■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
温もりが伝わる、「山羊革工芸品」
    大人気の山羊革バックや財布!、今日は東インドからやってきた「新作・山羊革工芸品」のご紹介です。

 まず、山羊革工芸品の作り手 「チャタージさん」のご紹介です。 

 私たちに山羊革工芸品を届けてくれるのは、東インドに工房を持つシャタジーさん。
イスラム教徒とヒンズー教の対立を避けて18歳で難民としてバングラディシュから裸一貫でインドに避難する。中断していた教育を終えるため仕事の傍ら勉学に励み、苦労の末に大学を卒業。

 その後、山羊革工芸品の技術を学ぶため、工房で無報酬で働き、通常は何年も要する修行をわずか2年で終え、25歳で独立、この仕事を始めてから40年以上が経った今も、当初から変わらねメンバーがエネルギッシュに働いている。

 一方、近年のインドの経済発展、機械化の波により手仕事中心の山羊皮工芸品は衰退の傾向にあり、工房もどんどん減少しています。チャタジーさんも後継者問題に直面していますが、「スタッフは家族同様に大切。だからこの仕事を辞められない」と努力を忘れません。(第3夢カタログより)

  2014_031514・3・14山羊革0004 2014_031514・3・14山羊革0002 
  
  2014_031414・3・14山羊革0004 2014_031414・3・14山羊革0009

  2014_031414・3・14山羊革0012 2014_031414・3・14山羊革0007

 貴重な天然素材をあますところなく使用しているため、革に小さなキズやシワ、厚みの違い、動物の個体差による発色の差が生じることもありです。が、天然素材の風合い・特性をご理解ください。

 裁断から着色まで手作業で製法しているため、同じ商品でも色やサイズに違いが生じる場合もありますがご了承ください。

 山羊革は植物タンニンでなめし、着色にはアゾフリー科学染料を使用。

 革を柔らかくする薬品を使用していないため、最初はハリ(硬さ)を感じるかもしれませんが、使い込むほどにしっとりと柔らかく手に馴染み、自然に深みのある飴色へと落ち着く。 

 「良い色になってきましたー!」と、みなさまから異口同音の声を頂いていまーす。

 
一昨日、「「山羊革ファン」の女性の来店をいただき、「妹さんの卒業お祝いなどに」と山羊革の小物品8点を揃えて下さる。ありがとうございます。
* 本が大好きな妹さんへ 「ブックカバー3つ、カードパース、メガネケース」
* お母さんへ 「カードパース」
* お友達へ 「ブックカバー」
* ご自分へ 「財布」

 新しい柄や形、以前の柄や形・・・・と、今が旬!の山羊革工芸品。すべて手作り品・・・・・と作り手さんの温もりが響く山羊革工芸品。プレゼントに、ご自分へのご褒美に・・・・・宜しくお願いいたします。

3月16日、17日の第3日曜日と月曜日は連休のため、お休みさせていただきます。宜しくお願い申し上げます。
スポンサーサイト


フェアトレード新商品 | 11:57:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad