■プロフィール

阿字地 千佳子

Author:阿字地 千佳子
フェアトレード・acchaは、みなさまの暖かいご支援に支えられ、いよいよ12年目に突入! 素敵な商品、素敵な出会いを、アチャでお楽しみ下さい。きっと、生産者の手作りの温もりが伝わります。(住所 大阪市北区天神橋3-2-20 ℡06-6357-7739  定休日・毎週日・月曜日)



フェアトレードショップ アチャ
★☆★ホームページ★☆★

↓↓↓
こちら

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
7月1日です
 今朝一番のお客様、「今日の午後発ちます!」とさわやかな笑顔でNさんが来店される。いよいよインドへ出発だ!。ここ数回来店される中で一番の輝き・・・・・きれいだ!。「7月末に来ますね。注文していたいだ服をとりにきます」と。わたしまでNさんのウキウキ、うれしい気持ちをいただく。「元気でねぇー、空港などで気をつけてねぇー」と見送る。

 次は、「先日いただいた水出しコーヒーの味が忘れられず来ましたー」と、若き女性の来店をいただく。うれしいです!、忘れられない美味しい味のコーヒー・・・・・・・・・・・。

 一昨日は、東淀川区から久しぶりにKさんが来店される。KさんとKさんのお母さんを含めて長いお付き合いのお客様。お2人とも体調を崩されて少しの間お顔が見られない。完全ではないが回復方向とお聞きしてほっとする。
 「わたしも署名して良いですか」と核兵器全面禁止などの署名用紙にサインを下さる。

 「不気味な、いやぁーな世の中ですね」と若き彼女が言う。「集団的自衛権が行使されると、自衛隊加入が減る、そうすれば徴兵制になっちゃうね」、「自分達は関係なく、若者を犠牲になんて許せないね」と、2人で現政権の横暴に怒り憂うる。そして「これからの戦いが大切よ」とうなづきあう。

 「若い彼女たちもしっかり社会を見てられるんだ」とびっくりと安心を。

 ここ数日も若い娘さんたちとの出会いから元気をいただく。
いやいや若い女性のみなさんだけでなく、77歳で現役スナックのママさんにもあこがれる。白髪のきれいなウエーブ髪に、サーモンピンクの口紅がピッタリ!。「夜8時から12時まで開けてるんだけど、早く閉めることもよ。自分の体調に合わせてやるのよ」と教えていただく。
 今年も半年が過ぎ、今日から7月のはじまり・・・・・・・・お客様から元気をいただきながら、フェアトレードショップの継続と発展を改めて心する。
スポンサーサイト


アチャのお客様 | 14:17:04 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad