■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
真っ赤なハンドミラーが彼女の手に・・・・・・
  昨日はしとしとと一日中雨でした。 お店もいつもより静かです。

そんな日に若い女性の来店をいただく。店内をぐるりまわりながら商品を愛しんでおられる。
わたしは試食のチョコレート一切れと温かいコーヒーを一口さしあげ、フェアトレードを語る。
フェアトレードのことを聞かれるのはじめてのようでしたが、うなづいて下さる。
「ノクシカタ刺繍」の「真っ赤なハンドミラー」がお気に入りで、タグに記されている説明を読まれる。

 <ベンガル地方に古くから伝わる刺繍。着古したサリーのはぎれを何枚か合わせ、美しい刺繍を刺すことで、再び利用したのが始まりと言うわれています。
 社会的、経済的に恵まれない地域の女性たちが自立を目指して一針一針想いを込めて製作しています。バングラディシュ> 
 
               2013_121913・12・19鏡0002

「遠い国から来てるんですね、女性たちが頑張ってるんだ・・・・・・・・」とじっと見つめられる。
「お仕事大変?・・・・・」
「営業で外回りしてるんです。まだ入社して1年目・・・・・なかなか上手く出来なくて・・・・・・」
「1年目で上手くできる人なんていないよ、それじゃ先輩たちが困るじゃん!。1~2ヶ月で辞めず、10ヶ月近く良くがんばってきたじゃない?。自分をほめてあげなくちゃ。上司も先輩も今の時代忙しくて、新入社員を育てる・・・・って言うか気配りするゆとりの時間がとれないのよ」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

と、彼女の素敵な笑顔から涙が・・・・・・・、おしゃべりしながら涙をぬぐう。
「女は愛嬌と度胸よ!、そのすてきな笑顔であたるのよ!、まわるのよ!!、駄目で元々、あとで後悔するなら駄目もとで・・・・勇気出してあたるのよ!」と、良かったかどうかわからずもおばちゃん弁で励ます。

「これにします!」と真っ赤なハンドミラーを選ばれる。
「仲間も先輩も人間関係は良好」と聞いて安心。
「仕事中もその鏡を時々のぞき、”良い顔してるかな、笑顔かな”って見てね。あなたの笑顔なら間違いなし!、大丈夫よ!。仕事できるようになる!。鳥のノクシカタ刺繍の鏡が守ってくれるわ。週末は美味しいモノ食べて、のんびりして、またがんばるんよ」
「そうします!、この鏡大事に使います!。また、必ず来ます!。わたしの名刺です!」
と、営業の女性に立ち直って明るく元気に名刺をさしだされる。

 あとでその名刺を見る。競争の激しい上場企業の会社だ、大変なんだ、1年目で・・・・・・。夜も今朝も彼女のことが思いだされる。気にはなるが心配では・・・・・・ないかな。人間関係のところがクリアできているし、明るい性格が持ち味・・・・・・・だと。
 それにしても物語のあるフェアトレードの商品はすごい!!、人の心を癒してくれる。改めて商品に感謝です!!。
スポンサーサイト


アチャのお客様 | 10:52:28 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad