■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
19日(土)のいろいろです。
  昨日、「ステナイ生活へのご寄付のお礼」がシャプラニールさんから届く。

 はがき=4,995円、未使用切手=390円、使用済切手=481円、合計=5,866円
  
 1,000円で、防災についてのフィルム上映を1回開催できる!
<サイクロンが頻繁に発生するバングラディシュ南西部のバケルハット県で、パートナーNGO団体と共に、防災支援を行っている。小学校は避難場所になるように、水がきても崩れない(1階部分が柱だけで水が通り抜ける)造りになっている>と、記されている。ありがとうございました。
              
                  DSCF5389.jpg

                                                     

   オーガニックコットンや紅茶などでお世話になっている「大国・インド」、の悲惨な状況を今朝の新聞で知る。とても胸が痛む。 

 「自殺止まらぬ貧困農民」 (朝日新聞)
 インド中部マハラシュトラ州の綿花農家のアシュクさんは、種子などを買う借金の返済ができずため池に飛び込み自殺。
 
 灌漑が整備されておらず、収穫は天候頼みが続く。がここ3年天候に恵まれず収穫はゼロ。さらに、ここ10年、害虫に強いという米国製の遺伝子組み換えされた種子が主流になり、その値段は従来種の10倍。多くの農家は借金を増やす。

 経済成長率を誇るも、年間の所得が5千ドル(約50万円)を下回る低所得層は、10億人で全人口の8割を占める。
(驚きました!)

 「紅茶園の労働環境劣悪」 (しんぶん赤旗)
 世界的な紅茶の産地であるインド北東部アッサ州で、紅茶農園の労働者が劣悪な生活環境の中で働いている。(大学とNGO団体が、隣接する西ベンガル州の計17ヶ所の紅茶農園を訪問しての調査)

 ・賃金が両州の最低賃金を大きく下回る日額90ルピー(約151円)前後。
 ・労働者のノルマーが6年間で4割アップされ、達成できないと日給が半額に削られる(驚きぃー!)。
 ・下水がつまり、汚水があふれる。
 ・適切な医療設備が整備されていない。
 ・・・・・・・
  プランテーション労働者の地位について定めたインドの労基法に違反していると。

 これらの茶園を運営する会社は、老舗財閥タタグループと世界銀行。ともに、茶園運営会社に社会的責任をを果たさせる大きな責任を負っていると。

  DSCF5392.jpg DSCF5391.jpg

 農民を、労働者を、国民を大切にしない大きな生産者や、政権にレッドカードです!!。

  次回のアクセサリーリフォーム会です
           5月14日(水) 14:00~19:00
スポンサーサイト


未分類 | 11:38:47 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。