■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「3月11日」、に思う
   今日、3月11日は東日本大震災3年!。新聞やテレビで改めて当時の恐ろしさを目の当たりにするとともに、未だ復興の遅れ、暮らしの債権の遅れに胸が締め付けられる。

 今朝、朝日新聞の「東北を 『 植民地に 』するな」のこんな記事が・・・・・・・・・
(政府の復興構想会議委員を務めた福島県立博物館長・赤坂氏が1月朝日新聞に寄せた一文より)

* なぜ、福島は貢ぎ物のように、ひたすら東京へと原発の電気を送り続けてきたのか。

* なぜ、復興と称して巨大な公共事業ばかりが起こされ、地域の人々の意志が無視されるのか。

* 震災が東北の置かれた状況をむき出しにした。

 理由は3つある

 1つ 原発被災地が結果的に切り捨てられていること。

 2つ 未来の縮図のような過疎地だからこそ期待された「創造的復興」が進まない現実だ。各省縦割りの事業・バラバラでは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。東京五輪に向けて、資材も人材も離れていく事が追い打ちをかける。

 3つ 風化だ。約10万人がプレハブ仮設住宅にいる事実が、もうニュースにならない。被災地の首長らが陳情に行った復興庁で、東京五輪のポスターにあぜんとしたエピソードも痛々しい。

 むろん、被災地のそこかしこで、人々の笑顔が少しずつ戻っていることを否定するつもりはない。
 だが、3年の歳月を経て、被災地はこの国でもっとも豊かな「東京」にとって、都合の良い「植民地」のように見えてくる現実も間違いなくある。それが未曾有の惨禍でも変わらない。この国の姿なのだ。

         2014_031114・3・11新聞0003

 心に、身体にドスーンと響く内容でした。と、言うより「当たっている・・・・・・・・」とも。3年間の非日常の暮らしが、まだまだまだ続く被災地!、これで良いはずがない!。そして、「自分に何ができるんだろう」と考える。
 何もできない・・・・・・が、acchaの日々の中で「3・11を風化させない」の粘り強い活動に一層がんばろう!。
 年金支給額が減らされる、介護制度が改悪される、消費税が増税されるなど、これから推し進められる悪政は、暮らしの債権が厳しい被災地にも容赦なくふりかかる。この悪政を監視するための声をあげることにもがんばれる。

 みなさん、ごいっしょに声をあげましょう。3・11に改めて想う。
スポンサーサイト


未分類 | 15:41:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。