


アチャのお客様 | 13:40:48 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。