■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
5月3日・祝日に思う
  今日は憲法記念日の祝日と。先日、全国商工新聞の連載で「えっ!」と驚く記事に出会う。

 「憲法を活かす世界の人々 ”アフリカ沖の9条の碑”」

* アフリカ沖の島・カナリヤ諸島(スペイン領)に憲法9条の記念碑がある。記念碑のある広場の入り口に「ヒロシマ・ナガサキ広場」と書いてある。

* 空港と市を結ぶ道路を造ったさい、空き地ができた。当時のサンティアゴ市長は、ここを市民が平和を考えるための広場にしようと思いつく

* 「ヒロシマ・ナガサキ広場」の由来は・・・・・・・・第2次大戦で最も悲惨な目に遭った広島・長崎の地名と。そして、「市民が平和を考えるきっかけ」になるよう選ばれたのが「日本の憲法9条」と。市長が市議会に提案すると、満場一致の賛成を得る。

* 完成した記念碑の除幕式(1996年1月26日)には、市長と全市議、市民1000人が広場に集まる。除幕の後全員でベートーベンの第9「歓喜の歌」を歌って祝う。( 素敵ですねぇー)

          DSCF5433.jpg

 ジャーナリスト・朝日新聞記者の伊藤千尋さんは語られる

* 日本人のほとんどが訪れたことがない、どころか聞いたことさえないアフリカ沖の島に、憲法9条の記念碑がある
* それも日本人ではなくスペイン人が自らの意志で、自分たちの税金から費用を出して建てた 

* 憲法9条は、わたしたち日本人が知らないところで、世界の人々から尊ばれている。世界中が9条の精神で満ちる日が、いつか本当にやってくるかもしれない。本心から感じた
* 私たちは実は、かけがえのない憲法をもっている 

* 日本と世界では憲法への見方がまるで違う。世界の人々は憲法を暮らしに活かしている。世界から見た憲法を語ろう

 少し前の記事ですが、驚きと心温もる記事だったので大事に持っていました。
 全員でベートーベンの第9「歓喜の歌」で9条の記念碑を祝う・・・・・なんて感動です!!。

 「9条の精神を大切に」、「人が人として大切にされる」、そんな社会を・・・・・・・と改めて憲法記念日に心する。

5月5日(月・定休日)6日(火・臨時定休日)と連休をいただきます。
      よろしくお願い申し上げます。


スポンサーサイト


日記 | 13:01:29 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad